WordPress

ワードプレスの費用は年間でレンタルサーバーとドメインで2万円以下でした

cost 1539689615 - ワードプレスの費用は年間でレンタルサーバーとドメインで2万円以下でした

ワードプレスを利用した場合、費用は一体どのぐらいかかるのでしょうか?

ワードプレスで自分のサイトを運営するためには、まずはレンタルサーバーに契約し、ドメインを取得する必要があります。

そこで今回は、実際に筆者がレンタルサーバーに契約して、独自ドメインを取得して、1年間ほどワードプレスでサイトを運営した場合のコストをお伝えします。

ワードプレス(wordpress)の費用は年間でも2万円以下

筆者がサイトを運営する際に実際に負担した、レンタルサーバーのエックスサーバーと、ドメイン事業者のお名前.comの費用をご紹介すると下記になります。

エックスサーバー0 - ワードプレスの費用は年間でレンタルサーバーとドメインで2万円以下でした(10プラン):16,200円

お名前.com0 - ワードプレスの費用は年間でレンタルサーバーとドメインで2万円以下でした:1円〜(ドメインによる)

ドメインの値段は安いものでは1円からありますので、ドメインの種類に拘らなければ、1年間で1.6万円ですので、月々に直すと1000円ちょっとです。

例えば、ワードプレスを始めるのと同時に、アフィリエイトのA8.netに無料登録をして、セルフバックという機能を利用すれば、簡単に元を取ることができます。

公式サイト:A8.net0 - ワードプレスの費用は年間でレンタルサーバーとドメインで2万円以下でした

A8.netが提供する「セルフバック」サービスとは?

セルフバックサービスは、A8.netに無料登録することで、誰でも使えるサービスです。

まずはワードプレスでサイトを作成し、次にA8.netに無料登録します。そうすると「メディア会員」となります。

こうしてメディア会員となった状態で、A8.netに掲載されている広告主の商品を購入したり、サービスにお申込みをすると、成果報酬を受取ることができる、メディア会員限定のお得なサービスです。

成果報酬の金額は広告商品によって変わりますが、高いものだと数万円するものもあります。ですので、エックスサーバーを一年利用したとしても、こちらのA8.netのセルフバックを利用すれば、簡単に元を取ることができるのです。

公式サイト:A8.net0 - ワードプレスの費用は年間でレンタルサーバーとドメインで2万円以下でした

サイトは多くの人に見られるようになれば収益化できる

google 1542416790 530x353 - ワードプレスの費用は年間でレンタルサーバーとドメインで2万円以下でした
他にも、例えば「Adsense」と呼ばれるGoogleが提供している広告をサイトに貼ることで、サイトを収益化することも可能です。

基本的にはアクセス数やページビュー数に応じて、Google Adsenseの収益は上がっていきます。

ワードプレスであれば、広告の制限などもありませんので、自分で自由に広告を貼ることができるのです。

無料ブログは広告規制や削除されるリスクあり

一方で、Amebaブログなどは自由に広告を貼ることができなかったり、はてなブログも無料版の場合は、自動ではてなの広告が表示されてしまいます。

無料ブログサービスは始めやすいという利点はあるものの、自由度が低く、規約に違反した場合は削除されてしまうリスクもあります。

ですので、そのような心配なく自由にサイトを運営していきたい方は、レンタルサーバーからワードプレスをダウンロードして始める方法がおすすめです。

ワードプレスを安く簡単に始める方法はこちら

ワードプレスと他のホームページ作成サービスの費用比較

サービス名 料金
WordPress 月額1,000円〜(レンタルサーバー代+ドメイン代)
グーペ0 - ワードプレスの費用は年間でレンタルサーバーとドメインで2万円以下でした 月額1,000円〜3,500円(初期費用3,000円)
Jimdo 月額945円〜2,415円

例えば、有名なホームページ作成サービスである、グーペやJimdoと値段を比較してみます。

グーペの利用がおすすめな方

5c8848c2e13acbaa908db56dac47ca56 530x259 - ワードプレスの費用は年間でレンタルサーバーとドメインで2万円以下でした
グーペは上場企業のGMOペパボ提供しているサービスで、インターネットに詳しくない方が、お店やサロンなどのホームページを作るのに適しています。

グーペの場合は公式サイト(グーペ0 - ワードプレスの費用は年間でレンタルサーバーとドメインで2万円以下でした)にたくさんのホームページの事例がっていますので、自分のイメージするサイトがあれば、それを参考に作ってみることもできます。

Jimdoの利用がおすすめな方

JimdoはKDDIグループが提供しているサービスで、特にアクセス数などを求めない方にはおすすめできるサービスです。

ただし、グーペもJimdoも、ワードプレスのようにSEO対策(検索上位表示の対策)がし辛いという難点はあります。

ですので、将来的に多くの人にみられるサイトを作りたい方であれば、レンタルサーバーに契約して、ワードプレスを利用する方が向いています。

ワードプレス(wordpress)でのサイト運営の費用に関するまとめ

以上になりますが、ワードプレスでのサイト運営費用がそこまで高くないと感じた方は、まずはレンタルサーバーに契約して、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

公式サイト:エックスサーバー0 - ワードプレスの費用は年間でレンタルサーバーとドメインで2万円以下でした(無料お試し期間あり)

また、独自ドメインはエックスサーバーからも取得できますが、お名前.comであれば1円から選べますので、色々と見比べて検討してみてください。

公式サイト:お名前.com0 - ワードプレスの費用は年間でレンタルサーバーとドメインで2万円以下でした