wix・jimdo・wordpress・goopeを比較!初心者におすすめはどれ?

誰でも簡単にホームページを作れる「wix(ウィックス)」「jimdo(ジンドゥー)」「Goope(グーペ )」を、当サイトで利用している「wordpress(ワードプレス)」と比較した口コミです。

まず結論からお伝えすると、wixもjimdoも特に人から見られなくても良いようなサイトを作るのであれば良いのですが、そうで無い場合はあまりおすすめできません。初心者が簡単にホームページを作るならグーペ、凝ったサイトを作るならワードプレスがおすすめです。

そこで今回は、それぞれのメリットとデメリットを確認し、パターンに分けてそれぞれがおすすめな方をご紹介します。

wix・Jimdo・wordpress・Goopeの比較とおすすめな方

公式HP 月額料金 利用がおすすめな方
Goope 1000円〜 お店やサロン、事務所などのお洒落なホームページを簡単に作りたい方向け
WordPress 500円〜 SEO対策(検索エンジン上位表示対策)を重視し、見られるサイトを作りたい方向け
Jimdo AIビルダー 990円〜 個人で趣味レベルでサイトを持ちたい方向け(HPにJimdoの文字が入ってしまうため若干ダサい)
Jimdoクリエイター 965円〜 個人で趣味レベルでサイトを持ちたい方向け(HPにJimdoの文字が入ってしまうため若干ダサい)
wix 900円〜 ネット上に情報が少ないため、正直あまりおすすめはできないサービス(HPにwixの文字が入るため若干ダサい)

それではそれぞれの詳細を確認していきます。

SEO対策(検索上位表示)を重視ならWordPress(ワードプレス)がおすすめ

wordpress 1541288850 530x227 - wix・jimdo・wordpress・goopeを比較!初心者におすすめはどれ?
まず基本的にSEO対策を重視したい場合、つまり検索で上位にサイトが表示されることを目指したい場合は、ワードプレス(WordPress)を使ってサイト運営する方法が適しています。

なぜなら、ワードプレス(Wordpress)は、最初からSEO対策が最適化されているコンテンツマネジメントシステムだからです。要は単にワードプレスで始めるだけである程度はSEO対策が行えるということです。

さらに、プラグインという機能拡張ツールを使ってSEO対策を強化できることに加えて、サイト上に記事コンテンツを貯めていくことができます。コツコツと記事を書いてサイト上に優良なコンテンツを貯めていくことで、ドメインのパワーが強くなり、徐々にサイトが上位表示されていくようになります。

そして、ホームページへのアクセス数やPV数を増やすことができるのです。なお、当サイトもWordPressでサイトを運営しており、いくつかのキーワードで上位表示されています。

WordPressで運営しているといっても、具体的にはレンタルサーバーのエックスサーバー0 - wix・jimdo・wordpress・goopeを比較!初心者におすすめはどれ?に契約して、そこからWordPressを簡単インストールして利用しています(初期費用3000円込みで初年度合計費用16,200円)。

基本的にワードプレスを始めるためにはレンタルサーバーに契約する必要がありますので、SEO対策を重視してサイト運営をしたい方は、まずはレンタルサーバーに契約するのがおすすめです。

エックスサーバーの公式サイトへ0 - wix・jimdo・wordpress・goopeを比較!初心者におすすめはどれ?

エックスサーバーでワードプレスを始める方法はこちら

ただし、正直そもそも何かを新しく学ぶのが苦手な方などは、wordpressは向いていません。そんな方には、グーペ(Goope)が簡単なのでおすすめです。

お店・サロン・事務所などのHP作成ならグーペがおすすめ

18a2a8842aba0e04a381d4068ba9128e 530x298 - wix・jimdo・wordpress・goopeを比較!初心者におすすめはどれ?

【公式サイト】https://goope.jp/

お店やサロン、事務所などのホームページを作る場合には、上場企業のGMOペパボが提供するホームページ作成サービス「グーペ」が適しています。なぜなら、グーペは日本のサービスであるため全て日本語で使えますし、そもそもが日本人に使いやすいように設計されているからです。

具体的には、グーペ の公式サイト(https://goope.jp/)に事例があるように、飲食店・美容院ネイルサロンなどのお店や、塾・事務所・個人事業主・クリエイター・アイドルなどのホームページを作りたい方には、特にグーペがおすすめです。

グーペには月々1000円〜/1500円〜/3500円〜のプランがあります、自分にあったプランを公式サイトから選択して始めるのが良いでしょう。さらに、無料お試し期間が最初に15日間ありますので、どんなものか見てみたい方にもおすすめです。

グーペの無料お試し体験へ

グーペの詳しい口コミへ

jimdo(ジンドゥー)のメリット・デメリット

b9d885048287621460b7818fd74dddf5 530x246 - wix・jimdo・wordpress・goopeを比較!初心者におすすめはどれ?
以上のようなwordpressやグーペの利用が当てはまらない方や、本当に個人でちょっとしたサイトを持ちたい方などは、jimdoを検討すると良いでしょう。

まず、Jimdoのメリットには下記が挙げられます。

  1. ドラッグ&ドロップで簡単にホームページが作成できる
  2. カート決済機能があるためサイト内で商品販売が可能
  3. スマホアプリでHPの作成&編集が可能
  4. 全国約40箇所のJimdoCafeで不明点の相談が可能

グーペもそうですが、Jimdoも視覚的にレイアウトがわかるため、プログラミングやデザインの知識がなくても、誰でも簡単にホームページを作成することができます。

一方、jimdoのデメリットには下記が挙げられます。

  1. ブログなどの記事更新をするのに不向き
  2. SEOが全く強く無い
  3. サイト上にJimdoが入ってしまう
  4. サブドメインが使用できない
  5. 電話サポートは利用できない(有料プランでもメールサポートのみ)

Jimdoはブログなどの記事更新もやりづらいですし、SEOが全く強くないため、サイトを上位に表示させることがめちゃくちゃ大変です。

さらにサイト上にJimdoの文字が入ってしまうので、見る人が見ると手抜きサイトかな…と思われてしまいますし、インターネットのリテラシーを疑われます。少なくとも信頼されるサイトを作りたいのであればJimdoはおすすめできません。

また、グーペとは異なり電話サポートを利用できなかったりもしますので、その辺りを許容できる方は利用されても良いでしょう。

Jimdoの公式サイトへ

Jimdoの詳しい口コミへ

wix(ウィックス)のメリット・デメリット

wix 530x255 - wix・jimdo・wordpress・goopeを比較!初心者におすすめはどれ?
続いて、wix(ウィックス)のメリットには例えば下記が挙げられます。

  1. ホームページ作成が簡単
  2. 日本語対応したテンプレートが多い
  3. 日本人のカスタマーサポートが受けられる
  4. サーバー管理やドメイン設定のサポートがある

Wixはホームページの作成簡単で、カスタマーサポートを受けることもできます。ただし、下記のような大きなデメリットがあります。

  1. SEO対策がし辛い
  2. サーバーの引越しができない
  3. ネット上にWixの情報が少ない
  4. サイトにWixの文字が入ってしまう
  5. 機能を追加する場合は有料になる(月額416円〜2533円)

まず、wixはjimdoと同じようにSEO対策がし辛く、さらに多くの人に見られるサイトになったとしても、サーバーの引っ越しができません。そのため、アクセス数に耐えられずに頻繁にサーバーがダウンしてしまい、せっかく訪問してくれた人がサイトを見れない可能性もあります。

さらにサイト上にWixの文字が入ってしまいますので、少なくとも筆者はそのサイトの運営者は大丈夫かな…と心配してしまいますし、間違いなくそのサイトのサービスは利用しないでしょう。。

wix(ウィックス)は利用者が少なくネット上に情報が少ない点にも注意が必要

programmer 1653351 640 530x368 - wix・jimdo・wordpress・goopeを比較!初心者におすすめはどれ?

そもそもwixは利用者が少ないため、ネット上にはwixの情報が少ないです。wordpressであれば、検索すれば様々な情報が出てきますが、wixではかなり難しいです。

また、さきほどご紹介したグーペの方が日本では人気もあるため、まだグーペの方が情報があります。さらにグーペは無料で使い方セミナーなども開催していますので、知識のキャッチアップがしやすいです。

ですので、wixは本当に一個人が試験的にサイトを作る場合や、特段誰にも見られなくても良いようなサイトを作りたい場合に向いていると言えるでしょう。

WordPress(ワードプレス)を学ぶ一番簡単な方法はプログラミングスクール

wordpress 589121 640 530x350 - wix・jimdo・wordpress・goopeを比較!初心者におすすめはどれ?
ちなみに、WordPressでサイトを運営する場合は、当然ながらWordPressの知識について多少は学ぶ必要があります。ではどうやってWordPressについて学べるかというと、一番簡単なのはプログラミングスクールの活用です。

最近では、WordPressについてオンラインで学べるプログラミングスクールがいくつかあります。例えば上場企業が運営しているプログラミングスクールには、CodeCampとTechAcademyがあります。ちなみに筆者はTechAcademyの方を受講しました。

CodeCampは完全オンラインの現役エンジニアによるマンツーマンレッスン

【公式サイト】https://codecamp.jp/

CodeCampは、現役エンジニア講師のマンツーマンレッスンを、いつでも好きな時にオンラインで受講できるプログラミングスクールです。1:1のオンラインの完全マンツーマンレッスンで、Wordpressについて体系的に基礎から学ぶことができます。

CodeCampは好きな講師を自分で選ぶことができる点が特徴で、教室型の受講形式のプログラミングスクールよりも料金が安くなっているのが特徴です。CodeCampは毎日無料体験レッスンを提供していますので、詳細が気になる方はまずは無料体験レッスンを受講されて見るのが良いでしょう。

CodeCampの無料体験レッスン予約へ

CodeCampの詳しい口コミへ

TechAcademyはオンラインの自習形式(現役エンジニアのメンター付き)

techacademy 530x225 - wix・jimdo・wordpress・goopeを比較!初心者におすすめはどれ?

【公式サイト】https://techacademy.jp/

TechAcademyはオンラインテキストを自習する形式のプログラミングスクールです。WordPress制作の流れから、高度な使い方、コーポレートサイトの作り方、オリジナルサイトの作り方など、知識ゼロの初心者でも体系的に知識やスキルを身につけられるようになっています。

各レッスンごとに課題があり、その課題を現役エンジニアのメンターにレビューをしてもらいます。

46e05562450fa7e21b274c1074666241 530x244 - wix・jimdo・wordpress・goopeを比較!初心者におすすめはどれ?

TechAcademyの場合は、それ以外にも週に2回ほど、現役エンジニアによるオンラインのメンタリングがあります。これがあることで、筆者は学習モチベーションを維持することができました。さらに日々オンラインテキストを学習していてわからないことがあれば、チャットツールのSlackで簡単に質問が可能なスタイルになっています。

CodeCampと同じくTechAcademyも毎日無料体験を提供していますので、詳細が気になる方は利用されて見るのがよいでしょう。

TechAcademyの無料体験レッスンはこちら0 - wix・jimdo・wordpress・goopeを比較!初心者におすすめはどれ?

TechAcademyの口コミはこちら

おすすめの記事