WordPress

ワードプレスを安くすぐ始める方法を初心者向けに簡単解説

pc 1541898432 - ワードプレスを安くすぐ始める方法を初心者向けに簡単解説

ワードプレス(wordpress)を安く簡単に今日から始めるには、一体どうすれば良いのでしょうか?

結論からお伝えすると、まずはコスパの良いレンタルサーバー(月1,000円程度)に契約してから始めるのが一番簡単です。

レンタルサーバーに登録すると、そこから簡単にwordpressをダウンロードできるため、初心者でも迷わずに始めることができるのです。

エックスサーバー0 - ワードプレスを安くすぐ始める方法を初心者向けに簡単解説に契約するのがコスパが良い

b1d5dc8ba28046c9fd88514b0c38f58b 530x394 - ワードプレスを安くすぐ始める方法を初心者向けに簡単解説
レンタルサーバーの中でも、エックスサーバーのコスパは良いです。筆者も実際にエックスサーバーのX10プランを利用しています。

エックスサーバーを利用する理由は、使える容量に対してコスパが良いためアクセス数が増えても問題なく、無料でSSL対応(後述)も可能だからです。

それではここから具体的なやり方をお伝えしますが、まずはこちらのエックスサーバー0 - ワードプレスを安くすぐ始める方法を初心者向けに簡単解説公式サイトに移動します。

そうすると「お申し込みはこちら」ボタンがありますので、そちらをクリックします。

エックスサーバー会員IDを登録する

c7f8bf0ab02291c748e05ecdf2f879c3 530x258 - ワードプレスを安くすぐ始める方法を初心者向けに簡単解説
続いて、エックサーバー会員IDの新規お申し込みをクリックし、各種必要情報を入力し、エックスサーバーに契約します。

なお、個人の方で契約するのであれば、X10プランで十分かと思いますが、最初から大規模なサイトを運営しようと考えている企業の方は、ビジネスプランでも良いでしょう。

法人向けはこちら:https://business.xserver.ne.jp/0 - ワードプレスを安くすぐ始める方法を初心者向けに簡単解説

お名前.comなどでドメインを新規に取得する

こうしてエックスサーバーの契約が完了しましたら、次に独自ドメインを取得します。

独自ドメインは同じくエックスサーバーでも取得できますが、例えばお名前.comであれば100円からでも手に入れることができます。

お名前.comでの購入は簡単で、同じく公式サイト(お名前.com0 - ワードプレスを安くすぐ始める方法を初心者向けに簡単解説)に訪問し、欲しいドメインを検索し、取得するだけで完了します。

エックスサーバーに取得したドメインを追加する

f28672b413e550c6103d12f4e6a27b35 530x181 - ワードプレスを安くすぐ始める方法を初心者向けに簡単解説
続いて、お名前.comなどの他の業者でドメインを追加した場合は、エックスサーバーに取得したドメインを追加します。

エックスサーバーのインフォパネルにログインし、次にサーバーパネルにログインします。

そうすると右上にドメインの欄がありますので、そちらで「ドメイン設定」をクリックします。

その後、取得したドメインを追加します。

56307be016747d75522300b7c49755be 530x222 - ワードプレスを安くすぐ始める方法を初心者向けに簡単解説
その際は、「無料独自SSLを利用する(推奨)」「高速化・アクセス数拡張機能「Xアクセラレータ」を有効にする(推奨)」のクリックはつけたままにします。

そうして、右下の「ドメイン設定の追加(確認)」ボタンを押し、確認後に追加します。

エックスサーバーからワードプレスをインストールする

a20e9b3febfef3c9ec0c37985147b5a0 530x347 - ワードプレスを安くすぐ始める方法を初心者向けに簡単解説その後、サーバーパネルのトップからWordPressの「WordPress簡単インストール」をクリックします。

そうするとインストール先のドメインが選べますので、取得したドメインにワードプレスの簡単インストールを行います。

その際には、ワードプレスにログインするためのIDやPW、新規に運営するサイトのタイトル名などを入力します。

こうして必要情報を入力してインストールが完了すると、ワードプレスの裏側のダッシュボードにログインすることができます。

ダッシュボードにログインできたら、そちらから自分のサイトを更新していきます。

サイトはSSL化対応(https対応)しておくのがおすすめ

ssl 530x182 - ワードプレスを安くすぐ始める方法を初心者向けに簡単解説
なお、ワードプレスを利用する際は、SSL化対応(https対応)はした方が良いです。

と言いますのも、サイトのURLがhttpのままですと、せっかく訪問してきてくれたユーザーに対してGoogleから警告表示されてしまい、ユーザーが画面を見れない可能性もあるからです。

そのようなことがないように、最初からサイトのURLはhttpsに対応されておくのがおすすめです。

対応と言ってもエックスサーバーであれば無料で可能で、ドメインの「SSL設定」をクリックし、そこから簡単に対応が可能です。

詳細は公式サイト(エックスサーバー0 - ワードプレスを安くすぐ始める方法を初心者向けに簡単解説)にも記載がありますが、エックスサーバー側での対応完了後、wordpress側のURLを変更すれば完了します。

例えば、こちらのhttps対応は、さくらサーバーなどのレンタルサーバーでは有料だったりしますので、このような点でもエックスサーバーはコスパが良いのです。

wordpressは公式サイトからダウンロードしてはいけない

以上になりますが、ワードプレスは慣れたらダウンロードして始めるのも簡単になります。

エックスサーバーも月々1000円程度で、筆者の昨年度の年間費用は16,200円でした。

年間これぐらいの支出で自分のサイトを複数保有することができますので、コスパは良いかと思われます。

ワードプレスは公式サイトからローカルにダウンロードして、アップロードしようとするとかなり大変ですので、エックスサーバーなどのレンタルサーバーに契約してダウンロードされるのが一番良いでしょう。

公式サイト:エックスサーバー0 - ワードプレスを安くすぐ始める方法を初心者向けに簡単解説