WordPress

WordPressで固定ページのテンプレートの作り方と利用方法を初心者に解説

wordpress 2171594 1920 - WordPressで固定ページのテンプレートの作り方と利用方法を初心者に解説

WordPressの投稿機能は、ブログ記事などを書く「投稿」と、会社情報などを載せる「固定ページ」があります。

SEO対策をする上でもこの2つを理解し、使いこなすのは非常に重要になってきます。どれだけ記事を書いても時間の無駄になってしまいます。

そこで、今回はWordPressの固定ページの作り方について紹介します。

そもそも固定ページとは?

dictionary 1619740 640 - WordPressで固定ページのテンプレートの作り方と利用方法を初心者に解説

固定ページは、いつものような記事の投稿とは違って、サイトマップやプロフィールなどサイトの中で独立したページを作るときに使用します。

固定ページでは、運営会社情報のページや、問い合わせページなどを作ることができます。

また、WordPressに詳しい方であれば、デザインやレイアウトを自由自在にアレンジしてオリジナルのLPを作ることもできます。

投稿記事と固定ページの違いとは?

puzzle 1126509 640 - WordPressで固定ページのテンプレートの作り方と利用方法を初心者に解説

投稿記事と固定ページの大きな違いとしては、次の5つが挙げられます。

  • タグやカテゴリに設置されない
  • ページ単位での階層構成ができ、自分で変更もできる
  • ほとんどのテンプレートでコメント欄が用意されていない
  • Ping送信やRSSを生成しない
  • 設定をすることでトップページを固定することもできる

 

Ping送信とは、ブログやサイトに新しい記事を投稿したときに、更新情報が集められているネット上のサーバーに自動的に連絡、送信をしてくれる機能。

RSSとは、ニュースやブログなど各種のWebサイトの更新情報を簡単にまとめ、配信するための文書フォーマットの総称である。(Wikipediaより)

イメージとしては以下のようになります。

fixed page - WordPressで固定ページのテンプレートの作り方と利用方法を初心者に解説

(出典:バズ部

上の画像を見てもらうとイメージしやすいと思いますが、簡単にまとめると次のようになります。

  • 投稿:カテゴリを作成して、記事を書くごとにページが増えていく場合に使用する
  • 固定ページ:内容の修正をしてもページ自体は増やさず、単体のページに使用する

固定ページを導入するメリットとは?

spiritual 1149187 640 - WordPressで固定ページのテンプレートの作り方と利用方法を初心者に解説

固定ページを導入する2つのメリットがあります。

常に見てもらいたい記事を、どのページにも固定して表示させることができる

そのため、ユーザーに訴えかけるような記事が向いています。サイトマップを設置しておけば、ユーザーもサイト内を回遊しやすくなり、離脱率が下がります。

ただし、「Ping送信」や「RSSがない」ので、記事を公開しても誰にも知らされることはありません。

そのため、固定ページで記事を作成した場合は、どこかで誘導するリンクが必要になります。

時系列に沿ったコンテンツではない

また、固定ページは通常の投稿とは違って、時系列に沿ったコンテンツではありません。

ただし、階層関係を持ったページを作成できるという特徴があります。

例えば「会社概要」というページを作った場合、その下の階層に「企業情報」や「アクセス」、「代表挨拶」を作ることができます。

イメージとしては、下のような形になっています。

会社概要(親ページ)

-企業情報(子ページ)

-アクセス(子ページ)

-代表挨拶(子ページ)

それでは実際に企業のホームページを見てみましょう。

例えばトップページから「企業情報」をクリックすると、以下のようなページが表示されます。(赤枠で囲んだ部分が固定ページになります。)

cookpad - WordPressで固定ページのテンプレートの作り方と利用方法を初心者に解説

(出典:クックパッド

このように企業ページなどでは、企業理念や会社概要、沿革や役員紹介などが固定ページになっていることが多いです。

固定ページの投稿方法とは?

soap bubbles 1108842 640 - WordPressで固定ページのテンプレートの作り方と利用方法を初心者に解説

固定ページを投稿する方法としては、普段の記事作成とあまり変わりません。

具体的には、以下の7つの項目の設定が必要になります。

  • 固定ページ画面の基本設定
  • タイトルの入力
  • パーマリンクの入力
  • 本文の作成
  • アイキャッチ画像の設定
  • レイアウトの変更
  • Noindexの設定

こちらはwordpressのダッシュボードから固定ページを新規投稿することで、すぐ慣れるかと思います。

固定ページのテンプレートの作成方法とは?

travel 420011 640 - WordPressで固定ページのテンプレートの作り方と利用方法を初心者に解説

続いて、固定ページのテンプレートの作成というと難しそうなイメージを持つかもしれませんが、そんなことは一切ありません。

例えば今回は、サイドバーを表示しない固定ページ用のページテンプレートを作成する方法を、簡単に紹介します。

まず、現在使っているテーマフォルダの中に入っている「page.php」を「page-nosidebar.php」などと別の名前のファイルにコピーします。

そのコピーしたファイルを、テーマフォルダ直下に置きましょう。そしてそのファイルに「Template Name : page-nosidebar」を追記します。

その次にサイドバーを表示している「get_sidebar();」の直前に「//」をつけてコメント化します。つまり、以下のようなコードになります。

これだけで、固定ページのテンプレートが完成します。詳しくはこちらのサイトを見てみてください。

固定ページのテンプレートを適用させる方法とは?

template - WordPressで固定ページのテンプレートの作り方と利用方法を初心者に解説

上記の図が、固定ページの新規作成画面になります。

画面の右側に「ページ属性」という項目があります。その中の「テンプレート」を変更することによって、この固定ページで使用するページテンプレートを変更することができます。

今回は、テンプレートファイルが「page-nosidebar.php」なので、テンプレートを「page-nosidebar」に変更します。

これで、固定ページにテンプレートが適用されます。

固定ページにコメントを表示させる方法とは?

mouse 583579 640 - WordPressで固定ページのテンプレートの作り方と利用方法を初心者に解説

使うテーマによって多少異なりますが、固定ページにはコメント欄がついていないことがあります。そんなときに固定ページに「コメント欄を表示させたい!」と思っている方もいるでしょう。

こちらのやり方としては、もともとある固定ページのテンプレートに下のタグを追加させるだけです。基本的には「page.php」となっているファイルに追記すればOKです。

必ず全て半角になっているか確認してくださいね。これを固定ページのテンプレートのコメント欄を表示させたい場所に貼り付ければOKです。

例えば、以下のようになります。

WordPressの固定ページに関するまとめ

いかがでしたか?

今回は固定ページのテンプレートの作成方法や、テンプレートの固定ページへの適用方法などをお伝えしました。

固定ページをカスタマイズできるようになると、あなただけのオリジナルのページを作ることもできるようになります。

まずは固定ページでいろいろ試しながら、使いこなせるようになっていけると便利です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。