WordPress

ワードプレスは儲からない?具体的な稼ぎ方を初心者に紹介

salary 1542934039 - ワードプレスは儲からない?具体的な稼ぎ方を初心者に紹介

ワードプレスは儲かる?稼げる?という疑問をお持ちの方に、ワードプレスでのサイト運営や売却経験がある筆者がお答えします。

最近は「ブログで稼いだ!」というブロガーがSNS上には増えてきましたが、彼らの多くが利用しているのがワードプレスです。

ワードプレスで儲ける方法の種類には何があるの?

まず、ワードプレスで儲ける、稼ぐ方法のメインは「広告収入」です。

広告収入で稼ぐ方法には、大きく分けて3つの方法があります。

1. Google Adsenseで儲ける

まずは、Google Adsense(グーグルアドセンス)をサイトに貼るという方法があります。

Google Adsenseは、自分のウェブサイトに広告を掲載するだけで収益が得られる、Googleの無料サービスです。

Google Adsenseは企業だけでなく、個人でも無料で利用できるサービスですので、多くの人が運営サイトに導入しています。

ただし、無料ブログでは利用できないようになっていたりしますので、ワードプレスで自分のサイトを開設してから始めるのが一般的です。

具体的には、独自ドメインを取得して、レンタルサーバーに契約して、ワードプレスをインストールして、そこから始める必要があります。

初心者向けのワードプレスを安く始める方法はこちら

2. アフィリエイト広告で儲ける

続いて、アフィリエイト広告で儲けるという方法があります。

まずサイト運営者は、アフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)に無料の会員登録をします。上場企業が運営している大手ASPには、A8.net0 - ワードプレスは儲からない?具体的な稼ぎ方を初心者に紹介などがあります。

そうして会員登録が完了すると、広告主の広告を見れるようになりますので、その中から自分のサイトにあったものを選んで、自分のサイトに掲載します。

そうして、自分のサイトに訪問してきてくれた方が広告をクリックし、商品を購入したり会員登録をしてくれると、自分に報酬が入ります。

アフィリエイト広告にはセルフバックがある

また、アフィリエイト広告にはセルフバックの仕組みがあります。

こちらは広告主の商品を自分で購入したり利用したりすると、報酬が貰えるという仕組みです。

具体的には、A8.net0 - ワードプレスは儲からない?具体的な稼ぎ方を初心者に紹介に新規会員登録をすると、セルフバックを利用することができます。

ただし、こちらのセルフバックの仕組みを利用するためには、あらかじめワードプレスで自分のサイトを開設しておく必要はあります。

初心者向けのワードプレスを安く始める方法はこちら

3. 純広告で儲ける

最後に、純広告というのは、広告主から直接広告を自分のサイトやブログに貼ってもらうことです。

イメージしやすいのはバナーのようなもので、ASPを介せずして直接広告主からバナーを貼ってもらえるため、広告単価が高くなります。

ただし、こちらはある程度のアクセス数がないと、獲得することは難しいとは言えるでしょう。

ワードプレスを利用して稼ぐ方法には広告収入以外にも色々ある

実はワードプレスを利用して稼ぐ方法には、広告収入以外に色々と手段がありますので、それぞれご紹介します。

1. 受託で儲ける

まずは、ワードプレスの「受託」業務で儲けるという方法もあります。

一度自分でワードプレスについて学んで、できるようになってしまえば、他の人がワードプレスでサイトを作りたい場合などに、受託するという方法もあります。

例えば、ワードプレスの受託は
ランサーズ
などでも簡単に募集が可能です。

ただし、こちらはプログラミングやデザインなどができる方が有利ですし、自分の作業時間を奪われてしまうため、注意が必要です。

2. セミナーやコンサルティングで儲ける

他にも、ワードプレスのセミナーやコンサルティングを実施してみるのも一つの手です。

こちらに関してはワードプレスの知識だけでなく、ウェブマーケティングなどの知識も必要となってくるため、多少ハードルは高いですが、需要は高い領域です。

このようにワードプレスで稼ぐ方法には色々とありますが、これらの方法は、残念ながら自分が一生懸命に働かないと、お金も入ってきません。

そのため、自分の労働時間を少なくしてお金を稼ぎたい場合は、別の方法に取り組む必要があります。

ワードプレスで継続的に安定的に稼げるようになるには?

そこで、例えばワードプレスで継続的に安定的に儲るようになるには、ワードプレスのテーマを販売するという方法があります。

ワードプレスのテーマ販売のい挑戦してみる

ワードプレスでは、テーマと呼ばれるテンプレートのようなものを選択し、最初に大まかなサイトのデザインや機能を選択することができます。

こちらのテーマは自分で販売することもできますので、そちらにチャレンジしてみるのも一手です。

そして実は、ワードプレスのテーマの作り方などは、プログラミングスクールで学ぶことができます。

プログラミングスクールの初期投資は安い

多くのプログラミングスクールは、1ヵ月10万円程度の費用がかかりますが、1件1万円でテーマを販売すれば、10件程度で元は回収できます。

また、将来的なことを考えて長い目線でみると、早いうちからプログラミングやデザインを学んでおいて損はありません。

筆者も実際にプログラミングスクールは受講しましたが、空いた時間にワードプレスのみならずプログラミングを受講しておくのは、将来の大きな糧となるでしょう。

ワードプレスを学べるおすすすめのプログラミングスクールはこちら

ECショップ運営に挑戦してみる

他にも、楽天市場などの、ECショップに挑戦してみるのも一つの手でしょう。

と言いますのも、ワードプレスの場合はアクセス数を集めて集客する必要性があるのですが、楽天市場の場合は、すでに多数のユーザーを抱えているプラットフォームです。

そのため、最初から多くのお客さんにリーチできるため、見込み顧客を集客するといいう手間がだいぶ省けるからです。

例えば、すでに自分の商品を持っていて、商品自体には自信があるものの、Web上での集客が不安な方などには、楽天市場は適しているでしょう。

楽天市場の公式サイトへ0 - ワードプレスは儲からない?具体的な稼ぎ方を初心者に紹介

楽天市場の口コミへ

どうしてもワードプレスで儲からない場合の対処法は?

ワードプレスで稼ぐ方法や儲ける方法には上記のように色々とありますが、それでもワードプレスで儲からない場合は、一体どうしたら良いのでしょうか?

実際のところ、継続的に収入が入ってくる仕組みを作るためには、ワードプレスの場合は、コツコツとサイトを更新し続けていくしかありません。

ですが、はっきり言ってその時間をなかなか取るのは難しいです。ただし、ワードプレスでなくても、インターネットで継続的に安定的に稼ぐ方法は存在します。

ある程度元手があれば、お金でお金を稼ぐことができる

例えば、その一つが、お金でお金を稼ぐ方法です。

数十万円や数百万円などの元手がある方の場合は、資産運用を利用するのも一手です。要は、自分で働くのではなく、お金にお金を稼いでもらうという方法です。

例えば、その一つがソーシャルレンディングです。

ソーシャルレンディングは、お金を貸したい人と借りたい人を仲介する金融サービスで、お金の出し手である私たちは、金利収入を得ることができます。

ソーシャルレンディング業者にはいくつかありますが、まずは例えば大手総合商社の伊藤忠商事が出資をする「クラウドクレジット0 - ワードプレスは儲からない?具体的な稼ぎ方を初心者に紹介」などに無料登録をして、どんなものか感覚をつかまれてみるのが一番良いでしょう。

何かしらインターネットで副業収入が欲しい方などは、ワードプレスに限らず、ぜひ自分に合った方法で取り組んでみてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。