WordPress

ワードプレスのインストール時間は?ダウンロードできない時の簡単な解決法

time 1534299915 - ワードプレスのインストール時間は?ダウンロードできない時の簡単な解決法

ワードプレスが中々インストールされない…ワードプレスをインストールしたはずなのに表示されない…

今回はそんなワードプレスに関するお悩みをお持ちの方に、簡単な解決法をお伝えします。

ちなみにワードプレスがインストールできない場合は、こちらのワードプレスのインストール方法の記事も参考にしてみて下さい。

ワードプレス(Wordpress)のインストール時間は一瞬

まず、ワードプレスのインストール時間は一瞬です。

ただし、ここで多くの人がつまずいてしまうのが、間違ってワードプレスをワードプレスの公式サイトからダウンロードしようとしてしまう事です。

ワードプレス(wordpress)をhttps://ja.wordpress.com/からダウンロードして始めようとした場合、後ほど詳細を解説しますが手間も時間もかかってしまいますので、初心者にはおすすめできない方法です。

そのため、通常はこちらの記事のようにレンタルサーバーを利用します。

レンタルサーバーであればWordpressの簡単インストールがある

b727b83eca2b0783a4f300326b6da6d4 530x344 - ワードプレスのインストール時間は?ダウンロードできない時の簡単な解決法
例えばレンタルサーバーのエックスサーバーを利用している場合、ワードプレスのインストール時間は一瞬です。

月々1000円程度から利用できるエックスサーバー0 - ワードプレスのインストール時間は?ダウンロードできない時の簡単な解決法の場合、マイページにログインすると「Wordpress簡単インストール」というボタンがありますので、ここからWordpressを誰でも簡単に一瞬でダウンロードできます。

さらに、あらかじめお名前.com0 - ワードプレスのインストール時間は?ダウンロードできない時の簡単な解決法などで独自ドメインを取得して、エックスサーバーに追加しておけば、ものの数分程度でWordpressでサイト運営を始める事ができます。

他のレンタルサーバーのさくらのレンタルサーバ0 - ワードプレスのインストール時間は?ダウンロードできない時の簡単な解決法などでも、Wordpressの簡単インストール機能が付いています。

wordpress 1 530x270 - ワードプレスのインストール時間は?ダウンロードできない時の簡単な解決法

ただし、細かい点ですが、さくらのレンタルサーバの場合はエックスサーバーよりも、若干インストール時に作業が発生します。

そのため、初心者の方が初めてレンタルサーバーを利用してWordpressをインストールするなら、コスパも良く操作も簡単なエックスサーバー0 - ワードプレスのインストール時間は?ダウンロードできない時の簡単な解決法の方がおすすめです。

ワードプレス(Wordpress)を公式サイトからダウンロードした場合、めちゃくちゃ時間がかかる

一方、WordPressを公式サイトからインストールしてしまった場合、早くても数時間はかかると思っておいた方が良いでしょう。

具体的にWordpressをインストールするための手順は、以下のようになります。

  1. 公式サイトからWordPressをダウンロードする
  2. WordPressをFTPでアップロードする
  3. データベースを準備する
  4. 「wp-config.php」を設定する
  5. WordPressをインストールする

サーバーによって多少やり方は異なりますが、基本的な手順は同じです。

ただし、冒頭でご紹介したエックスサーバーには、wordpressの「自動インストール機能」が用意されています。

そのため、公式サイトからwordpressをインストールする必要性もなく、自動インストール機能を使って最初の設定が簡単にできるのです。

エックスサーバーの公式サイトへ

ワードプレス(Wordpress)のインストール手順

wordpress 1534299845 530x227 - ワードプレスのインストール時間は?ダウンロードできない時の簡単な解決法

1.公式サイトからWordPressをダウンロードする

まずは「WordPress.org」の公式サイトにアクセスします。

そこで、公式サイトの中の「WordPressをダウンロード」というボタンからWordPressをダウンロードしましょう。

zip形式のファイルなので、ダウンロード後ファイルを解凍してください。

なお、安全に使えるのは最新バージョンのみですので、必ず最新バージョンのwordpressをダウンロードします。

2.WordPressをFTPでアップロードする

次に「CyberDuck」などのFTPクライアントソフトを用いて、ダウンロードしたファイルを、サーバー上にアップロードします。

ちなみにサーバーによってアップロード方法が異なりますので、契約したサーバーの利用方法を確認しておく必要があります。

3.データベースを準備する

次に、データベースの準備をします。

こちらもサーバーによって設定方法が異なりますが、例えばエックスサーバーであれば、MySQLの設定は「phpMyAdmin」から行うことができます。

なお、「phpMyAdmin」へのログインは、プロバイダからメールなどで送られてきたユーザー名とパスワードを使ってログインします。

4.「wp-config.php」を設定する

続いて、ダウンロードしたWordPressのフォルダの中に、「wp-config-sample.php」というファイルが用意されています。

このファイルに、先ほど作成したデータベースの情報を入力します。そこで、ファイルを変更するために、一度ダウンロードしてからテキストエディタを用いて変更します。

具体的には、以下の項目を記述します(ホスト名は変更しません)。

  • DB_NAME(データベース名)
  • DB_USER(ユーザー名)
  • DB_PASSWORD(パスワード)
  • DB_HOST(ホスト名)

こうして記入が終わったら、ファイル名を「wp-config.php」に変更してサーバーにアップロードします。

5.WordPressをインストールする

こうしてデータベースの準備が整ったところで、WordPressをインストールします。

インストール後、「http://○○○/WordPressのフォルダ名/wp-admin/install.php」にアクセスしてブログタイトルとメールアドレスを登録してください。

これでようやくWordPressのインストールが完了します。

WordPressのインストール時間に関するまとめ

以上、いかがでしたか?

WordPressのインストールは、公式サイトからダウンロードしてしまうと、非常に時間がかかってしまいます。

一方で、レンタルサーバーのエックスサーバーなどでインストールすれば、ものの一瞬で完了します。

初心者の方にはエックスサーバーでのダウンロードが一番簡単ですし、時間も削減できますので、まずはそちらを試してみて下さいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。