WordPress

wordpressとは?CMSとは?初心者が分かるように簡単解説!

wordpress 1288020 - wordpressとは?CMSとは?初心者が分かるように簡単解説!

そこそこネットに詳しい方でも「WordPressってなに?」って聞かれることがあります。

そこで今回は、WordPressの元になっている「CMS」という概念を含めて、Wordpressについてご紹介していきます。

WordPress(ワードプレス)ってなに?

WordPressとは、ブログを作成するために公開されたオープンソースのソフトウェアです。

CMS(Contents Management System)の一種でして、直訳すると、「コンテンツ管理システム」となります。

最近ではブログだけでなく、企業や公共機関のサイトなどにも利用されています。

CMSってなに?

CMSは、「Content Management System」の略称です。日本語に訳すと、「コンテンツ管理システム」です。CMSの代表例としては、「WordPress」が挙げられます。

簡単に言うと、HTMLやCSSなどのWebサイト制作に必要な知識がなくてもWebページの作成や更新が簡単にできるシステムのことです。

CMSを導入することで、Webサイト制作での専門知識が必要となる部分はすべてシステム側に制御させ、文章や画像などの情報を入れることで、簡単にWebサイト更新ができるようになります。

プログラミングを学び始めると分かりますが、ページ毎にHTMLコードを書けば、ページを生成できることはわかります。

ただし、ブログのように複数の記事を書いていく場合や、トップページに最近の投稿一覧を出すことなどは、簡単ではありません。というよりも、非常に手間がかかります。

そこで、そのような仕組みを誰でもできるようにしたのがCMSです。

CMSを使うメリット

CMSを使うメリットを並べておきます。

  • HTMLを知らない人でもページが作れる
  • テキスト作成に集中できる
  • デザインにテンプレートが出来上がる
  • リンク切れ、タグの貼り忘れがなくなる
  • インデックスページへの反映等も自動化される
  • Web標準に則ったアクセシビリティの高いサイトになる
  • サイト全体のデザイン変更が簡単に行なえる

などがあります。

WordPressと他CMSの比較

share 1411235 640 - wordpressとは?CMSとは?初心者が分かるように簡単解説!

実は、CMSはWordPressだけではありません。

例えば、

  • WordPress
  • concrete5
  • Movable Type
  • EC-Cube
  • OpenPNE

などが、CMSとしてあります。そして、実はこれもほんの一部ですが、CMSの中でも世界の中でシェア率が高いものを3つ紹介します。

それぞれのCMSの紹介に記述してあるシェア率は、「W3Techs」(https://w3techs.com/technologies/overview/content_management/all)のデータを使用しています。

WordPress

WordPressは、2003年にオープンソースのブログ作成システムとして公開されました。

無料で利用できるテーマやプラグインも多く用意されているので、初心者でもカスタマイズしやすいのが特徴です。

世界でのシェア率は59.4%です。このシェア率は他のCMSより高く、世界中で多くの人々が利用しているCMSであると言えます。

世界でのシェア率が高い分、攻撃を受けやすいので、セキュリティ対策もしっかりと行いましょう。

Joomla!(ジュームラ!)

Joomla!は2005年に公開され、無料で利用できるCMSです。世界でのシェア率は、6.6%です。WordPressのカスタマイズをする際には、PHPの知識が必要になることがあります。

しかし、Joomla!の場合は、PHPの知識がなくてもカスタマイズすることができ、初心者でも簡単に使うことができます。

「エクステンション」と呼ばれる拡張機能を利用することで、SNSボタンを記事に埋め込む機能や、メルマガの配信ができるようになる機能を追加できます。

ただし、Joomla!は日本ではあまり知られていないCMSなので、日本語の情報が少ないのが難点です。

Drupal(ドルーパル)

「Drupal」は、オープンソースのソフトウェアとして2001年に公開され、無料で導入できるCMSです。世界でのシェア率は4.7%です。

Drupalは、基本部分(コアモジュール)と追加拡張部分(拡張モジュール)から構成されています。基本部分はCMSとして動作するための標準的なプログラムが入っています。

初めて使う場合は、基本部分のみをダウンロードすればOKです。

Drupalは、「モジュール」という単位で管理しています。そのため、制作するWebサイトに合わせて必要な機能を追加することが可能です。

これにより、多くの機能の中から選び、組み合わせることができるので、カスタマイズしやすいのが特徴です。

WordPressは他のCMSよりも優れている

このように数あるCMSの中でも、WordPressは以下の点で、他のCMSよりも優れていると言われています。

  1. ユーザーが多いため、情報が出回っていることが多い
  2. プラグインが豊富にある
  3. SEO対策に最も向いている

続いて、ざっと、WordPressを使うメリットとデメリットをみていきましょう。

Webサイト制作でWordPressを使うメリット

Webサイト制作でWordPressを使うメリットは以下があげられます。

1. 初心者でもWebサイト構築が簡単!

HTMLやCSSの知識がなくてもWordPressでサイト構築を行うことができます。

無料ブログと同じような操作で簡単に記事の作成や更新ができます。多くのテーマやプラグインが用意されているので、デザインの変更や機能追加もしやすいです。

2. SEOに強い!

WordPressは、SEOに強いCMSとして有名です。

WordPressの内部構造はSEOに優れていて、Googleの検索エンジンを担当しているエンジニアの方からも推奨されるほどです。SEO対策のためのプラグインも用意されているので、面倒な設定も少ないです。

SEO関連のコーディングを実際に行ったことがある方なら分かりますが、SEOに必要なタグ(linkやmetaなど)を漏らさずに書いていくのは、意外と大変です。一方で、WordPressではそれを自動で行ってくれるため、コンテンツに力を割けるようになります。

そのため、コーディングの知識やスキルがなくても、誰でも簡単にHPを運用することができるのです。

3. WordPressに関する情報がネット上に豊富!

WordPressは日本だけでなく、世界中で利用されているCMSです。そのため、WordPressに関する情報がインターネット上に多く載っています。

初歩的なことであれば、高い参考書を買わなくても情報を手に入れることができます。

4. 機能を拡張できるプラグインが多い!

WordPressには、様々な新しい機能を追加できるプラグインというものがあります。

そして、このプラグインの種類が非常に豊富なので、実装したい機能がある時に時間の節約ができます。

さらにこのプラグインは、ユーザーが開発したものが大半のため、自然と「ユーザーファースト」な設計になっているのです。

5. サイトやブログの更新が行いやすい!

この「更新」がCMSのポイントなのですが、プログラミングの細かな知識がなくても、更新を行うことが出来ます。

実際には、Wordpressでは「投稿」「固定ページ」の2種類をうまく使い分けていき、ブログ、新着情報、LP、CTAなど、幅広く対応ができます。

6. デザインのテンプレート(テーマ)がある!

また、Wordpressにはデザインがある程度テンプレート化されているテーマというものが存在するため、このテーマを導入するだけで、比較的HPが綺麗になるのもメリットです。

このテーマについては国産も海外産もどちらも結構ありますので、実はWordpressではテーマを選ぶのも楽しみの一つです。

WordPressを使うデメリット

逆に、wordpressを使うデメリットもあります。

1.内部構造が分かりづらい

CMSという構造は、ユーザーが更新しやすくしている代わりに、内部のプログラミング構造はやや複雑です。

少しのスキルや知識程度では全ての解読は難解のため、全体像が理解しにくいのが現実です。

実際に利用していてそこまで気にすることはありませんが、細かな機能を実装したい場合などは、やはりある程度はプログラミングができた方が良いでしょう。

2.たまにエラーが起きる

続いて、上のデメリットにも付随するのですが、エラーが起きてページが開けなく成る瞬間があります。

そこで、内部構造が分かっていないと、エラーの原因がわからないことがあるのです。そのため、下手をすると「記事データが全てなくなってしまった…」ということも起こります。

実際にこのような事態はあまりありませんが、実際にWordpressでサイトを運用する際には、こまめにバックアップを取っておくのがおすすめです。

WordPressを使ったWebサイトの作り方

WordPressを使ったWebサイトの作り方の流れは以下のようになります。

  1. レンタルサーバーとドメインを契約する
  2. WordPressをインストールする
  3. 必要な要素を書き出してマップにする
  4. ロゴ・アイコンを用意する
  5. 画像を用意する
  6. フレームワーク・カンプを作る(デザインを考える)

別の記事でWordPressでのサイト制作について詳しく説明しておりますので、そちらをご覧ください。

あわせて読みたい
social 2470875 - wordpressとは?CMSとは?初心者が分かるように簡単解説!
wordpressでホームページを作成したい人向けの基礎知識とやり方まとめ「wordpressでホームページを作りたい!ただ、何から始めたら良いのか分からない!」という方も、いらっしゃるのではないでしょうか? ...

WordPressのサイト構築にかかる料金

WordPressのサイト構築でお金がかかるのは、ドメインとレンタルサーバーの2つです。

テーマは、無料テーマと有料テーマがあります。できるだけお金を掛けたくないということであれば、無料テーマを使っていただければOKです。

ドメインは、使用するドメインによって金額は様々です。年間で1000~5000円の間が多いです。レンタルサーバーは1か月500~5000円の間が多いです。

ただし、料金によって利用できるデータの容量などが異なってきます。安いレンタルサーバーの場合、WordPressが使用できないこともあるので注意が必要です。

WordPressでWebサイトを構築する上での注意点

HTMLやCSSの知識がなくても、WordPressを使えばWebサイトを制作できます。簡単にできる分、セキュリティ対策にも力を入れる必要があります。

そこで、WordPress初心者の方にはぜひ知っておいてもらいたい注意点を紹介します。

バックアップを取る

テーマを変更したり、レイアウトを変更したりすると、管理画面が真っ白な表示になり、正しくログインできなくなることがあります。

デザインを変更すると、元に戻せなくなることもあるので、注意が必要です。

テーマやレイアウトの変更などデザイン関わる部分に触れる際には必ずバックアップを取っておきましょう。バックアップがあれば、ログインできなくなってもすぐに元の状態に戻せるようになります。

プラグインを多用しすぎない

WordPressはプラグインを使うことで、HTMLやCSSの知識がなくても簡単に扱うことができます。

そのプラグインがWebサイトに対して負荷を与えてしまい、表示速度が遅くなってしまいます。

表示速度が遅くなることで、SEOにも影響を及ぼすことがあります。Webサイトの表示が2秒遅くなることで、直帰率が50%UPするというデータもあります。そのため、使用するプラグインは多くなりすぎないように注意しましょう。

WordPressの脆弱性には要注意!

先ほどもお伝えしたように、WordPressはオープンソースのブログ作成システムです。そのため、脆弱性が発見されやすく、ハッキングされやすいです。

実際にWordPressへの攻撃事例も上がっています。WordPressやプラグインで最新バージョンが公開されたら、すぐにバージョンアップを行いましょう。

また、最後のアップデートから2年以上放置されているプラグインは要注意です。

WordPressの脆弱性については、以下の記事で詳しく説明しておりますので、そちらをご覧ください。

あわせて読みたい
cyber security - wordpressとは?CMSとは?初心者が分かるように簡単解説!
WordPressの脆弱性対策!事前にできるセキュリティ対策まとめ2017年の2月に国内のCMSで圧倒的なシェアを誇っているWordPressに脆弱性が発見されました。 これによって、コンテンツ(...

WordPressの種類は?

laptop 593673 640 - wordpressとは?CMSとは?初心者が分かるように簡単解説!

WordPressには「ソフトウェア版」と「無料ブログサービス版」の2種類があります。ここでは、2つの特徴をそれぞれ紹介します。

この2つを間違えてしまう方も多いので注意しましょう。

WordPress.org(ワードプレス・ドット・オーグ)

WordPress.org」は、WordPressのソフトウェアの開発・公開しているWebサイトです。自分でサーバーと独自ドメインを用意する必要があります。

自分で用意したサーバーにWordPressをインストールして使う仕組みになっています。

手間はかかりますが、利用規約に縛られずにWebサイトを運営することができます。そのため、Webサイト上でアフィリエイトを行うことができ、ブログから収入を得ることもできます。SEOに強い構造になっているのもメリットの一つです。

WordPress.com(ワードプレス・ドット・コム)

WordPress.com」は、レンタルブログサービスのWordPressです。

あらかじめ、ブログに必要なツールがサーバー上に用意されているので、申し込んだ瞬間からブログ運営を始めることができます。

「無料」、「パーソナル」、「プレミアム」、「ビジネス」の4タイプのプランが用意されています。使用できる容量や料金が異なります。アクセス解析で有名なGoogle Analyticsは、ビジネスプランのみ導入することができます。

「アメブロ」や「はてなブログ」のように、利用規約が厳しく設定されています。規約違反をした場合、ブログが消されてしまうこともあります。

ですので、こちらは正直あまりおすすめできる方法ではありません。

WordPressやCMSに関するまとめ

以上、いかがでしたか?

今回は、CMSやWordPressの特徴についてお伝えしました。WordPressは、テーマやプラグインが充実しているので、初心者でもWebサイトを作ることができます。

SEOに強いCMSとして有名なので、WordPressを使ってWebサイトを作ることをおすすめします。具体的な手順は下記に記載しております。

あわせて読みたい
office 2420247 - wordpressとは?CMSとは?初心者が分かるように簡単解説!
wordpressでのサイト作成手順を知識ゼロの初心者に1から説明してみた「wordpressでwebサイトを作りたい!でも、作り方は何も分からない…」といった方から、よく質問をいただきます。 確かに、w...

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。