ワードプレスのダウンロードサイトは初心者に絶対おすすめできない理由
dimitrisvetsikas1969 / Pixabay

ワードプレスは公式サイトからダウンロードできるのですが、初心者が公式サイトからダウンロードするのは全くおすすめできない理由を今回はお伝えします。

ワードプレスを公式サイトからダウンロードするとやることだらけで初心者にはとても大変…

44c23b6b15d70994d766716b66bcaf1c 530x195 - ワードプレスのダウンロードサイトは初心者に絶対おすすめできない理由
ワードプレスというツール自体は無料で使うことができ、ホームページやブログなどを簡単に作ることができます。

豊富な機能が付いていることから、ホームページ作成ソフトとして人気を集めていて、当サイトもワードプレスでサイトを運営しています。ただし、ワードプレスを直接wordpressの公式サイトからダウンロードしてしまうと、サイトを始めるまでに挫折してしまいます。

というのも、そもそもワードプレスはダウンロードしただけでは使えないからです。この便利なワードプレスというコンテンツマネジメントシステム(通称CMSツール)を使うためには、あらかじめサーバーを用意する必要があります。

「え、なんでサーバーを用意しなくてはいけないの?」

という風に思う人もいるかもしれませんが、サーバーがないとインターネット上にサイトを公開する事ができないのです。そのため、ワードプレスを公式サイトからダウンロードしてしまった場合、PCなどのローカル環境にあるワードプレスというCMSを、サーバー上に手動でアップロードしないといけません。

最初からレンタルサーバーに契約してそこからワードプレスをダウンロードするのが一番簡単

b727b83eca2b0783a4f300326b6da6d4 530x344 - ワードプレスのダウンロードサイトは初心者に絶対おすすめできない理由
一方で、あらかじめレンタルサーバー業者に契約してしまえば、そこからとっても簡単にワードプレスをダウンロードして、初心者でもサイト運営を始めることができるのです。

当サイトの場合は、エックスサーバー0 - ワードプレスのダウンロードサイトは初心者に絶対おすすめできない理由に契約してそこからワードプレスを簡単インストールして利用しています。やり方は簡単で、エックスサーバーに契約したら、次にドメイン業者からドメインを取得します。

その後、ドメインをエックスサーバーに追加します(当サイトの場合は、ドメインはwebcodezero.comになります)。

56307be016747d75522300b7c49755be 530x222 - ワードプレスのダウンロードサイトは初心者に絶対おすすめできない理由

そうして無事ドメインを追加することができたら、そのドメインにワードプレスをインストールします。ワードプレスをインストールすると、サイトのタイトルとログインID・PWを設定する画面に移動しますので、そちらを自分で決めて入力するだけで、サイトが立ち上がります。

ba2cf182e315f0996fad10755b19d24b 530x200 - ワードプレスのダウンロードサイトは初心者に絶対おすすめできない理由
レンタルサーバーに契約するというとハードルが高いように感じますが、エックスサーバーであれば最初の10日間は無料お試し期間があります。当サイトの場合は、レンタルサーバーの中でもコスパがよく性能も良いエックスサーバーのX10プラン(年間16,200円)で運営しています。

レンタルサーバーの中でもエックスサーバー0 - ワードプレスのダウンロードサイトは初心者に絶対おすすめできない理由であれば、セキュリティ面も安全で、サーバーの安定性も高くなっています。数回のクリックで簡単にワードプレスのサイトを開設できますので、初心者がワードプレスでサイト運営を始める上ではおすすめです。

公式サイト(エックスサーバー):https://www.xserver.ne.jp/0 - ワードプレスのダウンロードサイトは初心者に絶対おすすめできない理由

エックスサーバーでのワードプレスの始め方の詳細はこちら

ワードプレスを公式サイトからダウンロードする前にトラップあり…

wordpress 1541288850 530x227 - ワードプレスのダウンロードサイトは初心者に絶対おすすめできない理由

ちなみに、レンタルサーバーで契約せずにワードプレスを公式サイトからダウンロードしようと思った時に、まずGoogleなどの検索エンジンで、”ワードプレス”のキーワードを入れて検索すると、結果の上位には、以下の2つのサイトが表示されていることに気づかれるかと思います。

  • WordPress .org
  • WordPress .com

それぞれのURLを確認すると、 2つとも公式サイトとして判断してしまいそうになるのですが、「 WordPress .org」の方が公式サイトとなっています。

「WordPress .com」は、Automattic社の提供する無料のワードプレスサービスで、サーバーを含めて簡単に登録ができるのですが、無料版はさまざまな機能制限があります。

具体的にはプラグインを利用することができなかったり、デザインのカスタマイズが制限されていたり、サブドメインでしか利用ができなかったりなどです。

筆者も別のサイトでこの無料版を利用したことがあるのですが、あまりにも機能制限が多く、結果的にサイト運営を始めたら有料版にしなければならなかったりしました。

また、そもそもワードプレスの有料版にしても年間3万円以上と値段が高いだけで特にメリットがありませんので、基本的にはレンタルサーバー業者に契約してそこからワードプレスをインストールするのがおすすめです。

ワードプレスをダウンロードしてアップロードするのは初心者にはとても大変…

web agency 1738168 640 530x398 - ワードプレスのダウンロードサイトは初心者に絶対おすすめできない理由

いずれにせよようやく公式サイトからワードプレスをダウンロードできたとしても、次はインターネット上にアップロードする必要があります。

ここではFTPというツールを使用して、ワードプレスをアップロードさせて、MySQLでデータベースを作成した上で 、 ワードプレスをインストールするステップとなります。

FTPというのは、ファイルをインターネット上のサーバーにアップロードするソフトなのですが、こちらのFTPを、別途PCにインストールしなければいけません。

初心者が使いやすい無料のFTPはおそらく「Cyberduck」あたりかと思いますが、まずはこの「Cyberduck」の使い方を理解する必要が出てきます。

ワードプレスのダウンロードとアップロードの手順

cbcf27d9089caa61d3a363b54559305d 530x292 - ワードプレスのダウンロードサイトは初心者に絶対おすすめできない理由
と、ここまでの話で、いかに公式サイトからのダウンロードが大変かが分かって頂けたかと思いますが、具体的なステップは下記のようになります。

  1. ワードプレスの公式サイトから、最新版のワードプレスをダウンロードする
  2. ドメインをドメイン業者から取得する
  3. レンタルサーバーを契約(おすすめはエックスサーバー0 - ワードプレスのダウンロードサイトは初心者に絶対おすすめできない理由)して、データベースのMySQLを作成する
  4. ワードプレスをダウンロードした自分のパソコンから、レンタルしているサーバーに、FTPなどを用いてワードプレスをアップロードする

このようなステップを踏むことにより、ワードプレスが使えるようになります。最初からレンタルサーバーに契約しておけば、そこからスムーズにダウンロードが可能ですのでおすすめできる手順ではありませんが、一応それぞれの詳細をご紹介します。

1. 公式サイトからワードプレスをダウンロード

まずは公式サイトにアクセスして、「ダウンロード」から「 WordPress×.× をダウンロード」のボタンをクリックしてください。

ZIPファイル形式でダウンロードされますので、すぐにファイルを解凍します。続いて、ワードプレスはFTPでアップロードしますので、FTPソフトをPCにインストールします。

2. ドメインを取得

続いて、お名前.com0 - ワードプレスのダウンロードサイトは初心者に絶対おすすめできない理由などのドメイン業者でドメインを取得します。

ただし、取得した業者によってそれぞれレンタルサーバーでの作業が変わってきますので、詳細はそれぞれのドメインやサーバーのFAQの確認が必要です。

3. レンタルサーバーを契約してデータベースを作成

ドメインを取得したら、エックスサーバー0 - ワードプレスのダウンロードサイトは初心者に絶対おすすめできない理由などのレンタルサーバーを契約して、レンタルサーバーでデータベースのMySQLを作成します。

なぜなら、ワードプレスのサイトには、データベースが必要だからです。

ワードプレスには、デザインなどが最初から組み込まれた無料のテーマが存在しますが、こちらのテーマという箱に、後から入力する記事や画像データなどの情報を入れていきます。

基本的にはレンタルサーバーの「データベース」メニューから、新規のデータベースを作成します。そして、「phpMyAdmin」にログインしてMySQLの設定を行います。

※なお、こちらのワードプレスの始め方の記事でご紹介しているように、最初からエックスサーバーなどのレンタルサーバーを契約した場合、ワードプレスの最初の設定はもっと簡単です。

4. ワードプレスをサーバーにアップロードする

最後に、ダウンロードしたワードプレスのフォルダを解凍し、FTPソフトを使って、サーバーにアップロードしていきます。

ただし、フォルダにアップロードしただけでは、ウェブサイトは開設されません。フォルダをアップロードした後に、実際にワードプレスをインストールします。

ここから別途サイトにアクセスして、ブログタイトルやメールアドレスなどを登録して、「検索エンジンに表示されるようにする」の設定にチェックをして、インストールします。

こうして無事にワードプレスの管理画面にログインできれば、ワードプレスのインストールは完了となります。

ワードプレスのダウンロードは必ずレンタルサーバーから

b1d5dc8ba28046c9fd88514b0c38f58b 530x244 - ワードプレスのダウンロードサイトは初心者に絶対おすすめできない理由
以上になりますが、ワードプレスは、最初から豊富な機能がついており、人の目を引き付ける美しいデザインのテーマなども、一度ダウンロードすれば無料で入手できます。

また、記事を編集・アレンジすることや、ホームページ作成で必要とされているHTMLなどの言語を知らなくても、運営サイトの簡単に加工も行えます。

世の中の人気サイトの30%はワードプレスで運営されていると言われているほどですので、これからサイト運営を始めてみようという方は、まずはレンタルサーバーに契約して始めるのが良いでしょう。

特にエックスサーバーは初心者にも使いやすく、最初に10日間の無料お試し期間もありますので、現在サイトの運営を検討されている方は、一度公式サイトから利用をされてみてはいかがでしょうか。

公式サイト(エックスサーバー):https://www.xserver.ne.jp/0 - ワードプレスのダウンロードサイトは初心者に絶対おすすめできない理由

おすすめの記事