StartupStockPhotos / Pixabay

ワードプレス(wordpress)を安く簡単に今日から始めるには、一体どうすれば良いのでしょうか?

結論からお伝えすると、まずはコスパの良いレンタルサーバー(エックスサーバーかロリポップがおすすめ)に契約してから始めるのが一番簡単です。

エックスサーバーやロリポップなどに登録すると、そこから簡単にwordpressをダウンロードできるため、初心者でも迷わずに始めることができるのです。

安定性重視ならエックスサーバー0 - ワードプレスを安くすぐ始める方法を初心者向けに簡単解説がコスパ最強

b1d5dc8ba28046c9fd88514b0c38f58b 530x394 - ワードプレスを安くすぐ始める方法を初心者向けに簡単解説
レンタルサーバーの中でも、エックスサーバーのコスパは良いです。筆者も実際に当サイトの運営では、エックスサーバーのX10プランを利用しています。

エックスサーバーを利用する理由は、使える容量に対してコスパが良いことに加えて、アクセス数が増えても安定してサイトが表示されて、無料でSSL設定(後述)も可能だからです。

また、サーバー障害も発生したことがなく、不正ログインなどのセキュリティ面での対策もされていますので、総合的に評価が高いのがエックスサーバー0 - ワードプレスを安くすぐ始める方法を初心者向けに簡単解説なのです。

料金だけを考えるとロリポップ!0 - ワードプレスを安くすぐ始める方法を初心者向けに簡単解説のスタンダードプランも初心者にはおすすめ

bf837ed88d6becd0e3680e18c324a46e 530x225 - ワードプレスを安くすぐ始める方法を初心者向けに簡単解説
ただし、ここは悩ましいところですが、単純に料金だけを考えると、ロリポップ!のスタンダードプランであれば、年間契約をすれば7,500円ですみます。

エックスサーバーのX10プランの場合は月々1,600円で、筆者の昨年度の年間費用合計は、初期費用込みで16,200円でした。

年間これぐらいの支出で自分のサイトを複数保有することができますので、コスパは良いかとは思われますが、ロリポップを使うよりも若干高いです。

筆者はロリポップでもサイトを運営したことがあるので良いサーバーだとは思っていますが、耐久性やセキュリティ面、サイトの表示速度などの観点から、当サイトではエックスサーバーの方を選んでいます。

ロリポップでワードプレスを始める方法を初心者向けにわかりやすく解説

法人向けにはロリポップのエンタープライズプランがコスパ最強

1 530x299 - ワードプレスを安くすぐ始める方法を初心者向けに簡単解説
ちなみに、大規模なサイトを運営しようと考えている法人の方には、ロリポップのエンタープライズプランがコスパ最強なのでおすすめです。

エックスサーバーにもビジネスプラン(https://business.xserver.ne.jp/0 - ワードプレスを安くすぐ始める方法を初心者向けに簡単解説)があるのですが、料金は年間契約で57,348円します。

一方、ロリポップのエンタープライズプランの場合は転送量無制限(同時アクセスが増えてもサイトが表示可能)で、年間契約で29,160円しかかかりません。

法人からしたらそこまで大きな値段差ではないかもしれませんが、ロリポップのエンタープライズプランは、法人向けサービスの中では抜群に安いです。

転送量が無制限ということは、いきなり多数の人が同時アクセスをしても耐えられということですので、転送量と料金面を重視するプランを使いたい場合は、ロリポップのエンタープライズプランが激安なのでおすすめです。

ロリポップの公式サイト:https://lolipop.jp/

ロリポップのエンタープライズプランの口コミはこちら

ただし、いずれにせよエックスサーバーもロリポップも両方とも最初に無料お試し期間がありますので、両方利用してみてあっている方を残す形で試してみるのも良いでしょう。

エックスサーバーとロリポップを比較した口コミはこちら

エックスサーバーを始めるには?まずは会員IDを登録する

c7f8bf0ab02291c748e05ecdf2f879c3 530x258 - ワードプレスを安くすぐ始める方法を初心者向けに簡単解説
それではここからは、エックスサーバーでワードプレスを始める具体的なやり方をお伝えします。まずはこちらからエックスサーバーの公式サイトに移動します。

そうすると「お申し込みはこちら」ボタンがありますので、そちらをクリックします。続いて、エックサーバー会員IDの新規お申し込みをクリックします。

その後、各種必要情報を入力し、エックスサーバーに契約します。無料体験期間がありますので、いきなり料金が発生するわけではないので安心です。

お名前.comなどでドメインを新規に取得する

604365c7f9f590c03092240e11517dcf 530x198 - ワードプレスを安くすぐ始める方法を初心者向けに簡単解説
こうしてエックスサーバーの契約が完了しましたら、次に独自ドメインを取得します。

独自ドメインは同じくエックスサーバーでも取得できますが、例えばお名前.comであれば1円からでも手に入れることができます。

お名前.comでの購入は簡単で、同じく公式サイト(お名前.com0 - ワードプレスを安くすぐ始める方法を初心者向けに簡単解説)に訪問し、欲しいドメインを検索し、取得するだけで完了します。

whois公開代行設定にチェック(無料)

その際に、ネット上に自分がそのドメインの取得者であることを公開したくない場合は、「whois公開代行設定」に必ずチェックを入れておきましょう。

お名前.comであれば、whois公開代行設定を最初から設定しておけば、初年度は追加で料金がかかることもありませんので安心です。

ネームサーバーをエックスサーバーに変更

97364afc242eac9dcb85a4693ba7bff0 530x211 - ワードプレスを安くすぐ始める方法を初心者向けに簡単解説
また、ドメインの取得が完了したら、ドメインのネームサーバーの変更を行います。ネームサーバーの変更のところから、エックスサーバーのネームサーバー情報を入力します。

こちらの設定を行っておくことで、エックスサーバーでお名前.comを利用することができるようになります。

公式サイト(お名前.com):0 - ワードプレスを安くすぐ始める方法を初心者向けに簡単解説https://www.onamae.com/0 - ワードプレスを安くすぐ始める方法を初心者向けに簡単解説

エックスサーバーに取得したドメインを追加する

f28672b413e550c6103d12f4e6a27b35 530x181 - ワードプレスを安くすぐ始める方法を初心者向けに簡単解説
続いて、エックスサーバーに取得したドメインを追加します。エックスサーバーのインフォパネルにログインし、次にサーバーパネルにログインします。

そうすると右上にドメインの欄がありますので、そちらで「ドメイン設定」をクリックします。その後、取得したドメインを追加します。

56307be016747d75522300b7c49755be 530x222 - ワードプレスを安くすぐ始める方法を初心者向けに簡単解説
その際は、「無料独自SSLを利用する(推奨)」「高速化・アクセス数拡張機能「Xアクセラレータ」を有効にする(推奨)」のクリックはつけたままにします。

そうして、右下の「ドメイン設定の追加(確認)」ボタンを押し、確認後に追加します。

エックスサーバーからワードプレスをインストールする

a20e9b3febfef3c9ec0c37985147b5a0 530x347 - ワードプレスを安くすぐ始める方法を初心者向けに簡単解説
その後、サーバーパネルのトップからWordPressの「WordPress簡単インストール」をクリックします。

そうするとインストール先のドメインが選べますので、取得したドメインにワードプレスの簡単インストールを行います。

その際には、ワードプレスにログインするためのIDやPW、新規に運営するサイトのタイトル名などを入力します。

こうして必要情報を入力してインストールが完了すると、ワードプレスの裏側のダッシュボードにログインすることができます。

ダッシュボードにログインできたら、そちらから自分のサイトを更新していきます。

サイトはSSL化対応(https対応)しておくのがおすすめ

ssl 530x182 - ワードプレスを安くすぐ始める方法を初心者向けに簡単解説
なお、ワードプレスを利用する際は、SSL化対応(https対応)はした方が良いです。

と言いますのも、サイトのURLが「http」のままですと、せっかく訪問してきてくれたユーザーに対してGoogleから警告表示されてしまい、ユーザーが画面を見れない可能性もあるからです。

そのようなことがないように、最初からサイトのURLは「https」に対応されておくのがおすすめです。

対応と言ってもエックスサーバーであれば無料で可能で、ドメインの「SSL設定」をクリックし、そこから簡単に対応が可能です。

wordpress側のURLも変更

https 530x162 - ワードプレスを安くすぐ始める方法を初心者向けに簡単解説
詳細は公式サイト(エックスサーバー0 - ワードプレスを安くすぐ始める方法を初心者向けに簡単解説)にも記載がありますが、エックスサーバー側での対応完了後、wordpress側のURLを変更すれば完了します。

具体的には管理画面の「設定」→「一般設定」のところからアドレスを変更することが可能です。

こちらのSSL設定は、例えばさくらのレンタルサーバーなどの他社レンタルサーバーでは有料だったりしますので、このような点でもエックスサーバーはコスパが良いのです。

wordpressは公式サイトからダウンロードしてはいけない

以上になりますが、ワードプレスはレンタルサーバーから簡単インストールして始めれば良いので、一度慣れればとても簡単です。

一方で、ワードプレスを公式サイトから自分のパソコンのローカル環境に一度ダウンロードして、FTPなどのツールを通じてサーバーにアップロードしようとすると、大変です。

初心者には非常に難しい作業になることに加えて、途中でつまづいてしまうことも多いでしょ。ですので、エックスサーバーなどのレンタルサーバーに契約して、そこから簡単ダウンロードして始めるのが一番初心者には簡単で早いのでおすすめです。

公式サイト(エックスサーバー0 - ワードプレスを安くすぐ始める方法を初心者向けに簡単解説):https://www.xserver.ne.jp/

ワードプレスがインストールできない場合の対処法はこちら

おすすめの記事