「wordpressって何ができるの?」

「wordpressを使いこなしたいけど、どんな機能があるかわからない!」

「wordpressでサイトを作ったけど、記事を投稿するだけで、全然使いこなせないなんて悔しいですよね。」

そのような思いがある人は、実際多いと思います。

そこで今回は、そんな方のために初心者でもわかりやすいように、wordpressの機能を紹介していきます。

wordpress(ワードプレス)の機能一覧

① ユーザー管理機能

まず、実はwordpressには、各機能に対するユーザーアクセス権を制御することができます。

具体的には、ダッシュボードの「ユーザー」から「ユーザー権限」を設定することができます。

そのため、例えばAさんは全機能を利用することができるけども、Bさんは記事の投稿しかできないといった形で、権限を分けることができるのです。

このように登録ユーザーに権限を割り振ることで、ブログコンテンツの作成や編集を、各ユーザーが自由に行えるようになります。

この機能は、複数人でサイトを運営したいときに便利な機能です。

② ユーザープロフィール

続いて、登録ユーザーごとにメールアドレス・インスタントメッセージ名・経歴といった詳細なプロフィールを登録することができます。

そして、これらの情報をブログ上に表示するか否かも、決めることができます。

例えば複数人でサイトを運営する時などは、ブログ上にプロフィールを表示することで、読者に誰がブログを書いたか示すことができます。

③ パーマリンクを設定できる

続いて、パーマリンクとはwebページのURLのことです。

ブログ上のすべてのページのURL体系をスマートな形式に統一することができ、後半部分に関しては、自分で決めることができます。

綺麗なURLは検索エンジンの最適化やSEOには必要不可欠ですので、サイトを運営して検索上位表示を狙いたい方には、wordpressの利用はおすすめです。

④ テーマを自分好みに設定できる

WordPressにはテーマ(スタイル)がありますので、このテーマを使って、ウェブサイトのデザインを自由に着せ替えすることができます。

また、このテーマを自分で作ったり、他の人と共有することもできます。下記ではおすすめのテーマも紹介していますので、是非ご覧ください。

https://webcodezero.com/wordpress/wordpress-free-template/

⑤ プラグインを使ったカスタイマイズ

続いて、プラグインによって、wordpressの機能を拡張することができます。プラグインは、wordpressに新しい機能を追加できるシステムのようなものです。

woredpressを使う上では、プラグインが欠かせません。

例えば、よく読まれている人気の記事を表示できるプラグインがあったり、自動でお問い合わせフォームを作ってくれるプラグインなど、様々なプラグインがあります。

他にも、プラグインを使うことで、ウェブサイトに画像を多く載せても、きれいに並べて表示することができたりします。

https://webcodezero.com/wordpress/wp-plugin/

⑥ 事前投稿(予約投稿)

WordPressでは、記事を書いた日よりも先の日にブログを表示させたい場合、予約投稿をすることができます。

これによって、将来のある時点で自動的にブログや記事を表示させることができます。

⑦ 投稿のページを複数に分けられる

また、投稿が長くなってしまったときは、複数のページに分けて投稿することができます。

そうすることで、読者がスクロールを延々としなければいけないという状況を避けることができ、ブログを読みやすくさせることができます。

投稿に関する操作の仕方は、下記の記事で詳しく紹介しています。

https://webcodezero.com/wordpress/wordpress-post/

wordpress上級者向けのおすすめ機能一覧

① サイト上に動画を埋め込む

サイト上に、動画を使いたいと思ったことはありませんか?

動画を使うことで文章ではわかりづらいことも読者に伝えやすく、あなたのサイトを見ている人をより満足させることができます。

そうなれば、サイトの閲覧数も伸び、多くの人にあなたのサイトを知ってもらえます。サイト上に動画を埋め込む方法については、下記で詳しく紹介していますのでご覧ください。

https://webcodezero.com/wordpress/wp-video/

② wordpressをマルチサイト化して複数サイトを一括管理

まず、マルチサイトとは、1つの管理ぺージで複数のサイトを管理できる機能です。

例えば、複数のドメインを持っていたり、複数のディレクトリでwordpressのサイトを運用している方にはマルチサイト運営がおすすめです。

マルチサイト化については、下の記事で詳しく紹介しています。

https://webcodezero.com/wordpress/wordpressmultisite/

③ レスポンシブに対応したサイトを作成

レスポンシブとは、パソコンやタブレット、スマホなどの複数の異なる画面サイズでも、外観や操作方法を最適化したwebサイトを制作するための、webデザイン手法です。

要するに、あなたのサイトを、パソコンでもスマホでも見やすく表示することを、レスポンシブ対応と言います。

現在ではスマホでウェブサイトを閲覧する人が多いため、スマホに対応したサイトを作ることで、より多くの人に見てもらえるようになります。

https://webcodezero.com/wordpress/wpresponsive/

④ 会員サイトを作成する

インターネットサーフィンをしていると、時々見かけるのが会員サイトです。

実は、wordpressでも簡単に独自の会員サイトを作成することができます。

WordPressには会員サイトを作るためのプラグインが用意されているので、ログイン機能なども簡単に実装することができるのです。

wordpressで会員サイトを作成する方法は、下の記事で詳しく紹介しています。

https://webcodezero.com/wordpress/wp-membersite/

⑤ 画像をまとめて表示できるギャラリー機能

「WordPressで複数の画像を一覧にしてページに掲載したい!」と思ったことはありませんか?

関連する画像をまとめておくことで、画像を見やすくすることができます。ギャラリーに関する詳しい記事も紹介しているので、是非ご覧ください。

https://webcodezero.com/wordpress/wp-gallery/

WordPressの用途一覧

続いて、WordPressの用途についても解説します。例えば、Wordpressは下記のような用途に利用することが可能です。

  1. ブログのような記事投稿プラットフォーム
  2. ホームページ・サイト
  3. Webサービスのデザイン用

それぞれについて、詳しく設定方法をまとめていきます。

WordPressの用途別設定方法

それでは、用途別の設定方法です。

ブログのような記事投稿プラットフォーム

企業ブログも含めますが、ブログや新着情報のような投稿システムを作りたい場合の設定方法です。

1. WordPressの設置

まずは、設置したいディレクトリにWordPressを設置しましょう。

企業ブログとして使いたい場合は、サブディレクトリで「/blog/」直下にWordPressを導入するといいかと思います。

WordPressの設置方法については、こちらの記事を参考にして下さい。

wordpress-website/

2.プラグイン・テーマなどの初期設定

次は、プラグインやテーマなどの初期設定を勧めていきましょう。

こちらの記事にポイントを纏めておきました。

https://webcodezero.com/wordpress/wordpresssetting/

3.「投稿」から投稿していく

設置と初期設定が終わったら、あとはダッシュボードの投稿から投稿していくだけです。

ホームページ・サイト

ホームページのように扱う場合、CMSの強みである「ブログ投稿プラットフォーム」の部分は思うように機能しません。

そこで、テンプレートの操作をメインに行っていきます。

1.WordPressの設置と初期設定

まずは、WordPressの設置と初期設定を行います。これは、上と同様です。

2.ページテンプレートの作成

ここで必要になるのが、PHPでのテンプレートの編集です。

ここが、結構技量を必要とします。本当にやらなければいけない瞬間に細かく調べて取り組めば良いのですが、イメージを持っておくことは大切です。

こちらの記事を参考にして下さい。

https://webcodezero.com/wordpress/wpfixedpage/#i-6

3.各ページの作成

テンプレートができたら、固定ページなどで個別にページを作っていく必要があります。

Webサービスのデザイン用

こちらも、ホームページやサイトの場合とかなり似ています。

1.WordPressの設置

まずは、WordPressの設置と初期設定を行いましょう。これはブログの場合と同様です。

2.デザインテンプレートの作成

次は、PHPによる固定ページのテンプレートを作成します。

これは、ホームページやサイトの場合と同様です。

3.javascriptやphpなどの連携を行う

固定ページのテンプレートはPHPで出来ているため、webサービスの言語がPHPの場合はあまり手間取らないでしょう。

webサービスがjavascriptで構築されている場合も、あまり困らないかと思います。

ただ、他の言語で開発されている場合は、一旦HTMLに出力という手間が必要なので注意しましょう。

WordPressの機能や用途、できることのまとめ

以上、いかがでしたか?

このように、wordpressには色んな機能があります。

ここで紹介したWordpressの機能が全てではありませんので、「こんな機能ないかな?」と疑問に思ったら、是非探してみてください。

自分でどんな機能があるか探すのも勉強になりますし、新しい機能との出会いはうれしいものです。たくさんの機能を使いこなして、自分の理想のサイトを作り上げていきましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

おすすめの記事