WixとWordPressを比較!SEOに強いのは?実際の利用者の口コミを紹介
diegovr7 / Pixabay

簡単にホームページを作成できるWix(ウィックス)の口コミです。

今回はWixと同じく簡単にホームページを作れるWordPress(ワードプレス)を比較して、それぞれのメリットとデメリットを踏まえ、それぞれの利用が向いている人をご紹介します。

ちなみに当サイトはWordPress(ワードプレス)を使って運営しています。具体的には、レンタルサーバーのエックスサーバー0 - WixとWordpressを比較!SEOに強いのは?実際の利用者の口コミを紹介のX10プランに契約して、年間16,500円(初期費用3,000円込み)で運営しています。

Wix(ウィックス)はSEOに弱いは本当?WordPressとの比較

wix 530x278 - WixとWordpressを比較!SEOに強いのは?実際の利用者の口コミを紹介

まず結論ですが、たとえばブログ形式のように記事を更新していくサイトを作りたい場合、WordPressの方が適しています。

コンテンツを更新していくサイトを作るならWordPress

というのも、記事やコラムなどのコンテンツをサイトで更新していくと、WordPressの場合はサイトのドメインパワーが強くなり、Googleなどの検索エンジンからサイトが評価され、サイトが様々なキーワードで上位表示されるようになっていくからです。

このようにサイトを検索エンジンで上位表示させることを、SEO対策(検索エンジン上位表示対策)と言います。このSEO対策に関して、WordPressはもともと最適化されています。

WordPress自体が自動でアップデートされるため、常に最新状態のSEO対策がなされ、さらに自分でもプラグインという機能拡張ツールを使って、よりサイトのSEO対策を強くしたり、デザインもカスタマイズすることが可能なのです。

Wixは1ページのサイトを作るのに向いているツール

その一方で、Wixは高度なSEO対策などは設定できず、記事などを頻繁に更新していくサイトにも向いていません。どちらかというと一枚ペラのランディングページなどの作成に向いているツールです。

なお、ブログという形式に限定するのであれば、はてなブログなどの無料ブログツール利用する方法もあります。ただし、はてなブログなどの無料ブログの場合は、規約違反などがあると、勝手に自分のブログが削除されてしまうことがあります。

無料ブログは規約違反があると削除されることがあるので注意!

programmer 1653351 640 530x368 - WixとWordpressを比較!SEOに強いのは?実際の利用者の口コミを紹介

WordPress(ワードプレス)であれば自分でレンタルサーバーを契約して、ドメイン業者から独自ドメインを取得してサイトを運営しますので、自分のブログやサイトが勝手に削除されることはありません。

また、WordPress(ワードプレス)の方が無料ブログよりもSEO対策が施せることに加えて、デザインの自由度が高く、機能面でのカスタマイズも可能です。さらにはてなブログなどの無料ブログの場合は、結局のところ有料課金をしないと勝手に広告が表示されてしまいますし、独自ドメインも使えませんので、最終的には有料課金する必要が出てきます。

WordPress(ワードプレス)であればそのようなこともなく、自分で好きな広告を貼って収入を得ることも可能です。ですので、そのような自由度や広告収入を重視される方は、自分でレンタルサーバーを契約して、そこからワードプレスを利用するのが一番おすすめなのです。

続いて、改めてWix(ウィックス)を利用するメリットとデメリットをご紹介します。

Wix(ウィックス)を利用するメリット2つ

7c844e9b30ab5b859db3739561dc3a49 530x165 - WixとWordpressを比較!SEOに強いのは?実際の利用者の口コミを紹介

まず、Wix(ウィックス)を利用するメリットには下記が挙げられます。

ホームページ作成が簡単にできる

まず、Wixはホームページ作成に関しては、直感的でわかりやすくなっています。

htmlやcssなどのプログラミングやデザインの知識が全くなくても、実際の画面上で簡単に操作してホームページが作成できます。そのため、初心者でもホームページ制作を簡単にできることは確かです。

海外サービスだけども日本語対応したテンプレートやカスタマーサポートがある

また、Wixは海外のサービスですが、日本人のカスタマーサービスを受けられます。

一方、ワードプレスはシステム自体は無料ですが、カスタマーサポートなどはありません。そのため、何か問題が起きた時には、ネット上で自分で調べる必要があります。

ただし、ワードプレスを使っているユーザーは世の中にたくさんいますし、情報発信しているサイトも無数にあります。ですので、基本的にはネットで検索すれば問題が解決します(当サイトもワードプレスの情報発信をしています)。

Wix(ウィックス)を利用するデメリットは実はかなり多い…

1ece2e040d6f07024e1cfcb15a71fd61 530x352 - WixとWordpressを比較!SEOに強いのは?実際の利用者の口コミを紹介

一方で、Wixを利用するデメリットには下記が挙げられます。

  • 独自ドメインを使うには有料プランが必要
  • ワードプレスと同等の機能が欲しい場合は有料プランが必要
  • 有料プランでも、サーバー容量に制限がある
  • サーバーの引越しができない
  • ワードプレスよりも、デザインのテンプレートが少ない
  • ワードプレスよりも、SEO対策がし辛い
  • ネット上にWixに関する情報が少ない(利用者が少ない)
  • サイトにWixの文字が入ってしまう(手抜きサイトに見られてしまう)

ですので、基本的にきちんとしたサイトを運営する場合、アクセス数を伸ばしていきたいサイトを運営する場合、法人が大規模サイトを運営する場合、SEO対策をきちんと施したサイトを作りたい場合などには、正直全く向いていません。

一方、ワードプレスであれば、しっかりとしたSEO対策が可能です。例えば、記事を更新したり、プラグインという機能拡張ツールでSEO対策を強化したり、最初からSEO対策済の有料テーマ(デザインテンプレート)を利用したりと、様々な対策を立てることができます。

このようなワードプレスの特徴に比べて、WixはSEO対策に強くないため、ワードプレスでサイトを運営する場合と比べると、アクセス数の増加にも難があります。加えて、そもそも利用者がワードプレスと比べて全然多くないので、ネット上にも情報が少ないのは事実です。

上場企業が提供するグーペの特徴とは(月額1000円からのHP作成ツール)

18a2a8842aba0e04a381d4068ba9128e 530x237 - WixとWordpressを比較!SEOに強いのは?実際の利用者の口コミを紹介

【公式サイト】https://goope.jp/

また、お店や事務所、美容院やネイルサロンなどのホームページを作るのであれば、東証一部上場企業のGMOインターネットグループが提供する「グーペ」の方が、利用者もサイト事例も多いので、Wixよりもおすすすめできます。

グーペを利用するメリットをまとめると、下記が挙げられます。

  • 最初に無料お試し期間がある(10日間)
  • 月額1000円から始めることができる
  • 初心者でも簡単にホームページが作成できる
  • お店やサロンのホームページに最適
  • カレンダー・お問い合わせ・SNS連携などの機能がある
  • レンタルサーバー代が無料
  • 定期的に使い方などの無料セミナーがある
  • 4,000種類以上のおしゃれなテンプレートがある
  • アクセス解析・メルマガ機能がある
  • 独自ドメイン・電話サポートがある

一番のメリットは、誰でも簡単におしゃれなホームページが低コストで作れる点です。

グーペを利用すれば、ホームページに最低限必要な機能が最初から全部揃っていますので、ホームページを作ったことがない初心者の方でも安心です。また、日本の企業が運営していますので、困った時には問い合わせも可能です。

他にも、グーペにはレンタルサーバー代も含まれていますので、ワードプレスのように自分で別にレンタルサーバーを契約する必要はありませ。Wixは微妙だとしてもWordPressが少し難しそう…と感じた方は、グーペの利用を検討されてみてはいかがでしょうか。

グーペの公式サイトへ0 - WixとWordpressを比較!SEOに強いのは?実際の利用者の口コミを紹介

WIXとグーペを比較した詳しい口コミへ

Wix(ウィックス)とWordPress(ワードプレス)の違いと利用がおすすめな方

seo 1534680799 530x332 - WixとWordpressを比較!SEOに強いのは?実際の利用者の口コミを紹介

以上を踏まえて、WixとWordPressの違いとおすすめな方をまとめると下記のようになります。

Wixの利用がおすすめな方

  • 簡単な操作で試験的にウェブサイトを作りたい人
  • 1ページだけの簡単なホームページを作りたい人

WordPressの利用がおすすめな方

  • きちんとしたおしゃれなサイトを運営したい人
  • サイトにコンテンツを増やしていきたい人
  • 見られるホームページを作りたい人
  • SEOに強いサイトを作りたい人

本当に一個人でちょっとした1ページだけのサイトを作るのであればwixでも良いかと思いますが、そうでない方にはあまりお勧めできません。

自分できちんとブログやコラムなどの記事を更新していきたい場合や、サイトのデザインや機能などを多少カスタマイズしたい場合なども、ワードプレスの方が適していると言えるでしょう。また、ワードプレスの方がネット上に情報があることは確かですので、長くサイトを運営していきたい方にもおすすめです。

SEO対策をしたりデザインをカスタマイズしたいなら絶対ワードプレスがおすすめ

wordpress 1541288850 530x227 - WixとWordpressを比較!SEOに強いのは?実際の利用者の口コミを紹介
WordPressの良いところは、しっかりとSEO対策(検索上、上位にサイトを表示するための対策)をすることができる点です。

そのため、しっかりとサイトを運営していけば、より多くの人に見られるサイトを作ることができます。また、デザインの自由度も高く、おしゃれなサイトを作ることができます。

ワードプレス(WordPress)はデザインテンプレート(テーマ)の数も非常に多いため、自分オリジナルのサイトを作りやすいです。例えば、SEO対策が施されている有料テーマや、デザインがおしゃれな有料テーマも多数あります。

世界中の人気サイトの30%以上はワードプレスで作られているという調査もありますので、それだけワードプレスでのサイト運用はメリットが大きいと考えられています。

きちんとサイトを運営していきたい方や、ブログやコラムなどを執筆していきたい方などは、レンタルサーバーに契約してWordPressの利用を検討されてみるのが良いでしょう。

当サイトはエックスサーバーのX10プランでワードプレスを利用してサイトを運営中

4dad935a5605849cc11743a89ea43e33 530x299 - WixとWordpressを比較!SEOに強いのは?実際の利用者の口コミを紹介

なお、当サイトはサーバーの安定性やセキュリティ対策の安全面から、エックスサーバー0 - WixとWordpressを比較!SEOに強いのは?実際の利用者の口コミを紹介のX10プランを契約しています。

エックスサーバー0 - WixとWordpressを比較!SEOに強いのは?実際の利用者の口コミを紹介のX10プランの場合は年間16,500円(初期費用3000円込み)と、ロリポップ!0 - WixとWordpressを比較!SEOに強いのは?実際の利用者の口コミを紹介スタンダードプランの年間7,500円(初期費用1500円込み)よりも少し高くなりますが、筆者としてはサーバーが安定しており、セキュリティ対策もしっかりしているため利用しています。

ただし、この辺りは好みになりますので、気になった方は両方に登録して無料お試し期間で比較されてみるのが一番おすすめです。両方とも無料お試し期間が10日間ほどありますので、それぞれに契約して比較されてみるのもおすすめです。

公式サイト:https://www.xserver.ne.jp/

エックスサーバーでのワードプレスの始め方はこちら

公式サイト:https://lolipop.jp/

ロリポップ!でのワードプレスの始め方はこちら

Wix(ウィックス)でのホームページの始め方

wix 1 530x267 - WixとWordpressを比較!SEOに強いのは?実際の利用者の口コミを紹介
Wixでのホームページの始め方は、下記のステップで完了します。

  1. Wix.com で無料アカウントを作成
  2. ネットショップやポートフォリオなどのカテゴリーを選択
  3. モバイル・スマホ対応のデザインテンプレートを選択
  4. テキスト、画像、動画、SNSボタンなどを編集
  5. ホームページをオンラインで公開

ただし、各種機能を追加したい場合は有料となりますので、結局のところ有料となる場合がほとんどです。特に有料でないと独自ドメインを使えませんので、結局はドメインを独自にするだけでも年間6000円程度はかかりますし、ベーシックプランでも10,800円もかかってしまいます。

一方、ワードプレスであれば、上場企業のGMOペパボが運営するレンタルサーバーのロリポップ!0 - WixとWordpressを比較!SEOに強いのは?実際の利用者の口コミを紹介のスタンダードプランに1年契約しても7,500円です。であれば、最初からワードプレスを利用してきちんとしたサイトを作った方がコスパも良いとは言えるでしょう。

公式サイト:https://lolipop.jp/

ロリポップ!に契約してワードプレスを始める方法はこちら

おすすめの記事