WordPress

ワードプレスのダウンロードサイトは初心者に絶対おすすめできない理由

stop 1533711474 - ワードプレスのダウンロードサイトは初心者に絶対おすすめできない理由

ワードプレスは公式サイトからダウンロードできるのですが、初心者が公式サイトからダウンロードするのは全くおすすめできない理由を今回はお伝えします。

ワードプレスを公式サイトからダウンロードするとやることだらけで大変なので全くおすすめしない

44c23b6b15d70994d766716b66bcaf1c 530x195 - ワードプレスのダウンロードサイトは初心者に絶対おすすめできない理由
ワードプレス自体は無料で使えて、ホームページやブログなどを簡単に作ることができ、豊富な機能が付いていることから、ホームページ作成ソフトとして人気を集めています。

ただし、ワードプレスを直接公式サイトからダウンロードしてしまうと、サイトを始めるまでに挫折してしまいます。

初心者向けにおすすめのワードプレスのダウンロード方法は、こちらの記事にまとめましたので、これからダウンロードをしようとしている方は参考にしてみてください。

それでもとにかく「公式サイトから手動でダウンロードしたい!」という方に向けて、ここからそれがどれだけめんどくさい作業かをお伝えします。

そもそもワードプレスはダウンロードしただけでは使えない

ワードプレスは、今では個人のブログからネットショップ、企業のポータルサイト等で、幅広く利用されています。

ただし、この便利なワードプレスというシステム(ツール)を使うためには、あらかじめサーバーを用意する必要があります。

「え、なんでサーバーを用意しなくてはいけないの?」

という風に思う人もいるかもしれませんが、サーバーがないとインターネット上にサイトを公開する事ができないのです。

そのため、ワードプレスを公式サイトからダウンロードしてしまった場合、ローカルにあるワードプレスを、サーバー上に手動でアップロードしないといけません。

一方で、あらかじめレンタルサーバーに契約してしまえば、そこからとっても簡単にワードプレスをダウンロードして、サイト運営を始めることができるのです。

例えばレンタルサーバーの中でもエックスサーバー0 - ワードプレスのダウンロードサイトは初心者に絶対おすすめできない理由であれば、数回のクリックで簡単にワードプレスのサイトを開設できたりします。

公式サイト(エックスサーバー):https://www.xserver.ne.jp/0 - ワードプレスのダウンロードサイトは初心者に絶対おすすめできない理由

ワードプレスを公式サイトからダウンロードする前にトラップあり…

また、ワードプレスを公式サイトからダウンロードしようと思った時に、まずGoogleなどの検索エンジンで、”ワードプレス”のキーワードを入れて検索すると、結果の上位には、

WordPress .org
WordPress .com

と、2つのサイトが表示されていることに気づかれるかと思います。

URLを確認すると、 2つとも公式サイトとして判断してしまいそうになるのですが、「 WordPress .org」の方が公式サイトとなっています。

WordPress .com」は、Automattic社の提供する無料のワードプレスサービスで、サーバーサービスを含めて簡単に登録ができるのですが、無料版はカスタマイズが制限されています。

そのため、結果的にサイト運営を始めたら有料版にしなければならなかったり、無料版のまま利用していると思えように使えないというケースもあるので、注意が必要です。

ワードプレスをダウンロードしてアップロードするのは初心者にはとても大変

こうしてようやく公式サイトからワードプレスをダウンロードできたら、次はインターネット上にアップロードする必要があります。

ここではFTPを使用して、ワードプレスをアップロードさせて、MySQLでデータベースを作成した上で 、 ワードプレスをインストールするステップとなります。

FTPというのは、ファイルをインターネット上のサーバーにアップロードするソフトなのですが、こちらのFTPを、別途PCにインストールしなければいけません。

初心者が使いやすい無料のFTPはおそらく「Cyberduck」あたりかと思いますが、まずはこの「Cyberduck」の使い方を理解する必要が出てきます。

と、ここまでの話で、いかに公式サイトからのダウンロードが大変かが分かって頂けたかと思いますが、具体的なステップは下記のようになります。

ワードプレスのダウンロードとアップロードの手順

  1. ワードプレスの公式サイトから、最新版のワードプレスをダウンロードする
  2. ドメインを取得する
  3. レンタルサーバーを契約(おすすめはエックスサーバー0 - ワードプレスのダウンロードサイトは初心者に絶対おすすめできない理由)して、データベースのMySQLを作成する
  4. ワードプレスをダウンロードした自分のパソコンから、レンタルしているサーバーに、FTPなどを用いてワードプレスをアップロードする

このようなステップを踏むことにより、ワードプレスが使えるようになります。それではそれぞれの詳細を確認してみます。

1. 公式サイトからワードプレスをダウンロード

まずは公式サイトにアクセスして、「ダウンロード」から「 WordPress×.× をダウンロード」のボタンをクリックしてください。

ZIPファイル形式でダウンロードされますので、すぐにファイルを解凍します。続いて、ワードプレスはFTPでアップロードしますので、FTPソフトをPCにインストールします。

2. ドメインを取得

続いて、お名前.com0 - ワードプレスのダウンロードサイトは初心者に絶対おすすめできない理由などでドメインを取得します。

ただし、取得した業者によってそれぞれレンタルサーバーでの作業が変わってきますので、詳細はそれぞれのドメインやサーバーのFAQの確認が必要です。

3. レンタルサーバーを契約してデータベースを作成

ドメインを取得したら、レンタルサーバーを契約して、レンタルサーバーでデータベースのMySQLを作成します。

なぜなら、ワードプレスのサイトには、データベースが必要だからです。

ワードプレスには、デザインなどが最初から組み込まれた無料のテーマが存在しますが、こちらのテーマという箱に、後から入力する記事や画像データなどの情報を入れていきます。

基本的にはレンタルサーバーの「データベース」メニューから、新規のデータベースを作成します。そして、「phpMyAdmin」にログインしてMySQLの設定を行います。

※なお、こちらの記事でご紹介しているように、最初からxサーバーを契約した場合、ワードプレスの最初の設定はもっと簡単です。

4. ワードプレスをサーバーにアップロードする

最後に、ダウンロードしたワードプレスのフォルダを解凍し、FTPソフトを使って、サーバーにアップロードしていきます。

ただし、フォルダのアップロードしただけでは、サイトは開設されません。フォルダをアップロードした後に、実際にワードプレスをインストールします。

別途サイトにアクセスして、ブログタイトルやメールアドレスなどを登録して、「検索エンジンに表示されるようにする」の設定にチェックをして、インストールします。

こうして無事にワードプレスの管理画面にログインできれば、ワードプレスのインストールは完了となります。

ワードプレスのダウンロードに関するまとめ

以上になりますが、ワードプレスは、最初から豊富な機能がついており、人の目を引き付ける美しいデザインのテーマなども、一度ダウンロードすれば無料で入手できます。

また、記事を編集・アレンジすることや、ホームページ作成で必要とされているHTMLなどの言語を知らなくても、運営サイトの簡単に加工も行えます。

世の中の人気サイトの30%はワードプレスで運営されていると言われているほどですので、これからサイト運営を始めてみようという方は、まずはエックスサーバーの無料期間利用をされてみてはいかがでしょうか?

公式サイト(エックスサーバー):https://www.xserver.ne.jp/0 - ワードプレスのダウンロードサイトは初心者に絶対おすすめできない理由