WordPress

wordpressのカレンダーでおすすめプラグイン5選!予約システムから自作での実装方法まで

agenda 1928419 1920 - wordpressのカレンダーでおすすめプラグイン5選!予約システムから自作での実装方法まで

wordpressのサイドウィジェットにカレンダーを入れたいけど、なんか難しそう。。

そんな方向けに、今回の記事ではカレンダーでおすすめのプラグインと、カレンダーを導入する方法をステップバイステップで説明していきます。

投稿日の一覧などが綺麗に表示されているカレンダーは、あるだけでサイトに「しっかりしている感」を出してくれますよね。

ぜひ自分のサイトにあったプラグインを見つけてみてください。

カレンダーでおすすめのWordpressのプラグイン3選(レスポンシブ対応)

まずは、「プラグインでさくっとカレンダーを設定したい!」という場合は、以下のプラグインがオススメです。

1. Google Calendar plugin

https://ja.wordpress.org/plugins/google-calendar-events/

Googleカレンダーと同期するプラグインです。Googleカレンダーを使っている場合は簡単に連携できていいですね。

店舗のウェブサイトなどに向いているように思います。

2. WP Simple Booking Calendar

https://ja.wordpress.org/plugins/wp-simple-booking-calendar/

こちらは、休業日と営業日を簡単に色分けできるプラグインです。

3. Event Organiser

https://ja.wordpress.org/plugins/event-organiser/

こちらは詳細なイベント情報を載っけたい時に役立つプラグインです。イベント情報を掲載するサイトなどは、これくらいの方が助かるかもしれませんね。

Event Organiserは、Googleマップとの連携もできるので、場所まで記載できます。

予約システムのあるカレンダーのプラグイン2つ

続いて、予約システムのあるカレンダーを作りたいときは、こちらもプラグインが良いのが揃っているので、そちらを利用するのが簡単です。

1. WP Booking System

https://ja.wordpress.org/plugins/wp-booking-system/

こちらは一番オーソドックスな予約システムです。

2. Appointment Booking and Online Scheduling

https://ja.wordpress.org/plugins/meeting-scheduler-by-vcita/

一方、時間単位などで細かく区切った予約システムを使いたい場合、こちらのプラグインの方がいいでしょう。

wordpressでカレンダーを自作する方法

続いて、wordpressでカレンダーを自作する場合、一応可能ですが技術的には高度になります。

PHPをゴリゴリ書ける方で、それでも挑戦してみるという方は、自作するのも良いですが、そんなにはおすすめしません。

一応以下がそのやり方になります。詳細はつながるnetさんの記事から引用しています。

こちらのコードで祝日も自動で入ります。

このコードをfunctions.phpに追記した後、ウィジェットなどにショートコードを埋め込みます。

投稿日を入れる

上記のコード内に、イベントとして投稿日が入力されています。

細かなやり方としては、投稿IDから更新日とパーマリンクを取得しておきます。

そして、更新日と一致する年月日に「●」を出力し、これにaタグを装飾します。

これで、カレンダーにイベントが追加されたかのように出力されます。

祝日を反映する

祝日を利用する場合は、GoogleAPIを使うと良さそうです。

複数カレンダーを使う

複数のカレンダーを使う場合は、ショートコードで分類すると良いです。

例えば、上記のコードは

の記述によって、my-calendarというショートコードとshortcode_my_calendarという関数が紐付いています。

同じように、自作の2個目のカレンダーも別の関数に紐付けてください。中身のphpコードを書き換えれば、似ているけど異なるカレンダーを使いわけられます。

WordPressでカレンダーを実装する際のまとめ

以上になりますが、wordpressにあまり詳しくないうちは、こういった機能のついたプラグインをうまく利用するのがおすすめです。

プラグインで解決できる部分はプラグインで解決し、記事の執筆や仕事自体を優先する方が、効率的に時間を使えるかと思われます。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。