WordPress

WordPressのログインURL変更方法!プラグインを使わない場合も解説

blogging 2620148 1920 - WordPressのログインURL変更方法!プラグインを使わない場合も解説

WordPress上で記事を投稿する際には、ログインしなければなりません。

そこで今回は、そんなWordpressのログインURLの変更方法をお伝えします。

まず一番簡単なのはプラグインを使って変更する方法で、「SiteGuard WP Plugin」をインストールすると、簡単にログインURLを変更することができます。

WordPressのログインURLの種類

まず、基本的にWordPressのログインURLは以下の2つのいずれかかと思います。

  • http://サイトのURL/wp-login.php
  • http://サイトのURL/wp/wp-login.php

ただし、WordPressのログインURLをデフォルトのままにしておくということは、WordPressを使っているサイトであると判明した瞬間、ログインURLも簡単に知られてしまうということです。

すると、そのログインURLに対して攻撃を与えられてしまう可能性もあります。そこでこのような攻撃を防ぐためには、ログインURL自体を変える必要があります。

WordPressのログインURLをプラグインを使わないで変更する方法

冒頭ではプラグインを利用したURLの変更方法をお伝えしましたが、プラグインを使わない方法もあります。

その手順は以下のようになります。

  1. ログインするために必要なPHPファイルを作成する
  2. 「functions.php」を編集する
  3. 新しいログインURLで確認する

それでは具体的にみていきます。

1.ログインするために必要なPHPファイルを作成する

まず、ログインするために必要になるPHPファイルを作成します。

例えば、「http://サイトのURL/wp-test-login.php」にしたい場合は、「wp-test-login.php」という名前のファイルを作成します。

ここで作成するPHPファイル名が、そのままログインURLになります。ファイル名はどんな名前でも構いません。

ファイルには、以下のコードを記述してください。

2行目にある「keyword」は、このプログラムの中でキーワードになる部分です。好きなものに変更してください。

2.「functions.php」を編集する

次に「functions.php」を編集します。この「functions.php」は、WordPressの中でも一番重要なファイルです。

このファイルに1つでも記述ミスがあると、ログインできなくなってしまうので、編集する前に必ずバックアップを取っておきましょう。

そうしてバックアップを取った後に、以下のコードを追記してください。

2行目のPHPファイルは、1で作成したファイル名を記述してください。

そして、10行目の「keyword」は、1で記述したキーワードを記述してください。

3.新しいログインURLで確認する

最後に、新しく作成したログインURLでアクセスし、正しくログインできるか確認してみましょう。

WordPressでログイン画面が表示されない時の対処法

続いて、そもそもログインURLにアクセスしても、画面が真っ白に表示されてしまうことがあります。

今回はそんな時の対処法も、合わせてお伝えしておきます。

1.エラーの原因を表示させる

まずは、エラーの原因を表示させましょう。

PHPの場合、エラーの原因を表示させるためには、wp-config.phpコードを少しだけ書き換える必要があります。

define(‘WP_DEBUG’,false);」を「define(‘WP_DEBUG’,true);」に書き換えます。

もし、「define(‘WP_DEBUG’,false);」がない場合は「define(‘WP_DEBUG’,true);」を書き加えてください。

書き加える場所は「define(‘ABSPATH’」の前ならどこでもOKです

2.データベースのエラーを調べる

1の操作をしてもエラーが表示されなかった場合は、データベースのエラーを確認してみましょう。

データベースの場合、データベースが請われているなど、トラブルが生じている場合はエラーが表示されるはずです。

エックスサーバーなどのレンタルサーバー上にある、「phpMyAdmin」開いて確認してみます。

ユーザー名とパスワード、サーバーの種類を確認してから「phpMyAdmin」にログインしてください。

エラーが起こっている場合はログインするとエラーが表示されます。表示が見当たらない場合は、次の操作に移りましょう。

3.「functions.php」を調べる

「wp-config.php」や「phpMyAdmin」を確認してもエラーが見つからなかった場合は、「functions.php」を調べてみましょう。

ただし、「functions.php」で1つでも記述ミスがあると、ログインできなくなってしまいます。ですので、多少面倒ですが1行ずつ確認してみましょう。

また、カスタマイズして「functions.php」を編集した場合も、ログインできなくなってしまうことがあります。

編集する際には、必ずバックアップを取ってから行うようにしましょう。バックアップを取っておけば、万一ログインできなくなってもファイルをアップロードし直すだけでOKです。

WordPressのログインURL変更とセキュリティ対策のまとめ

以上になりますが、いかがでしたでしょうか?

WordPressのセキュリティは度々話題になる問題です。一番簡単なのは、「SiteGuard WP Plugin」の導入かと思いますので、サイト運営時には追加しておくのがおすすめです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。