ワードプレスの使い方マニュアル!初心者に基礎知識やメリット・デメリットも解説

最近、WordPressが企業サイトに使われることも増えてきました。

WordPressを使いこなせるようになるとサイト運営も楽にできるようになります。そこで今回は、「WordPressとは何なのか」、「どう使うのか」という点に注目してお伝えしていきます。

そもそもWordPress(ワードプレス)とは?

WordPressは、オープンソースのブログ/CMSプラットフォームです。コードやデザインの美しさ、Web標準、ユーザビリティなどを意識して開発されており、無料でダウンロードして使うことができます。(WordPress.orgより)

ワードプレスは、簡単に言えば、自分のブログやサイトを簡単に作れるシステムのことを言います。

WordPressはCMSの一種です。インターネット上にCMSはたくさんありますが、その中でも最も多くのシェアを持っているのがWordPressです。CMSとは「Contents Management System」の略です。日本語に訳すと、「コンテンツ管理システム」です。

CMSを利用することで、テキストや画像などの「コンテンツ」さえ用意できれば、Web上で情報発信ができるように工夫されています。テンプレートなども容易されているので、デザインの変更も簡単に行うことができます。

簡単にお伝えすると、専門的な知識がない人でもコンテンツを管理できるようなプラットフォームです。そのため、新たに記事を追加する際もコーディングする手間がなくなります。

ワードプレスには機能拡張ツールのプラグインがある

laptop 593673 640 530x342 - ワードプレスの使い方マニュアル!初心者に基礎知識やメリット・デメリットも解説

また、たくさんのプラグインが多く用意されているので、サイト上に機能追加することも簡単にできるようになっています。企業サイトなどによくある、お問い合わせフォームも簡単に実装することができます。

このように書いていると、メリットばかりでWordPressは便利ですごいものだと思われがちですが、そうでもないです。Wordpressを使う際はセキュリティ対策は怠らないようにする必要があります。

以前、ワードプレスには脆弱性が発見されたという事案が起こりました。この脆弱性によって、サーバー上でコンテンツが改ざんされてしまうことがあります。

そのような事態を防ぐためにWordPressとそのプラグインは必ず最新バージョンにしておきましょう。また、セキュリティ対策のプラグインを導入することもおすすめします。

WordPressを使ってサイトを運営するメリットとは?

web 3967926 640 530x307 - ワードプレスの使い方マニュアル!初心者に基礎知識やメリット・デメリットも解説

世界で最も多く人に使われているWordPressですが、どうしてそれほど人気があるのでしょうか?

ざっと、WordPressのメリットをみていきましょう。

1、無料で使える

オープンソースであるWordPressは無料で使えます。

個人や企業での利用でも商用の利用でも関係なく、誰でも費用をかけずに使用できます。ただし、ワードプレスを運営するレンタルサーバーへの契約は必要です。

2、標準的なSEO対策が完了しやすい

実は普通のホームページやブログでSEO対策をするのは難しいです。SEOに必要なタグ(linkやmetaなど)を漏らさず書いていくのは大変です。

その点、WordPressはそれを自動で行ってくれるため、コンテンツに力を割けるようになります。コーディング(プログラムのソースコードを記述する作業)の知識やスキルに疎い方からすると、非常に便利です。

3、プラグインの種類が多い

プラグインとは、アプリケーションソフトウェアの機能を拡張するために追加するプログラムの一種です。

WordPressにプラグインを導入することでサイトをより自分好みにカスタマイズすることができます。Wordpressはプラグインが非常に豊富なので、実装したい機能がある時に時間の節約ができます。

さらにこのプラグインは、ユーザーが開発したものが大半であるため、自然とユーザーが使いやすい設計になっています。

4、更新が容易にできる

これがCMSであるワードプレスのポイントなのですが、プログラミングの細かな知識がなくても更新行うことができます。

「投稿」「固定ページ」の2種類をうまく使い分けていき、ブログ、新着情報、LP、CTAなど幅広く対応できます。

5、デザインのテンプレート(テーマ)がある

ワードプレスにはデザインがある程度テンプレート化されているテーマというものが存在します。

それを導入するだけで比較的綺麗なサイトを作るl事ができるのもメリットです。国産だけでなく、外国産のテーマもたくさん出ているので、テーマを選ぶのも楽しみの一つです。

>>初心者におすすめのWordPressの有料テーマ14選

WordPressを使ってサイトを運営するデメリットとは?

office 625892 640 530x352 - ワードプレスの使い方マニュアル!初心者に基礎知識やメリット・デメリットも解説

これまでメリットをたくさん述べてきましたが、もちろんデメリットもあります。

1、内部構造がわかりづらい

ワードプレスのCMSという構造は、ユーザーに更新しやすくしている代わりに、内部のプログラミング構造はやや複雑です。

少しのプログラミングスキルや知識では、全ての解読は難解なのは実情です。そのためある程度のプログラミングに関する知識がないと、全体像が理解しにくいのが現実です。ただし、実際にサイトを運営していくに当たっては、そのような知識は特段不要です。

2、エラーが起きることがある

上のデメリットにも付随するのですが、エラーが起きてページが開けなく成る瞬間があります。

さらに怖いのは、内部構造が分からなすぎてエラーの原因がわからないことがあるのです。そのため、下手をすると記事データが全て吹っ飛んだ!なんてことも起こります。ただし、こちらについても基本的にはネットで検索すれば問題は解決されます。

自分で調べたりするのが苦手で億劫という方には、少し向いていないCMSであることは事実です。もっと簡単にホームページ制作をしたい方は、上場企業のGMOペパボ株式会社が提供するグーペなどのホームページ制作ツールを利用されるのがおすすめです。

3、WordPressの脆弱性について

2017年の2月に、国内のCMSで圧倒的なシェアを誇っているWordPressに脆弱性が発見されました。

これによって、コンテンツ(記事)が改ざんされたり、あなたのサイト経由でウイルスがばらまかれたりしました。古いバージョンを使っているとセキュリティ上の欠陥がある場合があります。ただし、それ以降はそのような危険性もなく筆者もワードプレスで当サイトを運営できています。

【初心者向け】WordPressの使い方マニュアルとサイト運営の始め方

student 849816 640 530x353 - ワードプレスの使い方マニュアル!初心者に基礎知識やメリット・デメリットも解説

WordPressについてざっくりとわかってきたところで、具体的な使い方をお伝えしていきます。

WordPressをインストールする

まずはWordPressのインストールです。

実際にサーバー上にWordPressをインストールしたいという方は、事前にレンタルサーバーの契約と独自ドメインの取得をしておきましょう。当サイトと同じ形で行う場合は、まずはレンタルサーバーのエックスサーバーののX10プランに契約します。

初期費用3,000円込みで、年間16,500円でサイトの運営が可能です。その後、ドメイン業者からドメインを取得するか、エックスサーバーでドメインも取得します。そうして取得したドメインにワードプレスを簡単インストールします。

エックスサーバーでワードプレスを始める方法の詳細はこちら

WordPressの管理画面にログインする

WordPressで記事投稿をする際には必ずログインしなければなりません。

ログインする際には「ユーザー名」と「パスワード」が必要になります。「http://○○○(取得したドメイン)/wp-login.php」にアクセスすると、以下のようなログイン画面が表示されます。

wp login - ワードプレスの使い方マニュアル!初心者に基礎知識やメリット・デメリットも解説

WordPressのインストールをしたときに設定したユーザー名とパスワードを使ってログインしてください。

ユーザー名とパスワードは忘れないようにしましょう。WordPressのカスタマイズなどをしていると、ログイン画面が真っ白になることや、正しくログインできないことがあります。そんなときはこちらの記事を参考に対処してみてください。

WordPressのテーマを決める

続いて、ワードプレスのテーマを決めます。サイトの見た目にも関わる部分なので、あまり軽視することはできません。テーマによってデザインが変わることはもちろんですが、ついている機能や向いている用途も異なります。

有料テーマの中には、初めからレスポンシブ対応しているテーマやSEO対策済みのテーマもあります。サイトの目的やつけたい機能に合わせてテーマを選んでみてください。当サイトも有料テーマを利用していますので、おすすめの有料テーマはこちらの記事にまとめております。

WordPressのテーマを変更する

theme - ワードプレスの使い方マニュアル!初心者に基礎知識やメリット・デメリットも解説

テーマは左側のメニューの「外観」→「テーマ」でテーマを変更することができます。

テーマを変更してしまうとそれまでの設定やカスタマイズが上書きされてしまい、データが消えてしまうことがあります。テーマを変更する前には必ずバックアップを取っておきましょう。

WordPressにプラグインをインストールする

wp plugin - ワードプレスの使い方マニュアル!初心者に基礎知識やメリット・デメリットも解説

WordPressには便利なプラグインが用意されています。

プラグインを使うことでコードを書かずにサイトに機能を追加することができます。それだけでなく、スパム対策としてのプラグインやSEO対策に効果のあるプラグインもあります。

新規追加をする場合は左側のメニューの「プラグイン」をクリックすると、上記のような画面が表示されます。この画面にある「新規追加」をクリックすると、プラグインをインストールすることができます。インストール後、有効化しないとプラグインは使うことができません。

PHPでカスタマイズする

WordPressをもっとカスタマイズしてオリジナルのデザインのサイトにしたいという場合はPHPを使ってカスタマイズすることもできます。

しかし、カスタマイズすることによってWordPressにログインできなくなることもあります。特にテンプレートファイルの一つである「functions.php」を変更する場合は特に注意です。

カスタマイズをする場合は事前に必ずバックアップを取っておきましょう。バックアップを取っておけばうまくログインできなくなっても、ファイルを差し替えるだけで済みます。

ワードプレスのカスタマイズを学び方

詳しいカスタマイズ方法について学びたい方は、ワードプレスを学べるプログラミングスクールの受講がおすすめです。

筆者は上場企業が運営するオンラインプログラミングスクールのTechAcademyのwordpressコースを受講しました。長い目で見れば自己投資の金額というのは回収できるものですので、これから本格的にワードプレスでサイトを運営していきたいと考えている方にはおすすめです。

TechAcademyの無料体験レッスンはこちら0 - ワードプレスの使い方マニュアル!初心者に基礎知識やメリット・デメリットも解説

TechAcademyの詳しい口コミはこちら

WordPressでブログを作るのは初心者でも簡単!

programmer 1653351 640 530x368 - ワードプレスの使い方マニュアル!初心者に基礎知識やメリット・デメリットも解説

WordPress自体がコンテンツを管理しやすくなっているので、記事を増やしていくことも容易になっています。そのため、アメブロやはてなブログと同じような操作だけで記事を投稿することができます。

ワードプレスは公式サイトの有料プランで契約してしまうと機能制限がありますが、レンタルサーバーから契約してインストールすれば、無料のCMSとして使うことができますので、非常に便利です。これからワードプレスを始めようと考えている方は、当サイトと同じくエックスサーバーで始めてみてはいかがでしょうか。

エックスサーバーの公式サイトへ0 - ワードプレスの使い方マニュアル!初心者に基礎知識やメリット・デメリットも解説

エックスサーバーでワードプレスを始める方法の詳細はこちら

今回はWordPressの概要や主な使い方について簡単にまとめてみました。これからWordPressを使ってサイトを作っていきたいと思っている方に参考になれば幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました。

おすすめの記事