ワードプレスの日本語有料テーマで初心者におすすめ15選を紹介

WordPressには、無料テーマと有料テーマが存在しています。有料テーマは、5000円~1万5000円くらいまで幅広くあります。

お金はかかりますが、機能やサポートが充実していて、デザインがおしゃれなものも多いので、特に初心者にとっては無料テーマを使ってあれこれ試行錯誤するより簡単です。

初心者に限らず、「きれいなデザインのWebサイトにしたい」、「独自性のあるWebサイトにしたい」と思っている方は、有料テーマを使ってみるのがおすすめです。

そこで今回は、WordPressの有料テーマで初心者におすすめできて、日本語でも使えるテーマなどを厳選してご紹介します。

手っ取り早く確認したい方はこちら:おすすめの有料テーマBEST3はこちら

【初心者におすすめ】WordPresの日本語の有料テーマ15選

初心者におすすめの有料テーマをご紹介しますが、今回は日本語に対応している有料テーマに絞ってご紹介します。

総合的に初心者に一番おすすめの有料テーマ

1. STORK(ストーク)

stork 530x248 - ワードプレスの日本語有料テーマで初心者におすすめ15選を紹介
まず、総合的におすすめできるのは、OPENCAGEが提供するブロガー専用テーマの「Stork0 - ワードプレスの日本語有料テーマで初心者におすすめ15選を紹介」です。

デザインも良く、SEO対策もされており、値段もリーズナブルで、モバイル対応もされており、初心者でもカスタマイズしやすいなど、非常に便利なテーマです。

何より便利なのが、STORKのファンが多いため、そのようなファンがカスタマイズの記事などをネットに書いてくれている点です。

なので、基本的に何か困ったことがあっても、ぐぐれば解決するという利便性も備えています。

storkの公式サイトへ0 - ワードプレスの日本語有料テーマで初心者におすすめ15選を紹介

SEOに強いまたはSEO対策済みの有料テーマ

2. 賢威

keni - ワードプレスの日本語有料テーマで初心者におすすめ15選を紹介

https://rider-store.jp/keni/0 - ワードプレスの日本語有料テーマで初心者におすすめ15選を紹介

SEOに強い有料テーマと言えば「賢威」と言われるほど有名なテーマです。

Webマーケティングチームの「ウェブライダー」が提供しているテーマです。SEOに関するノウハウが詰め込まれているので、15,000人のユーザーが使っています。

テーマだけでなく、「SEO戦略マニュアル」も付いています。SEOに関する技術的な内容だけでなく、コンテンツ制作マニュアルも用意されています。

以下のような機能が用意されています。

  • レスポンシブ対応
  • デザインカスタマイズしやすい
  • HTMLとWordPressの2形態のテンプレート付き
  • ページごとにカラムを変更できる
  • 賢威テンプレートメーカー(好きなテンプレートを作成可能)
  • SNSボタンの実装が可能
  • ランディングページのテンプレート付き

「SEOに強い」テーマとして有名ですし、SEOに関するノウハウがテーマや付属品であるマニュアル、サポートに凝縮されています。

とにかくSEO対策を万全にしたい方にはおすすめのテーマです。

賢威の公式サイトへ0 - ワードプレスの日本語有料テーマで初心者におすすめ15選を紹介

3. Emanon Pro

emanon pro - ワードプレスの日本語有料テーマで初心者におすすめ15選を紹介

https://wp-emanon.jp/emanon-pro-theme/

Emanon Pro」は、「必要最低限の集客機能を誰でも簡単にカスタマイズし、コンテンツマーケティングの実践に集中できる」と紹介されています。

以下のような機能が用意されています。

  • 6タイプのファーストビュー
  • CTA(Call To Action)機能
  • メールフォームのランディングページ
  • パララックス演出付きのランディングページ
  • SNSボタン
  • SEO内部対策
  • レスポンシブ対応

SEO内部対策済みのテーマなので、検索エンジンがインデックスしやすいHTML構造になっています。

また、Web集客ができるテーマになっているので、プラグインなしでサイト訪問者のコンタクト情報を収集する仕組みを実装しています。

見た目はシンプルですが、ユーザーに見やすいサイトにしたいという方にはおすすめのテーマです。

Emanon Proの公式サイトへ

ブログの運営に向いている有料テーマ

4. ALBATROS(アルバトロス)

albatros - ワードプレスの日本語有料テーマで初心者におすすめ15選を紹介

https://open-cage.com/albatros/0 - ワードプレスの日本語有料テーマで初心者におすすめ15選を紹介

「ALBATROS」は、マーケティングブロガー専用テーマとして配布されています。

「誰が使っても美しい」をコンセプトにしているので、シンプルなデザインで見やすいテーマになっています。

以下のような機能が用意されています。

  • モバイルファースト(スマホでも見やすいように設計されている)
  • ウィジェット機能
  • ショートコード
  • ランディングページ作成機能
  • SNSボタン
  • トップページへのスライドショー

「美しいデザイン」をコンセプトにして設計されたテーマになっているので、テーマを導入する際にデザインの微調整がほとんど必要ありません。

ただし、サポート期間は購入してから30日間なので、注意しましょう。

albatrosの公式サイトへ0 - ワードプレスの日本語有料テーマで初心者におすすめ15選を紹介

5. ハミングバード(Hummingbird)

hummingbird - ワードプレスの日本語有料テーマで初心者におすすめ15選を紹介

https://open-cage.com/hummingbird/0 - ワードプレスの日本語有料テーマで初心者におすすめ15選を紹介

「ハミングバード」は、ブロガー専用テーマとして提供されています。アニメーション効果を使ってコンテンツを目立たせることを特徴にしたテーマです。

以下のような機能が用意されています。

  • 便利なウィジェット機能
  • ランディングページ作成機能
  • SNSボタン
  • スライドショーの設置

テーマデザインの変更も管理画面から簡単にできるので、HTMLやCSSの知識がなくてもOKです。

テーマを導入する際のデザインの微調整がほぼ必要ないので、その分コンテンツ制作に時間を掛けることができます。

hummingbirdの公式サイトへ0 - ワードプレスの日本語有料テーマで初心者におすすめ15選を紹介

6. MAG

mag - ワードプレスの日本語有料テーマで初心者におすすめ15選を紹介

(http://design-plus1.com/tcd-w/tcd036)

「MAG」は、全てのブロガーに捧げるアクセスと収入を同時に上げるためのブログテンプレートとして公開されています。

文字や余白スペースは、1px単位でこだわってレイアウトを考えています。以下のような機能が用意されています。

  • 広告管理機能
  • SNSボタン
  • レスポンシブ対応
  • モバイルファースト
  • レイアウト変更機能
  • 日本語、英語対応
  • 関連記事一覧表示
  • 「metaタイトル」、「metaディスクリプション」の設定機能
  • ウィジェット機能

その他にも様々な機能が用意されています。見た目のインパクトや無駄なスペースを失くしたレイアウト、広告配置など細かな部分までこだわって作られています。

カスタマイズできる有料テーマ

7. ALPHA(アルファ)

alpha - ワードプレスの日本語有料テーマで初心者におすすめ15選を紹介

(http://alpha-wp.com/)

アルファには、以下のような機能が用意されています。

  • レスポンシブデザイン
  • 無制限の色変更
  • 自動アップデート
  • クロスブラウザテスト済み(主要なブラウザで正しく動作することを確認済み)
  • SEO対策済み
  • 取扱説明書付き
  • メールとフォーラムによるサポート(制作者本人からのメールでの回数制限なしの直接サポート)

その他にも機能が用意されています。多くの特典として画像素材も付いているので、サイトのアイキャッチ画像などに使用することができます。

8. Opinion

opinion - ワードプレスの日本語有料テーマで初心者におすすめ15選を紹介

(http://design-plus1.com/tcd-w/tcd018)

「Opinion」は、アクセスと広告収入をどこまでも上げるためのオンラインメディアテンプレートとして作られています。

そのため、大手のニュースサイトや新聞などのオンラインメディアなどのような大きな情報サイトにも向いています。

具体的には、以下のような機能が用意されています。

  • レスポンシブ対応
  • 関連記事一覧表示
  • 「metaタイトル」、「metaディスクリプション」をページごとに設定できる
  • 日本語、英語対応
  • SNSボタン
  • アイキャッチ画像の自動装飾

その他にも多くの機能が用意されています。

このテーマを制作している会社は、WordPressのテーマを多く制作しています。その経験を生かして、カスタマイズされやすい部分を想定して作られています。

そのため、HTMLやCSSの専門的な知識がなくても、簡単にセッティングができるようになっています。

企業サイトに向いている有料テーマ

9. CRAZY WP

crazy wp - ワードプレスの日本語有料テーマで初心者におすすめ15選を紹介

(http://crazy-wp.com/)

「CRAZY WP」は、新しく事業を始める方を応援するために制作されました。

そのため、価格も他のテーマに比べて安価になっています。最も安いテーマだと、2000円ほどで購入できます。

以下のような機能が用意されています。

  • レスポンシブ対応
  • ウィジェット機能
  • レイアウト変更機能
  • Facebookページの埋め込み
  • ランディングページ作成機能

「CRAZY WP」は、8パターンのテーマが用意されています。使用する用途に合わせてテーマを選ぶことができます。

テーマによって搭載されている機能や価格が異なってくるので、よく確認してから購入しましょう。

10. Grazioso(グラツィオーソ)

grazioso - ワードプレスの日本語有料テーマで初心者におすすめ15選を紹介

(http://grazioso.info/)

「Grazioso」は、「1カラムフラットデザイン」を実現できる完全日本語対応のWordPressテーマです。

HTMLやCSSの知識がなくても実現できるようになっているので、知識があまりない方でも安心して利用することができます。

以下のような機能が用意されています。

  • レスポンシブ対応
  • jQueryアニメーション
  • 画像サイズ自動調整
  • SNS連動機能
  • ウィジェット機能

オプションサービスではありますが、テーマのインストールの代行やカスタマイズ納品にも対応しているので、不安な方はそちらのサービスを利用してみるのも良いでしょう。

ただし、別料金がかかりますので、よく確認してから申し込むようにしてくださいね。

11. ORION

orion - ワードプレスの日本語有料テーマで初心者におすすめ15選を紹介http://design-plus1.com/tcd-w/tcd037

「ORION」は、ファーストビューでフルスクリーン動画が再生されるなどサイトに訪れたユーザーに強い印象を残すことができるテーマです。

以下のような機能が用意されています。

  • 固定ページのテンプレート
  • SNSボタン
  • レスポンシブ対応
  • Youtubeや画像スライドの埋め込み
  • フォント変更機能
  • 「metaタイトル」、「metaディスクリプション」の設定機能
  • 各要素のフォントサイズ変更機能
  • アイキャッチ画像のサイズ変更

このテーマは動画の埋め込みが可能なので、ユーザーに強い印象を与え、惹きつけることができます。

トップページには、サイトのキャッチコピーやコンセプト、サービスの紹介ページ一覧、記事ページ一覧を表示でき、多くの情報を掲載することができます。

安くて質のいい有料テーマ

12. クラウドテンプレート

cloud template - ワードプレスの日本語有料テーマで初心者におすすめ15選を紹介

(http://c-tpl.com/)

クラウドテンプレートは4980円と比較的安く、複数のサイトに使いまわすことができます。カラーなども3種類ずつ用意されているので、あなた好みの色にすることができます。

以下のような機能が用意されています。

  • レスポンシブ対応
  • レイアウト最適化
  • サイドバーウィジェット
  • サイドバナー
  • カスタムヘッダー
  • ロゴ変更
  • アイキャッチ付き最新記事

Web制作会社でも自由に使用でき、カスタマイズして納品することも可能です。ただし、マニュアルは付いていないので、初心者にとって難易度は少し高めだと思います。

使い回しができるテーマ

13. AFFINGER4

affinger - ワードプレスの日本語有料テーマで初心者におすすめ15選を紹介

(http://affinger4.com/)

「AFFINGER4」は、アフィリエイトやアドセンスに特化したテーマです。

アフィリエイトに特化したテーマになっているので、WordPressを使ってアフィリエイトを行うときに便利な機能が用意されています。

主な機能は以下の通りです。

  • レスポンシブ対応
  • SEO対策に必要な機能(「metaタグ」や「metaディスクリプション」など)
  • アドセンス広告やアフィリエイト広告の作成機能
  • AMP対応
  • 会話風吹き出し機能
  • YouTube背景機能
  • レイアウト変更機能(カラム変更機能)
  • ランキング作成機能
  • ウィジェット機能

その他にも「稼ぐサイトの設計図」というPDFマニュアルも付いているので、これからアフィリエイトをやろうと思っている方にはおすすめのテーマです。

14. CORE

core - ワードプレスの日本語有料テーマで初心者におすすめ15選を紹介

(http://design-plus1.com/tcd-w/tcd027)

ヨーロピアン調のデザインのポータルサイト構築するためのテーマです。ビジネスやIT、スポーツなど様々なジャンルで使えるような汎用性の高いテーマです。

主な機能は以下の通りです。

  • ウィジェット機能
  • レスポンシブ対応
  • SEO強化機能(「metaタイトル」、「metaディスクリプション」など)
  • SNSボタン
  • 関連記事一覧表示
  • 投稿ページや固定ページのフォントサイズ変更機能

おしゃれなデザインのテーマなので、サイトに訪れたユーザーに印象を残すことができます。

15. DIVER

diver - ワードプレスの日本語有料テーマで初心者におすすめ15選を紹介

https://tan-taka.com/diver/

「DIVER」は、メディア運営の経験があるデザイナーやエンジニアの方が開発しています。

そのため、Webに詳しいことに加えて、実践でしか得られないような知識や技術が盛り込まれています。以下のような機能が用意されています。

  • SEO対策済み
  • AMP対応
  • レスポンシブ対応
  • ショートコード機能
  • SNSボタン
  • CTA(Call To Action)機能

アップデートはすべて無料ででき、メールでのサポートは無期限・回数無制限と購入後のサポートが充実しているのも特徴です。

テーマの使い回しが可能なので、複数のサイトに同じテーマを使用することができます。

Diverの公式サイトはこちら

ワードプレスの有料テーマを選ぶ際の注意点

startup 593327 640 - ワードプレスの日本語有料テーマで初心者におすすめ15選を紹介

ちなみに、有料テーマは使いまわしができますので、一度購入したテーマを別のサイトにも使うことができます。

ですが、有料テーマを購入する際に注意すべき点を先に3つ挙げておきます。

1. 購入するテーマが日本製なのか海外製なのか?

購入するテーマが日本製の場合は、全て日本語で説明が書かれています。そのため、カスタマイズに困ることはありません。

しかし、海外製の場合は、用意されている機能の説明などもすべて英語表記になっていることがありますので、注意が必要です。

2. テーマを公開している会社かどうか?

続いて、WordPressはオープンソースであるため、脆弱性が発見されることがあります。その都度、WordPressはバージョンアップをしています。

新しいバージョンが公開された際には、テーマにも微調整を加えなければなりません。そのような場合にも、素早く対応してくれる会社なのかどうかは重要です。。

特にWordPress公式サイトに登録されていないテーマは、セキュリティ対策が万全ではない可能性もあるので注意しましょう。

3. テーマによって使い方が異なるのでマニュアルを確認

最後に、有料テーマによって、使い方やページの作成方法は全く異なっています。おおよその手順は変わりませんが、操作方法は異なってきます。

そのため、それぞれのテーマで用意されているマニュアルには、必ず目を通しておく必要があります。

購入した有料テーマをインストールする方法

こうして有料テーマを購入したら、インストールするための準備として、まずは有料テーマのダウンロードをしましょう。

ダウンロードするテーマによって若干異なりますが、基本的には以下のような流れになります。

  1. 有料テーマ販売サイトで申込みをする
  2. 申し込み後、支払先のリンクがついたURLが届く
  3. 支払い完了後、ダウンロードサイトのURLが記載されたメールが届く
  4. ダウンロードして任意の場所に保存する
  5. ダウンロード後、テーマのファイルを圧縮する

お支払いはクレジットカードなどでできることが一般的ですので、番号を覚えいていない方は手元に用意しておくと便利でしょう。

運営サイトで有料テーマを有効化する方法

続いて、運営サイトでテーマを有効化させる方法は以下のようになります。

  1. WordPressの管理画面にログインする
  2. ログイン後、左側のメニューから「外観」→「テーマ」をクリックする
  3. テーマ編集ページに切り替わったら「新規追加」→「テーマのアップロード」をクリックする
  4. 「ファイルを選択」をクリックし、インストールしたいテーマを選択する
  5. インストール後、「有効化」をクリックする

まずは、管理画面にいつものように「ユーザー名」と「パスワード」を入力してログインしましょう。ログインできたら、左側のメニュー「外観」からテーマを追加できるページに行きましょう。

テーマを追加できるページが表示されたら、「新規追加」→「テーマのアップロード」をクリックしましょう。インストールしたいテーマファイルを選択し、アップロードをします。

この際にzip形式でないと、正しくアップロードできないので、注意しましょう。インストールが完了したら、「有効化」を行います。これで、全て完了です。

有料テーマはおしゃれなデザインのテーマで、機能が充実しているので、作りこんだサイトにしたいと考えている方は使ってみても良いでしょう。

初心者に特におすすめの有料テーマの公式HP一覧

テーマ名 公式サイト
賢威 https://rider-store.jp/keni/0 - ワードプレスの日本語有料テーマで初心者におすすめ15選を紹介
STORK https://open-cage.com/stork/0 - ワードプレスの日本語有料テーマで初心者におすすめ15選を紹介
Albatros https://open-cage.com/albatros/0 - ワードプレスの日本語有料テーマで初心者におすすめ15選を紹介
Hummingbird https://open-cage.com/hummingbird/0 - ワードプレスの日本語有料テーマで初心者におすすめ15選を紹介
Emanon Pro https://wp-emanon.jp/emanon-pro-theme/
おすすめの記事