WordPress

WordPressの有料ブログテーマ5選!日本語のおすすめテンプレートを厳選紹介

keni - WordPressの有料ブログテーマ5選!日本語のおすすめテンプレートを厳選紹介

WordPressでブログを更新していく際に、「有料テーマを使おう」と思う時があるかもしれません。

そこで今回は、有名ブロガーやアフィリエイターさんなどが使っているような、初心者にも使いやすい有名な有料なテーマで、日本語に対応しているテーマをご紹介します。

【ブログ向け】WordPressの有料テーマおすすめ5選

1. ALBATROS(アルバトロス)

 

albatros - WordPressの有料ブログテーマ5選!日本語のおすすめテンプレートを厳選紹介

https://open-cage.com/albatros/0 - WordPressの有料ブログテーマ5選!日本語のおすすめテンプレートを厳選紹介

まず、「ALBATROS0 - WordPressの有料ブログテーマ5選!日本語のおすすめテンプレートを厳選紹介」は、マーケティングブロガー専用テーマとして配布されています。

「誰が使っても美しい」をコンセプトにしているため、シンプルなデザインで見やすいテーマになっています。

具体的には、以下のような機能が用意されています。

  • モバイルファースト(スマホでも見やすいように設計されている)
  • ウィジェット機能
  • ショートコード
  • ランディングページ作成機能
  • SNSボタン
  • トップページへのスライドショー

「美しいデザイン」をコンセプトにして設計されたテーマになっているため、テーマを導入する際にデザインの微調整がほとんど必要ありません。

そのため、デザインに拘りたいけれども、自分で色々とカスタマイズするのは苦手…という方にはおすすめです。

ただし、サポート期間は購入してから30日間なので、注意しましょう。

ALBATROSの公式サイトへ0 - WordPressの有料ブログテーマ5選!日本語のおすすめテンプレートを厳選紹介

2. Hummingbird(ハミングバード)

 

hummingbird - WordPressの有料ブログテーマ5選!日本語のおすすめテンプレートを厳選紹介

https://open-cage.com/hummingbird/0 - WordPressの有料ブログテーマ5選!日本語のおすすめテンプレートを厳選紹介

続いて、「ハミングバード0 - WordPressの有料ブログテーマ5選!日本語のおすすめテンプレートを厳選紹介」は、ブロガー専用テーマとして提供されています。アニメーション効果を使って、コンテンツを目立たせることを特徴にしたテーマです。

具体的には、以下のような機能が用意されています。

  • 便利なウィジェット機能
  • ランディングページ作成機能
  • SNSボタン
  • スライドショーの設置

テーマデザインの変更も管理画面から簡単にできるため、HTMLやCSSの知識がなくてもOKです。

また、テーマを導入する際のデザインの微調整がほぼ必要ないので、その分コンテンツ制作に時間を掛けることができます。

アルバトロスと同じく、デザインにこだわりたい方はハミングバードを利用されるのが良いでしょう。

Hummingbirdの公式サイトへ

3. 賢威

keni - WordPressの有料ブログテーマ5選!日本語のおすすめテンプレートを厳選紹介

https://rider-store.jp/keni/0 - WordPressの有料ブログテーマ5選!日本語のおすすめテンプレートを厳選紹介

続いて、SEOに強い有料テーマと言えば知らない人はいないであろう、「賢威0 - WordPressの有料ブログテーマ5選!日本語のおすすめテンプレートを厳選紹介」です。

Webマーケティングチームの「ウェブライダー」が提供しているテーマです。SEOに関するノウハウが詰め込まれているので、15,000人のユーザーが使っています。

テーマだけでなく、「SEO戦略マニュアル」も付いています。SEOに関する技術的な内容だけでなく、コンテンツ制作マニュアルも用意されています。

具体的には、以下のような機能が用意されています。

  • レスポンシブ対応
  • デザインカスタマイズしやすい
  • HTMLとWordPressの2形態のテンプレート付き
  • ページごとにカラムを変更できる
  • 賢威テンプレートメーカー(好きなテンプレートを作成可能)
  • SNSボタンの実装が可能
  • ランディングページのテンプレート付き

「SEOに強い」テーマとして有名ですし、SEOに関するノウハウがテーマや付属品であるマニュアル、サポートに凝縮されています。

とにかくSEO対策を万全にしたい方には、おすすめのテーマです。

賢威の公式サイトへ0 - WordPressの有料ブログテーマ5選!日本語のおすすめテンプレートを厳選紹介

4. MAG

mag - WordPressの有料ブログテーマ5選!日本語のおすすめテンプレートを厳選紹介

http://design-plus1.com/tcd-w/tcd036

「MAG」は、全てのブロガーに捧げるアクセスと収入を同時に上げるためのブログテンプレートとして公開されています。

文字や余白スペースは、1px単位でこだわってレイアウトを考えています。具体的には、以下のような機能が用意されています。

  • 広告管理機能
  • SNSボタン
  • レスポンシブ対応
  • モバイルファースト
  • レイアウト変更機能
  • 日本語、英語対応
  • 関連記事一覧表示
  • 「metaタイトル」、「metaディスクリプション」の設定機能
  • ウィジェット機能

その他にも様々な機能が用意されています。見た目のインパクトや無駄なスペースを失くしたレイアウト、広告配置など細かな部分までこだわって作られています。

5. AFFINGER4

affinger - WordPressの有料ブログテーマ5選!日本語のおすすめテンプレートを厳選紹介

http://affinger4.com/

最後に、「AFFINGER4」は、アフィリエイトやアドセンスに特化したテーマです。

アフィリエイトに特化したテーマになっているため、WordPressを使ってアフィリエイトを行うときに便利な機能が用意されています。

主な機能は以下の通りです。

  • レスポンシブ対応
  • SEO対策に必要な機能(「metaタグ」や「metaディスクリプション」など)
  • アドセンス広告やアフィリエイト広告の作成機能
  • AMP対応
  • 会話風吹き出し機能
  • YouTube背景機能
  • レイアウト変更機能(カラム変更機能)
  • ランキング作成機能
  • ウィジェット機能

その他にも「稼ぐサイトの設計図」というPDFマニュアルも付いているため、これからアフィリエイトをやろうと思っている方にはおすすめのテーマです。

そもそもWordPress有料テーマのメリットは?

template 1599665 640 - WordPressの有料ブログテーマ5選!日本語のおすすめテンプレートを厳選紹介

WordPressには、無料テーマと有料テーマがありますが、有料テーマの価格帯は、一般的には5000円~15000円程度です。

当然、お金がかかるという点がデメリットですが、一方で有料テーマには以下の5つのメリットがあります。

  1. 初心者でも簡単に使える
  2. SEO対策が施されている
  3. サポート体制がある
  4. 何もしなくてもデザインが出来上がっている
  5. カスタマイズしやすい

① 初心者でも簡単に使える

まず、有料テーマは機能面に優れているのが特徴です。そのため、知識のない初心者の方でも、簡単に使えることができます。

マニュアルが整備されていたりもするため、初心者でも疑問なく簡単に使えます。そのため、ネットで色々と調べる手間を削減してくれるのです。

② SEO対策が施されている

続いて、有料テーマとあるだけ、SEO対策などのことは基本的に完備されています。記事の執筆以外に、考えることが少ないです。

特にアフィリエイト用の機能は、有料テーマの場合はしっかりカバーされています。楽天やアマゾンアソシエイトが行いやすかったりもします。

③ サポート体制がある

有料テーマの中には、サポート体制があるテーマもあります。そのため、何か分からなくなったら、質問をする先もあります。

④ 何もしなくてもデザインが出来上がっている

無料テーマに比べて、有料テーマはすぐに使っても、デザイン崩れを感じさせません。

⑤ カスタマイズしやすい

無料テーマの場合、カスタマイズはプログラミングの知識がないと大変です。

一方、有料テーマでは、管理画面から簡単にカスタマイズできるように機能がついていたりするので、ワードプレスに詳しくない方には適しています。

WordPressの有料テーマの利用が向いている人は?

このようにメリットを確認してみると、実は有料テーマは初心者向けであることが分かります。

無料テーマを利用する場合は、ある程度CSSでカスタマイズができたり、SEO対策を施せる知識が必要となります。

一方で、有料テーマであれば、最初からおしゃれなデザインのテーマで、機能も充実しており、SEO対策もなされているので、自分は記事を書くことに専念することができるのです。

毎回分からないことにぶつかった際に検索していては、調べるだけで膨大な時間がかかってしまいます。このような時間の削減にもなるのが、有料テーマなのです。

有料テーマをインストールする流れ(例:STORK)

STORK 1 530x236 - WordPressの有料ブログテーマ5選!日本語のおすすめテンプレートを厳選紹介

最後に、有料テーマをインストールするための流れをご紹介します。インストールするための準備としては、有料テーマのダウンロードが必要となります。

ダウンロードするテーマによって若干異なりますが、基本的には以下のような流れになります。

  1. 有料テーマ販売サイトで申込
  2. 申し込み後、支払先のリンクがついたURLが届く
  3. 支払い完了後、ダウンロードサイトのURLが記載されたメールが届く
  4. ダウンロードして任意の場所に保存する
  5. ダウンロード後、テーマのファイルを圧縮する

例えば、OPENCAGEが販売するSTORKであれば、まずはこちらのSTORKの公式サイト0 - WordPressの有料ブログテーマ5選!日本語のおすすめテンプレートを厳選紹介から「カートに入れる」ボタンをクリックします。

0603a2343c866270cd02d83df4414ccf 530x236 - WordPressの有料ブログテーマ5選!日本語のおすすめテンプレートを厳選紹介
その後、カートの中身を確認します。

6f642d399ab05af67b86f7dad8505891 530x245 - WordPressの有料ブログテーマ5選!日本語のおすすめテンプレートを厳選紹介

問題がなければ、会員情報を入力します。

8d39f8025773d1d49890a77cc2c2ba69 530x236 - WordPressの有料ブログテーマ5選!日本語のおすすめテンプレートを厳選紹介

その後、お支払い方法を入力し、内容を確認して購入します。そうすると、メールが届きますので、ファイルをダウンロードします。

有料テーマを運営サイトで有効化する方法

こうして準備が完了したら、次は有料テーマをインストールして有効化します。

インストールから有効化するまでの方法は、無料テーマの場合とほぼ同じ流れで行うことができます。具体的には、下記の手順となります。

  1. WordPressの管理画面にログインする
  2. ログイン後、左側のメニューから「外観」→「テーマ」をクリックする
  3. テーマ編集ページに切り替わったら「新規追加」→「テーマのアップロード」をクリックする
  4. 「ファイルを選択」をクリックし、インストールしたいテーマを選択する
  5. インストール後、「有効化」をクリックする

こうすると、有料テーマを利用することができます。最後まで読んでいただきありがとうございました。

ご紹介したWordPressの有料テーマ(日本語)一覧

テーマ名 概要
ALBATROS0 - WordPressの有料ブログテーマ5選!日本語のおすすめテンプレートを厳選紹介 SEO&デザイン重視のテーマ
Hummingbird0 - WordPressの有料ブログテーマ5選!日本語のおすすめテンプレートを厳選紹介 SEO&デザイン重視のブロガー専用テーマ
権威0 - WordPressの有料ブログテーマ5選!日本語のおすすめテンプレートを厳選紹介 とにかくSEO対策重視のテーマ
 MAG とにかくアクセス重視のテーマ
Afiinger とにかくアフィリエイト重視のテーマ

ぜひ自分にあったテーマで素敵なサイトを作ってくださいね。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。