WordPress.com 無料のサイトやブログを作成 (1)

ワードプレスの公式サイトから有料プラン(https://ja.wordpress.com/)を申し込もうとした場合、いくつかプランがあります。

当サイトもワードプレスを使ってサイトを運営していますが、実は「パーソナルプラン・プレミアムプラン・ビジネスプラン・eコマースのプラン」のどの有料プランも利用していません。理由は全くメリットがなく、そもそもワードプレスは無料で使えるからです。

ワードプレスを運営する方法には2種類あり、今回はその違いも踏まえて初心者向けにワードプレスのおすすめの始め方をご紹介します。

ワードプレスの始め方には2種類あるので初心者は失敗しないように注意!

70877a83b9e167b85c657a4182d13152 530x271 - ワードプレスのプラン比較!ビジネス・プレミアム・パーソナルの違いとおすすめの始め方

まず、そもそもワードプレスには2種類あります。

① 無料のCMSとしてのワードプレス

一つ目は、無料のコンテンツマネジメントシステム(CMS)としてのワードプレスです。

ワードプレスという無料で配布されているシステムをダウンロードして、それをサーバーにアップロードして、サイトを運営する方法です。当サイトはこの方法でサイトを運営しています。別途レンタルサーバーに契約する費用はかかりますが、有料プランとしてのワードプレスよりも料金は安く、機能制限などもありません。

後ほど始め方の詳細はお伝えしますが、世の中のほとんどのサイトはこの方法で運営されています。

② 有料プランとしてのワードプレス

一方もう一つの方法が、有料プランとしてのワードプレスを契約する方法です。

https://ja.wordpress.com/の公式サイトから有料プランを契約してしまう方法です。実はこれが初心者がはまってしまう落とし穴で、有料プランを契約するメリットは全くないのです。。

ワードプレスの有料プランを比較!初心者におすすめはどれ?

4c0dedf74cd1c67506273b59bb56bb65 530x296 - ワードプレスのプラン比較!ビジネス・プレミアム・パーソナルの違いとおすすめの始め方

ワードプレスの有料プランには、以下の4種類があります。

  1. パーソナル
  2. プレミアム
  3. ビジネス
  4. eコマース

正直なところおすすめのプランは一つもありません。。と言いますのも、当サイトと同じように、レンタルサーバーに契約してワードプレスをダウンロードすれば、上記の有料プランの「ビジネスプラン」以上の機能が一気に手に入るからです。

具体的には、上記で契約するとビジネスプランでないと、「プラグインのインストールやテーマのアップロード、WordPress.comのブランド表示の削除」などは全て行えませんが、そもそもレンタルサーバーで契約すればそれらの機能はデフォルトでついています。

プラグインというのは機能拡張ツールですが、それがないとお問い合わせフォームなども設置できませんし、人気記事のランキング表示などもできません。また、テーマというのはデザインテンプレートのようなものですが、それがアップロードできないということは、おしゃれなホームページも作りづらいということです。

さらに、ワードプレスのビジネスプランは月額なんと2,900円、年間合計34,800円もしますが、当サイトは月額1,000円以下で運営しています。具体的にはエックスサーバーに契約して、初年度は初期費用3,000円の年間合計16,500円、翌年度は13,000円程度で運営できています。

ワードプレスのビジネスプランを契約したとしてもメリットは全くない

web 3967926 640 530x307 - ワードプレスのプラン比較!ビジネス・プレミアム・パーソナルの違いとおすすめの始め方

以上のように、ワードプレスの有料プランというのは、ビジネスプランを契約したとしても、ほとんどメリットがありません。

高い費用を払って、ようやく通常のワードプレスでのサイト運営ぐらいの機能を得られるのです。それでは通常はどうやってサイトを運営しているのかというと、以下の手順でワードプレスの運営を行なっています。

  1. レンタルサーバーを選び、レンタルサーバーに契約する
  2. ドメイン業者を選び、ドメイン業者からドメインを取得する
  3. レンタルサーバーにドメインを追加する(合わせてドメインのネームサーバーを変更する)
  4. レンタルサーバー業者からワードプレスをインストールする
  5. ワードプレスでサイト運営を始める

当サイトも上記の手順でサイトを運営しています。それでは続いては上記の手順の詳細をご紹介します。

ワードプレスに対応しているレンタルサーバーを選んで契約する

05c6b6cd7a0cae4756e929236f112bc0 530x267 - ワードプレスのプラン比較!ビジネス・プレミアム・パーソナルの違いとおすすめの始め方

【公式サイト】https://www.xserver.ne.jp/

まずはワードプレスに対応しているレンタルサーバーを選びます。

当サイトはエックスサーバーでサイトを運営していますので、その始め方をご紹介します。ちなみに当サイトがエックスサーバーを選んでいる理由は、ワードプレスのインストールが簡単なのと、初心者でも使いやすいからです。

さらに、アクセス数が増えてもサーバーが安定しており、サイトの表示速度も早く、セキュリティ面でも安心だからです。もちろん、さらに安いレンタルサーバーにはロリポップ!(スタンダードプランで年間7,500円)などがありますが、その分機能面では劣る部分もあります。

総合的に判断して、当サイトではエックスサーバーを利用しています。エックスサーバーは当初10日間は無料で利用することができますので、どんなものか使用してみて判断したい方は、無料期間で色々と吟味されるのがおすすめです。

なお、ドメイン業者は当サイトはお名前.comを利用していますが、エックスサーバーでもドメインは取得できますので、それでも問題ないでしょう。こうしてエックスサーバーに契約して、ドメインを取得したら、あとはエックスサーバーからワードプレスをインストールするだけです。

エックスサーバーの公式サイトへ0 - ワードプレスのプラン比較!ビジネス・プレミアム・パーソナルの違いとおすすめの始め方

レンタルサーバーからワードプレスをインストールして始める方法

a20e9b3febfef3c9ec0c37985147b5a0 530x347 - ワードプレスのプラン比較!ビジネス・プレミアム・パーソナルの違いとおすすめの始め方
エックスサーバーへの契約が完了したら、管理画面に入ります。

そうすると「WordPress」の欄がありますので、そこから「WordPress簡単インストール」をクリックします。そうするとインストール先を選べますので、新しく追加したドメイン(当サイトの場合はwebcodezero.com)にWordPressをインストールします。

その際には、サイトのタイトル、ユーザー IDとPWなどを決める必要がありますので、あらかじめ決めておきましょう。そうしてワードプレスを無事インストールできたら、以下のようなワードプレスの管理画面に入れるようになります。

000a07e38dc2ba6407ef615acd29e42b 530x226 - ワードプレスのプラン比較!ビジネス・プレミアム・パーソナルの違いとおすすめの始め方

ワードプレスの管理画面に入れたら、色々とサイトの運営を行うことができるようになります。このようにエックスサーバーでのワードプレス(WordPress)のインストール手順はとても簡単ですので、初心者の方はぜひ一度エックスサーバー0 - ワードプレスのプラン比較!ビジネス・プレミアム・パーソナルの違いとおすすめの始め方の利用を検討してみてください。

エックスサーバーで運営する場合は「無料SSL設定」を忘れずに行う

ssl 530x182 - ワードプレスのプラン比較!ビジネス・プレミアム・パーソナルの違いとおすすめの始め方

エックスサーバーでサイトを運営する場合、「SSL設定」を無料で完了させることができます。

こちらのSSL設定を行なっていないと、サイトのURLが「http〜」のままになってしまいます。「http〜」から始まるサイトのままの場合、Googleがサイト訪問者に危ないサイトとして警告し、せっかくのサイトがGoogleの検索上で表示されなくなってしまいます。

SSL設定を行ってサイトをhttps化することでGoogleで表示させることができる

そこで、こちらの「SSL設定」を行うことで、サイトのURLを「https〜」に変更します。

そうすることで、「このサイトはしっかりとセキュリティ対策がなされたウェブサイトである」ことをGoogleに認識してもらいます。これによって、サイトに訪問してきてくれた人に、無事サイトを表示させることができるのです。

エックスサーバーでは、SSL設定の画面からボタンをクリックするだけで完了します。実はこのSSL設定が、他のレンタルサーバー(さくらのレンタルサーバーなど)では有料の場合もありますので、単純に月額料金が安いからといって安易にレンタルサーバーに契約しないことをお勧めします。

ワードプレスの管理画面からサイトのURLを変更する

https 530x162 - ワードプレスのプラン比較!ビジネス・プレミアム・パーソナルの違いとおすすめの始め方

その後、ワードプレスの管理画面にログインして、設定の「一般設定」をクリックします。そこでWordPressアドレス(URL)とサイトアドレス(URL)の部分を、「http」から「https」に変更して更新します。

そうすると管理画面から一度ログアウトしますが、再びログインすれば無事に「https〜」のサイトとして利用できるようになります。

このSSL設定の対応をしておくことで、Googleに「運営しているサイトが安全なサイトである」として認識してもらえますので、ワードプレスを始める場合はあらかじめ一番最初に必ず設定しておきましょう。

上記が終わればいろんな機能制限を気にせずワードプレスでサイト運営をすることができますので、初心者の方はまずはエックスサーバー に契約し、そこからワードプレスをインストールする方法で始めるのがおすすめです。

エックスサーバーの公式サイトへ0 - ワードプレスのプラン比較!ビジネス・プレミアム・パーソナルの違いとおすすめの始め方

エックスサーバーでワードプレスを始める方法の詳細はこちら

おすすめの記事