WordPress

wordpressマルチサイトのメリット・デメリットと移行方法まとめ

mobile phone 2398295 1920 - wordpressマルチサイトのメリット・デメリットと移行方法まとめ

皆さんは、wordpressのマルチサイト機能を使ったことはありますか?

マルチサイトは、簡単に複数のサイトを運営できる機能です。

wordpressの説明では「ネットワーク」という表現をされていますが、これは運用したい各サイトが全てメインサイトに紐付けされたようなイメージです。

例えば複数のドメインを持っていたり、複数のディレクトリでwordpressのサイトを運用している方にはこのマルチサイト運営がおすすめです。

WordPressのマルチサイトの主な機能

それでは、マルチサイトの機能を詳しく説明していきます。

ドメイン一つで複数サイトを運用できる

先程もお伝えしたように、ドメイン一つで複数のサイトが運用できます。

基本的には「サブディレクトリ」「サブドメイン」しか運用できませんが、プラグインを利用することで「別ドメイン」も扱うことが出来ます。

プラグインも共有できる

マルチサイト対応のプラグインが作成できるため、複数サイトにまたがって同じプラグインを使用できます。

ちなみに、マルチサイトにした場合、wordpressサイトの「管理者」に加えて、マルチサイト全体の管理者=「特権管理者」が存在します。

wordpressのマルチサイトのプラグインの設定は、特権管理者のみなどのセキュリティ権限がつけられます。

マルチサイト運用のメリット・デメリット

続いて、マルチサイト運用のメリットデメリットです

メリット

  • 管理がしやすく、スムーズになる。
  • テーマが共有できる

まず、結果的に作業時間が減ったり、サイトの全体量が増えたりなど、付加的なメリットはありますが、全て管理のしやすさから来るものです。

実際には、複数のサイトを個別に管理する「労働力」を削減していることになります。

また、マルチサイトは、その形状からもイメージはつきやすいですが、親テーマと子テーマの関係を上手く利用すれば、テーマが綺麗に作れます。

デメリット

一方でデメリットには、下記のような点があります。

  • セキュリティの観点からリスク分散ができていない
  • システム上に不明な点が増える
  • 導入しなければならない

セキュリティの観点からリスク分散ができていない

セキュリティの観点から言えば、「特権管理者」権限を乗っ取られたりした場合、全てのサイトを同時に失うことになります。

これは、1つのサイトを失うよりもダメージがでかいです。

システム上に不明な点が増える

wordpressはPHPで書かれていますが、中のシステムまでガッツリいじれるといった方は意外と少ないです。

それに加えてマルチサイトのシステムが増えた場合、中のシステムが完全にブラックボックスに感じてしまう人もいるでしょう。

ブラックボックス化すると、エラーなどが発生した時に対処できなくなるので大変です。

導入しなければならない

最後に、導入するという手間が必要です。

wordpressをマルチサイト化する方法

それでは、実際にWordpressでマルチサイトを導入する方法についてお伝えします。

事前準備

マルチサイト化する各サイトでの事前準備がありますので、まとめて記載します。

  1. wordpressをインストールしておく(サイト毎)
  2. FTPソフトを準備する
  3. プラグインを全て停止する
  4. バックアップを取る

こういった作業をする場合は、バックアップを確実に取るのがおすすめです。

wp-config.phpを編集する

準備が終わったら、サイトフォルダのwp-config.phpにコードを追記します。

multisite - wordpressマルチサイトのメリット・デメリットと移行方法まとめ

このwp-config.phpの「/* 編集が必要なのはここまでです ! WordPress でブログをお楽しみください。 */」が記載されている行までに、以下のコードを記載します。

ちなみに、筆者がやった時の画像を載せておきます。

multisite2 1024x872 - wordpressマルチサイトのメリット・デメリットと移行方法まとめ

FTPでアップロード

編集が終わったら、FTPなどでアップロードをします。

サイトネットワークの設置

アップロードしたら「ダッシュボード」→「ツール」→「サイトネットワークの設置」を選択します。

site 1024x576 - wordpressマルチサイトのメリット・デメリットと移行方法まとめ

サイトネットワーク名やアドレスの修正をしたら、インストールします。

site2 1024x604 - wordpressマルチサイトのメリット・デメリットと移行方法まとめ

指示通りに.htaccessとwp-config.phpを編集

「インストール」を押すと、wordpressのダッシュボードに次の指示が記載されています。

siteaa 1024x625 - wordpressマルチサイトのメリット・デメリットと移行方法まとめ

この設定通りに従い、「.htaccess」「wp-config.php」を編集してアップロードします。

その後ログインをしたらマルチサイト化の完成です。今までと違う管理ページになっていることでしょう。

multi 1024x570 - wordpressマルチサイトのメリット・デメリットと移行方法まとめ

画像の「サイト」から新しいサイトを追加していくことが出来ます。

WordPressのマルチサイトのタイプ別運用方法

wordpressのマルチサイトには、運用方法が大きく3つあります。

サブディレクトリ型

これが最もデフォルトな設定です。

普通にサイトの新規追加をすることで、サブディレクトリに設定されます。

サブドメイン型

※ルートディレクトリwordpressしかできない(?)

こちらもサブディレクトリに並んでデフォルトに近いです。ですが、筆者の環境下だと設定できませんでした。(wordpress4.8,エックスサーバー)

と思っていたのですが、ルートドメインでないと、サブドメイン型は設定できないとの意見がありました。

複数ドメイン型

※ルートディレクトリwordpressしかできません。

複数ドメインの場合は、プラグインを利用します。

WordPress MU Domain Mapping

プラグインの設定

このプラグインを有効化したらファイルの移動をFTPで行います。

  1. 「wp-content」→「plugins」→「wordpress-mu-domain-mapping」に進む
  2. 「sunrise.php」を探す
  3. wp-contentフォルダ内に「sunrise.php」を移動

これが終わったら、wp-config.phpに以下の記述を追加します。

ドメイン設定

「設定」→「Domains」からサイトIDとドメインを指定すれば、サイトの紐付けが完了します。

サイトネットワーク管理画面から、追加したサイト情報を確認し、空欄やエラーが無いか確認しましょう。

(ドメインが空欄になっていて、パーマリンクがおかしくなっていることがあります。)

WordPressのマルチサイト移行に関するまとめ

以上になりますが、Wordpressでマルチサイト化するのはメリットとデメリットがあります。

両方を踏まえた上で、最適な運用方法を選択するのが良いとは思われます、基本的に多くの人はそんなに大量のサイト管理をしないかと思います。

ですので、本当に必要がある方だけ、マルチサイト化には取り組まれた方が良いでしょう。