ワードプレスのサイト運営

ワードプレスのレンタルサーバー移行で、データベースを移動する方法についてご紹介します。

基本的に自分でやるよりもすでにあるツールを利用する方が簡単なのですが、今回は自分でやる場合とレンタルサーバーのツールを使う場合、プラグインを使う場合に分けてご紹介します。

ワードプレスのサーバー移行・移転でデータベースを移動する場合は?

web agency 1738168 640 530x398 - ワードプレスのレンタルサーバー移行でデータベースを移動する方法

ワードプレスのデータベースの移行は、大きく以下の3つの手順で行います。

  1. 旧データベースのmysqlファイルをエクスポート
  2. mysqlファイルの書き換え
  3. 新データベースにインポート

移行前には必ずバックアップを取っておくことをおすすめします。どこかで失敗してしまった際は、すぐに元に戻すことをオススメします。

データベースに含まれている情報を確認する

まず、一度、データベース内に含まれている情報を確認しておきましょう。

  • 記事などのテキストHTMLコンテンツ
  • 画像コンテンツなどのディレクトリパス(URLのみ。データ自体はWPファイル内)
  • プラグインの設定情報
  • ユーザーの情報

これらの情報の在り処を理解しておくと、エラー時の対処が楽になります。

旧データベースのmysqlファイルのエクスポート

続いて、旧データベースからmysqlファイルのエクスポートを行います。

export 1 - ワードプレスのレンタルサーバー移行でデータベースを移動する方法

※エクスポートの説明にはエックスサーバー0 - ワードプレスのレンタルサーバー移行でデータベースを移動する方法の画像を利用しています。

expot - ワードプレスのレンタルサーバー移行でデータベースを移動する方法

mysqlファイルの書き換えをする

mysqlファイルをエクスポートしたら、次にパス情報を書き換えます。こちらはテキストエディタか、Web上に上がっているフリーのツールを使うことをオススメします。

sql 1024x693 - ワードプレスのレンタルサーバー移行でデータベースを移動する方法

sqll 1024x424 - ワードプレスのレンタルサーバー移行でデータベースを移動する方法

ツールを使って、Web上で置換をすることも可能です。

なお、サーバー移行時にログインができなくなったら、WordPressにログインできないパターンと対処方法についての解説記事を確認してみて下さい。

404エラーやIPアドレス関連、リダイレクトなどログイン出来ない原因は複数あるので、一つ一つチェックされて見るのがおすすめです。

WordPressのサーバー移行はConohaWingが簡単でおすすめ

conoha wing 530x236 - ワードプレスのレンタルサーバー移行でデータベースを移動する方法

ちなみに、東証一部上場企業のGMOインターネットグループが提供するレンタルサーバーのConohaWingであれば、WordPressかんたん移行サービスを提供しています。

筆者も別のサイトではレンタルサーバーはConohaWingを利用していますが、ConohaWingは月額で利用料が課金されるタイプのレンタルサーバーです。

63de711d060086a73ca48a36f2765fa0 530x177 - ワードプレスのレンタルサーバー移行でデータベースを移動する方法
公式サイト:https://www.conoha.jp/wing0 - ワードプレスのレンタルサーバー移行でデータベースを移動する方法

当初の無料お試し期間がない代わりに、月額課金のためやめたいと思った時にすぐにやめられるのが特徴です。ワードプレスの移行作業がめんどくさいという方は、ConoHa Wingのワードプレス簡単移行ツールを試してみるのもおすすめです。

ConoHa Wingの公式サイトへ0 - ワードプレスのレンタルサーバー移行でデータベースを移動する方法

ConohaWingの移行に関する口コミ

Conoha Wingに関する口コミを確認してみると、無事移行が完了している人もいれば、うまくいかなかった方もいるようでした。

ConoHa Wingの口コミへ

WordPressのレンタルサーバー移行でおすすめのプラグインはAll in one wp migration

a6d9f1a62864619922af72cce4027a25 530x261 - ワードプレスのレンタルサーバー移行でデータベースを移動する方法

ちなみに、ワードプレスのレンタルサーバー移行は、プラグインのALL IN ONE WP MIGARTIONを使うことで簡単に完了することができます。

こちらは本当に簡単で、プラグインを導入してデータを一式ダウンロードして、新しいサイトにアップロードするだけでサーバーの移行が完了してしまいます。筆者もこちらの方法でサーバーを移行したことがありますが、あまりの簡単さに驚いたほどです。

プラグインでのサーバー移行の具体的なやり方はこちら

ただし、容量が大きいと有料プランでないとダメなため、若干の費用はかかります。Conoha Wingのツールを使うのも良いですし、このようなプラグインを活用されるのも良いかと思われます。

ConoHa Wingの公式サイトへ0 - ワードプレスのレンタルサーバー移行でデータベースを移動する方法

おすすめの記事