WordPress

WordPressとMovableTypeの違いは?メリット・デメリットを比較してみた

j - WordPressとMovableTypeの違いは?メリット・デメリットを比較してみた

「CMSについていろいろと調べていると、MovableTypeというCMSを見つけたんだけどWordPressとどっちがいいの?違いはなんなの?」という質問を受けましたので、記事にしてみました。

「Movable Type」はブログだけでなく、Webサイト単位でのWebページやファイルの管理、更新履歴の保存などCMSとしての基盤を進化させたパブリッシングプラットフォームです。(Movable Type公式サイトより)

基本的にMovableTypeは「大規模なサイトや複数サイト運営が可能」と覚えておいてもらえれば、大丈夫です。

個人的には、自分の知識の多い方、又は仕事のタイプに合っている方で良いとは思いつつも、WordPressの方が好きではあります。

WordPressとMovableTypeがおすすめな人は?

最初に結論だけ纏めておきます。

以下に当てはまる方は、WordPressをおすすめします。

  • プログラミングやデザインの初心者
  • 多少PHP言語の知識がある
  • 決まったテーマやテンプレートを使いたい

一方、以下に当てはまる方は、MovableTypeをおすすめします

  • 有償でも構わない
  • 公式のサポートが欲しい
  • 複数ブログを管理する予定

Movable Typeは、営利目的で使用する場合は、ライセンス料(9万円/年)が必要になります。

非営利目的の場合は無償ライセンスで使用することができますが、スマホ向けのサイトを作る場合には、またもや有料のプラグインを購入する必要があります。

もしかすると、記事の表示速度の時間などは、MovableTypeの方が早いかもしれません。

ですが、MovableTypeには構築時間などもあったり、ネット上にWordpressより情報が少なかったりしますので、一概にその点だけでMovableTypeを選択されるのは危険です。

WordPressとMovableTypeの仕様の違い

working 2618559 640 - WordPressとMovableTypeの違いは?メリット・デメリットを比較してみたそれでは、大まかな仕様の違いです。

WordPressの仕様

  • 開発言語:PHP
  • データベース:MySQL
  • コンテンツ:動的生成
  • ライセンス:無償で商用利用可
  • 複数ブログ機能:基本的には1つのブログ ※設定で複数可能になる
  • インストール:手動
  • 再構築:無し
  • プラグイン:非常に多数
  • サポート:無し ※オンラインコミュニティなどで解決は可能

MovableTypeの仕様

  • 開発言語:Perl
  • データベース:MySQLSQLite
  • コンテンツ:動的・静的どちらも
  • ライセンス:個人利用以外は有償
  • 複数ブログ機能:基本搭載
  • インストール:複数プランあり
  • 再構築:有
  • プラグイン:少数
  • サポート:公式(有料)

仕様を見比べてもイメージし辛いかと思いますので、WordPressとMovableTypeのメリット・デメリットを以下にまとめてみました。

WordPress(ワードプレス)のメリット

【プログラミング初心者にも簡単】

WordPressは、HTMLやCSSなどの知識がない方でも扱えるようになっています。

しかし、Movable Typeでは用意されているプラグインが少ないこともあり、HTMLやCSSを自分で編集する必要があります。

【費用が安い】

まず、WordPressを運用する上では、費用が安いです。そもそもWordpress自体は無料で、有料ドメイン+レンタルサーバーで運用しても、年間数千円〜数万円程度の費用です。

有料プラグインライセンスや有料テーマなどもありますが、せいぜい数千円〜数万円が一般的ですので、圧倒的にコスパが良いです。

【テーマ・テンプレート・プラグインの数が豊富】

続いて、Wordpressの場合は、ユーザーがテーマやテンプレートを作成して公開できます。そのため、非常に大量にツールが存在しており、その中から選ぶことができます。

【PHPが開発言語】

また、WordpressはPHPが開発言語です。

PHPはプログラミング言語の中でも修得が比較的しやすい言語でもあるので、簡単なカスタマイズくらいであれば早い段階で取り組めるようになります。

【ネットに情報が多い】

最後に、Worpressはユーザーが多い分、情報発信量も多いです。そのため、Wordpressのほとんどの悩みは検索して調べれば解決します。

WordPress(ワードプレス)のデメリット

【閲覧環境によっては表示が遅い】

WordPressはファイルの出力構造上、ユーザーの回線環境に影響されます。テーマが重いものだったりすると、表示までに結構時間がかかります。

【公式サポート無し】

また、Wordpressの場合は、何か問題が起きても、公式サポートはありません。

そのため、トラブルがあっても「自分で解決する」か、「WordPressの知識がある方に解決してもらう」の2つの方法しかありません。

ただし、基本的には検索すれば解決することが多いですし、最近ではプログラミングスクールもWordpressコースを提供しています。

Wordressの幅広い知識を体系的に身につけたい方は、最初からそれらのプログラミングスクールを活用するのがおすすめです。

あわせて読みたい
codecamp 320x180 - WordPressとMovableTypeの違いは?メリット・デメリットを比較してみた
CodeCampのwordpressコースとは?評判やメリット・デメリットをまとめてみた今回は、wordpressでサイトを立ち上げたい…wordpressについて体系的に効率良く勉強したい…という方に向けておすすめの、プロ...
あわせて読みたい
bb82657d7dfc39cf93e1c9ff51cb9a82 320x180 - WordPressとMovableTypeの違いは?メリット・デメリットを比較してみた
TechAcademyのwordpressコースとは?評判やメリット・デメリットまとめ今回はもう少しwordpressについて詳しくなりたい…という方に向けて、大手オンラインプログラミングスクールのTechAcademyの...

MovableTypeのメリット

【閲覧環境に依存しにくい】

HTMLファイルを生成し、それを表示するため、WordPressに比べて早く表示できる可能性が高いです。

【複数のブログ管理】

デフォルトで複数ブログを管理できます。

【公式サポートがある】

問題が起きたらここに相談するというサポートがあります。

Movable Typeは有償ではありますが、1年間は開発元から公式サポートが受けられます。そのため、わからないことがあっても、すぐに解決することができます。

MovableTypeのデメリット

【有償】

個人利用以外はお金がかかります。

【再構築】

表示する時に時間がかからない分、構築という手間が必要になります。

【プラグインの数】

公開されているプラグインが少なく、有償であることがあります。

WordPressとMovableTypeの比較まとめ

以上になりますが、基本的には初心者から上級者まで、Wordpressを利用された方が、のちのちの運用面でも困ることが少ないのかなと思われます。

特にMovableTypeの場合は公開されているプラグインも少なく、自分が欲しい機能を実装するのが難しい場面なども出てくるかもしれません。

WordPressはプログラミング初心者の方でも、簡単におしゃれなテンプレートで綺麗なサイトを作ることができますので、基本的にはWordpressを利用されるのがおすすめです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。