ワードプレスで会員サイト作成は全くおすすめできない理由と初心者の対策方法

この記事はワードプレスで会員サイトを作ろうと考えている、プログラミング初心者の方向けの記事です。

筆者も実際にワードプレスで会員サイトを作ったことがありますが、正直莫大な時間がかかった割にはリターンが全くなく、基本的にはおすすめしない旨をここに記載しておきます。

そこで今回はワードプレスで会員サイトを作るのがおすすめしない理由と、代わりの解決策を合わせてお伝えします。

なぜワードプレスで会員サイトを作るのはおすすめしないのか?

ワードプレスで会員サイトを作るのをお勧めしない理由には、以下のような点が挙げられます。

1. セキュリティリスク

まずは、セキュリティリスクです。

WordPress自体の脆弱性をついて攻撃されるリスクもあれば、不正にワードプレスにログインをされてサイトの情報を盗まれたり、サイトを壊されてしまうリスクなどもあります。

もちろん小規模サイトであればそこまでのリスクはないかもしれませんが、会員サイトという非常に重要な情報を持つサイトの運営では、はっきり言ってセキュリティリスクは致命的です。

こちらに関してプラグインでセキュリティ対策をすることも可能ですが、その場合は次にあげるプラグインリスクが永遠につきまといます。

2. プラグインリスク

基本的に会員サイトを作る際には「プラグイン」を利用することが多いかと思われますが、このプラグインを利用する場合、プラグイン同士の互換性に注意する必要があります。

相性が悪いプラグイン同士を入れてしまうと、うまくサイトが動作しないこともありえます。新しい機能が欲しくてプラグインを入れたら、以前に入れたプラグインが動作しなくなったりすることもあります。

そんな形で利用したいプラグインを利用できなかったり、ある日突然プラグインを更新したらサイトがうまく動作しなくなってしまうリスクや、ワードプレスの更新に伴いプラグインが利用できなくなってしまうこともあります。

さらに、プラグイン自体の開発が停止した場合、別のプラグインを探さなければいけなくなってしまったりと、とにかくワードプレスで会員サイトを作る際には色々なリスクがあります。

3. サイトの構築に時間がかかる

最後に、正直ワードプレスでの会員サイト構築には、非常に時間がかかります。上述したようなリスクがあることに加えて、構築する際にも非常にいろんなことを調べる必要があります。

もちろんプラグインで簡易にサイトを作ることも可能ではあるのですが、上述したようなリスクがありますので、それであれば外注してゼロからサイトを構築した方が良いでしょう。

ただし、その場合は結構な値段がかかりますし、継続的にランニングコストがかかります。そのため、もしまだ20代であったり、プログラミングを学ぶことに興味があるのあれば、例えばruby on railsなどのプログラミング言語を学んで、0から作り上げた方が効率的でしょう。

また、最初からワードプレスを使わずに構築するのであれば、色々と機能の追加も柔軟にできますし、リスクもはるかに小さくなるでしょう。

プラグインについて色々と調べて対応することに加えて、一つのプログラミング言語を用いて構築するよりも色々なハードルがあるのが、ワードプレスでの会員サイトの作成です。

プログラミングスクールでRubyを学んだ方がはるかに良い

WordPressで会員サイトを作成する場合、以上のようなデメリットがあります。

ですので、基本的にはプログラミング知識のない初心者の方が会員サイトを作成する場合、まずはプログラミングスクールに通われるのが一番良いでしょう。

プログラミング言語はRuby/Ruby on Railsにこだわる訳ではありませんので、PHPで構築しても良いかもしれませんが、とにかくワードプレスで会員サイトを作成することは全くおすすめできません。

多くのプログラミングスクールではRuby/Ruby on Railsの講座を提供していますので、いくつか無料体験に参加して見て、自分にあったプログラミングスクールを受講されるのがおすすめです。

筆者の経験から、受講スタイルに応じて下記のような信頼性の高いプログラミングスクールを利用されるのが基本的にはおすすめです。

TechBoost(テックブースト)は3ヵ月集中のスクール

techboost 530x260 - ワードプレスで会員サイト作成は全くおすすめできない理由と初心者の対策方法
まず一番最初におすすめできるのが、渋谷とオンラインで受講が可能なTechBoost(テックブースト)です。理由は3ヵ月集中のプログラミングスクールだからです。

と言いますのも、正直初心者がある程度プログラミング言語を使ってサイト(サービス)を作れるようになるためには、3ヶ月ぐらい学ばないと無理だからです。「毎日10時間以上1ヶ月は勉強できる」といった方であれば別かもしれませんが、基本的には多くの人には難しいでしょう。

3ヶ月ぐらいプログラミングをしっかりと学ぶことで基礎が身につき、その後も継続して自分でも勉強することができるようになるのが一般的です。

テックブーストはオンラインテキストを自習しわからないところを質問

テックブーストは、オンラインテキストでわからないところがあれば、現役エンジニアメンターに質問できる点が特徴です。メンターの質も他スクールよりも高いと評判です。

また、3ヵ月で社会人300,000円 / 学生 210,000円となっていますので、1ヵ月あたりの料金は他のプログラミングスクールよりも安いです。

TechBoostのコースでは、最初にRuby/Ruby on Rails or PHP/Lavelを学び、その後にBlockchain or AI or IoTを学べるスタイルとなっています。サービスでよく使われるRuby or PHPを学べることに加えて、最先端テクノロジーにも触れることができます。

繰り返しになりますが、実際のところプログラミング未経験からある程度の基礎力を身に付けるには3ヵ月ぐらいの期間は必要となりますので、TechBoostはしっかりと学びたい方には最適です。

TechBoostの無料相談予約(渋谷)へ

TechBoostの口コミへ0 - ワードプレスで会員サイト作成は全くおすすめできない理由と初心者の対策方法

CodeCamp(コードキャンプ)は現役エンジニア講師のオンラインのマンツーマンレッスン

CodeCamp 530x206 - ワードプレスで会員サイト作成は全くおすすめできない理由と初心者の対策方法
続いて、現役エンジニア講師による、完全マンツーマンのオンラインレッスンを受講したい方には、CodeCamp(コードキャンプ)がおすすめです。筆者は無料体験を受講したことがあります。

CodeCampの運営会社は、フューチャー株式会社(東証1部上場)の子会社のコードキャンプ株式会社のため、会社としての信頼性が高い点が特徴です。

CodeCampは365日、7時〜23時40分までの間で、現役エンジニア講師のオンラインのマンツーマンレッスンを受講することができます。受講したい講師を選べる点がメリットです。

料金は2ヶ月(20回)148,000円〜となっていますので、1ヶ月あたりにすると74,000円〜となり、他の教室型のプログラミングスクールよりも、オンラインである分安くなっています。

1ヶ月の短期集中では中々忙しくて時間が取れなそうという方や、現役エンジニアのマンツーマンで教えてもらいたい方などには、CodeCampがおすすめです。

CodeCampの無料体験レッスン予約へ

CodeCampの口コミへ0 - ワードプレスで会員サイト作成は全くおすすめできない理由と初心者の対策方法

TechAcademy(テックアカデミー)は週2回のメンタリング付きの完全オンラインスクール

TechAcademy 530x229 - ワードプレスで会員サイト作成は全くおすすめできない理由と初心者の対策方法
最後に、筆者が受講したTechAcademyです。TechAcademyはおすすめできるプログラミングスクールではありますが、結構やる気のある方向けのサービスかもしれません。

TechAcademyは、東証マザーズ上場企業のユナイテッド株式会社の子会社であるキラメックス株式会社が運営している、完全オンラインのプログラミングスクールです。

オンライン上のテキストを自習形式で進めつつ、分からない点や疑問点があった場合は、現役エンジニアのメンターにSlackで質問することができます(毎日15時〜23時)。

また、週2回のマンツーマンメンタリング(1回30分のビデオチャット)がありますので、学習モチベーションを維持しやすい仕組みとなっています。

ただし、社会人は129,000円〜(4週間)、学生は89,000円〜(4週間)受講が可能と、若干料金は高めになっています。テキストの質が高く良いサービスではありますが、1ヶ月程度で教養を身に付けたい方などにおすすめのサービスといったところです。

ただし、それぞれ自分にあったサービスがあるかと思いますので、色々と比較検討されたい方は、まずはそれぞれのプログラミングスクールの無料体験レッスンを利用されるのが一番おすすめです。

TechAcademyの無料体験レッスン予約へ0 - ワードプレスで会員サイト作成は全くおすすめできない理由と初心者の対策方法

TechAcademyの口コミへ

おすすめの記事