ワードプレスがインストールできない!そんな時の簡単な対処法をご紹介
rawpixel / Pixabay

初めてワードプレス(WordPress)を利用する場合、分からないことだらけです。

実は筆者も以前はワードプレスの公式サイトから、中々ワードプレスをダウンロードすることができず、無駄な時間を過ごしてしまったことがあります。

そこで今回は「ワードプレスがインストールできない!」「ワードプレスがダウンロードできない!」人に向けて、簡単な解決方法をお伝えします。

WordPressの公式サイトは絶対に利用してはいけない

wordpress 530x267 - ワードプレスがインストールできない!そんな時の簡単な対処法をご紹介
「WordPressをインストールできない!」と思った方がよくはまっている落とし穴は、WordPressの公式サイトを利用しようとしていることです。

WordPressの公式サイトにメリットは全くない

実はWordPressには公式サイトがありますが、これは絶対に利用してはいけません。

筆者は当サイトも含めて、もう何年もWordPressを利用してサイトを運営していますが、WordPressの公式サイトを見たことはほぼありません(笑)むしろ初心者がWordPressの公式サイトからダウンロードしようとすると、サイトの運営を始めるのすら大変です。

と言いますのも、サイト運営を始めるためにはその公式サイトからダウンロードしたワードプレスを、FTPなどのツールを用いてサーバーに別途アップロードしないといけないからです。これが初心者にはめちゃくちゃハードルが高くて難しいです。

WordPressの無料版は機能も制限されているので要注意

また、WordPressにはネットから申し込めるブログの無料版があるのですが、実は機能が制限されています。例えばサブドメインしか使えなかったり、機能を拡張できるプラグインが導入できなかったりと、実は落とし穴だらけです(笑)

そして、まんまと騙されてWordPressの無料版でサイトを運営していたものの、サイトの運営途中でWordPressの有料版に変えざるを得なくなってしまったりする場合もあります。そのため、とにかく公式サイトから無料版を契約して利用するのは正直全くお勧めできません。

WordPressはレンタルサーバーからダウンロードするのが鉄板

4dad935a5605849cc11743a89ea43e33 530x299 - ワードプレスがインストールできない!そんな時の簡単な対処法をご紹介

このような理由から、最初からWordPressの機能をフルで利用することができ、かつ途中から料金が発生することもないようにするためには、レンタルサーバーからダウンロードするのが正解です。

と言いますのも、レンタルサーバーに契約すると、管理画面からいとも簡単にワードプレスのダウンロードが可能だからです。

具体的には、安全性が高くサーバーが安定しているエックスサーバーのX10プランに年間契約して、お名前.comで独自ドメインを取得して運用するのがおすすめです(年間16,200円程度)。

もしくは、とにかくコスパ重視で運営したい場合は、上場企業のGMOペパボが運営するレンタルサーバーのロリポップ!0 - ワードプレスがインストールできない!そんな時の簡単な対処法をご紹介のスタンダードプランを半年以上で契約して(年間7,500円程度)、同じ運営会社のムームードメイン0 - ワードプレスがインストールできない!そんな時の簡単な対処法をご紹介でドメインを取得して運用するのが良いでしょう。

一番簡単な解決方法はレンタルサーバーの利用

b727b83eca2b0783a4f300326b6da6d4 530x344 - ワードプレスがインストールできない!そんな時の簡単な対処法をご紹介
上述したように初心者にとって一番簡単なのは、レンタルサーバーに契約してそこからダウンロードする方法です。

詳細は後ほど順を追って解説しますが、エックスサーバーのX10プランに契約して、そこから0 - ワードプレスがインストールできない!そんな時の簡単な対処法をご紹介「WordPress簡単インストール」を行う流れとしては以下になります。

  1. レンタルサーバーに契約する(おすすめは安いのでエックスサーバー
  2. 独自ドメインをドメイン業者から取得する(おすすめは安いのでお名前.com
  3. 独自ドメインのネームサーバーを変更する(お名前.comで取得した場合)0 - ワードプレスがインストールできない!そんな時の簡単な対処法をご紹介
  4. レンタルサーバーに取得したドメインを追加する
  5. レンタルサーバー上のドメインにWordPressを簡単インストールする

一見難しいように思えますが、やってみればとても簡単です。

また、費用に関しては、ドメインは安いものでは1円からありますし、エックスサーバーであれば開始当初に無料利用期間が2週間ほどあります。

年間契約をすれば月額1,600円程度(年間16,200円程度)ですみ、サーバーもアクセス数が増えても安定しているため、当サイトもエックサーバーとお名前.comの組み合わせで運営しています。

年間にしても費用は2万円はかかりませんので、それで今後発生する様々な手間がなくなると思えば、悪くない選択肢かと思います。

エックスサーバーに契約してお名前.comでドメインを取得

4dad935a5605849cc11743a89ea43e33 530x299 - ワードプレスがインストールできない!そんな時の簡単な対処法をご紹介
では具体的なやり方ですが、まずはエックスサーバーに契約します。無事にエックスサーバーで契約が完了したら、続いてお名前.comで独自ドメインを取得します。

こうしてお名前.comでドメインを取得できたら、その後にお名前.comのマイページにログインして、「よく利用されるお手続き」のところから「ネームサーバーの変更」を行います。

ネームサーバーの変更

819b7418a788b62c2ae17c247639d549 530x366 - ワードプレスがインストールできない!そんな時の簡単な対処法をご紹介
今回はエックスサーバーを利用した場合ですので、「その他ののネームサーバーを使う」に入力していきます。

その他のネームサーバーを使うにネームサーバーを入力

a3acb6568bfb5cf8d24692ae47c1a725 530x285 - ワードプレスがインストールできない!そんな時の簡単な対処法をご紹介

具体的に入力する内容は下記です。

  1. ネームサーバー1:「ns1.xserver.jp」
  2. ネームサーバー2:「ns2.xserver.jp」
  3. ネームサーバー3:「ns3.xserver.jp」
  4. ネームサーバー4:「ns4.xserver.jp」
  5. ネームサーバー5:「ns5.xserver.jp」

上記の内容は、エックスサーバーの公式サイト(https://www.xserver.ne.jp/0 - ワードプレスがインストールできない!そんな時の簡単な対処法をご紹介)にも解説が書いてありますので参考にしましょう。

これはドメインの提供業者とサーバーの提供業者が異なるために行う作業となります。エックスサーバーでドメインも取得してしまえばこの作業は発生しませんので、そちらでも良いでしょう。

エックスサーバーに取得したドメインを追加する

ddf49f8cc55e3bdf71eb112219c1f3a4 530x381 - ワードプレスがインストールできない!そんな時の簡単な対処法をご紹介
続いて、契約したエックスサーバーの「インフォパネル」にログイン後、「サーバーパネル」の方にログインします。

エックスサーバーの「サーバーパネル」には「ドメイン」という項目がありますので、そこの「ドメイン設定」から、エックスサーバーに取得した「ドメイン」を追加します。

ドメイン設定からドメインを追加

433813aa470f95e035c7c1784073eaf2 530x293 - ワードプレスがインストールできない!そんな時の簡単な対処法をご紹介

下記のドメイン設定から、「ドメイン設定追加」ボタンをクリックします。

f28672b413e550c6103d12f4e6a27b35 530x232 - ワードプレスがインストールできない!そんな時の簡単な対処法をご紹介
そうすると取得したドメイン名を入力する欄がありますので、こちらに取得したドメインを入力して、ドメイン設定の追加(確認)ボタンをクリックします。

ドメイン名に取得したドメイン名を入力

56307be016747d75522300b7c49755be 530x237 - ワードプレスがインストールできない!そんな時の簡単な対処法をご紹介

問題がなければ、そのまま進んで追加します。当サイトの場合でしたらwebcodezero.comを追加します。なお、その際には「無料独自SSLを利用する」にチェックを入れておきましょう。

エックスサーバーの無料独自SSLとは?

ssl 530x182 - ワードプレスがインストールできない!そんな時の簡単な対処法をご紹介

ここで少し「無料独自SSL」についてご紹介しますが、「無料独自SSL」とは、簡単に言うと「https://」のサイトを無料で作れるということです。

実は以前は「http://」というサイトが多かったのですが、Googleが今後は「http://」から始まるサイトは、サイト訪問者に「このサイトは危険ですよ」という表示を出すことを決めました。

そのため、多くのサイトでは「https://」にする対応に迫られました。https化の対応をすることで、httpでアクセスしても、httpsに自動的に転送されるようになります。

ちなみに、このhttps化(=SSL化)するためには、さくらのレンタルサーバーなど、他の一部のレンタルサーバーでは有料だったりします。

ですが、エックスサーバーではこのhttps化は完全無料で行うことができ、また、ボタン一つでとても簡単に対応してくれます。そのため、総合的にみてコスパが良いのです。

エックスサーバーでのワードプレスのインストール方法

b727b83eca2b0783a4f300326b6da6d4 530x344 - ワードプレスがインストールできない!そんな時の簡単な対処法をご紹介
こうしてエックスサーバーにドメインが追加できたら、最後はエックスサーバーにWordPressを簡単インストールするだけです。

まずはエックスサーバーのサーバーパネルから「WordPress簡単インストール」を選択し、WordPressをインストールしたいドメインを選択します。

ba2cf182e315f0996fad10755b19d24b 530x200 - ワードプレスがインストールできない!そんな時の簡単な対処法をご紹介

そうしてそのドメインにワードプレスをインストールすれば完了です。あとはサイト名とログインID・PWを設定すると、WordPressの管理画面にログインすることができるようになります。

WordPressがインストールできない時の対処法まとめ

web agency 1738168 640 530x398 - ワードプレスがインストールできない!そんな時の簡単な対処法をご紹介
以上になりますが、いかがでしたでしょうか?

WordPressのインストールやダウンロードは、一度慣れてしまえばとても簡単です。ただし、レンタルサーバーによっては、最初のインストールが少々難しかったりします。

筆者はさくらのレンタルサーバーなど他のレンタルサーバーでもサイトを運営していましたが、さくらのレンタルサーバーの場合は、エックスサーバーのようにSSL設定が簡単にできなかったりします。

また、さくらのレンタルサーバーはWordPressをインストールする際にも、一工夫が必要となってしまいますので注意が必要です。このような背景もあって、初心者の方には、コスパが良く設定も簡単でセキュリティ面も安心なエックスサーバーが一番おすすめではあります。

【公式サイト(エックスサーバー)】https://www.xserver.ne.jp/

さくらのレンタルサーバーとエックスサーバーの比較はこちら0 - ワードプレスがインストールできない!そんな時の簡単な対処法をご紹介

それでは今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

おすすめの記事