ワードプレス

2019年に利用を開始したレンタルサーバーのConohaWingを、半年程度で解約しました。

そこで今回はレンタルサーバーのConohaWingを解約した理由と、初心者におすすめのレンタルサーバー、具体的なワードプレスの始め方をご紹介します。筆者はこれまで様々なレンタルサーバーでサイト運営を行ってきましたので、その経験を踏まえてご紹介します。

レンタルサーバーのConohaWingを解約した理由

63de711d060086a73ca48a36f2765fa0 - ConohaWingの解約理由を紹介!ワードプレスの始め方も初心者に解説
東証一部上場企業のGMOインターネットグループが提供するレンタルサーバーであるConohaWingを解約しました。当サイトは後述するエックスサーバーとワードプレスの組み合わせで運営していますが、別のサイトはConohaWingで運営していました。

今回は解約した主な理由は、特段コスパがよくなかったからです。ベーシックプランは月額1200円程度なのですが、それであれば後述するロリポップ!の方が安いです。

ConohaWingのレンタルサーバー自体は安定しており、サーバーのシステム障害なども利用している期間はありませんでした。管理画面も見やすく、アクセス数が増えても安定して表示されていたのですが、特段当サイトで利用しているエックスサーバーと比べて大きなメリットがなかったこともあり、結局はエックスサーバーに移行してしまいました。

ちなみにConohaWingは月額課金なので使い勝手が良いレンタルサーバーですが、最初に無料お試し期間がありませんので、その点は初心者には不安な部分かと思われます。一方で、ロリポップ!やエックスサーバーであれば、最初に無料お試し期間がありますので安心です。

初心者がコスパ重視でワードプレスを始めるならロリポップ!がおすすめ

5c2205c914d3633dfb2263d90123a1df 530x238 - ConohaWingの解約理由を紹介!ワードプレスの始め方も初心者に解説

【公式サイト】https://lolipop.jp/

GMOインターネットグループのGMOペパボ株式会社が提供するロリポップ!であれば、最初の10日間は無料お試し期間があります。さらに、利用実績は200万サイト以上ですので、多数の利用実績があるサービスです。

当サイトは後述するエックスサーバーで運営していますが、コスパだけで見るとロリポップ!の方が安いです。具体的には、ロリポップ!のスタンダードプランを1年で契約すると、初期費用込みで年間7,500円です。

それに対して、エックスサーバーのX10プランですと初期費用込みで16,200円ですので、ロリポップ!の方が年間のコスパはよくなります。さらに、ロリポップ!は長期契約にするほど料金が安くなる仕組みです。

そのため、最初から1年以上はサイトを運営するだろうと考えている方は、ロリポップ!を長期で契約をされるとさらにコスパは良くなりますのでおすすめです。

ロリポップ!でのワードプレスの始め方はこちら0 - ConohaWingの解約理由を紹介!ワードプレスの始め方も初心者に解説

当サイトと同じ運用を目指すならエックスサーバー

4dad935a5605849cc11743a89ea43e33 530x299 - ConohaWingの解約理由を紹介!ワードプレスの始め方も初心者に解説
【公式サイト】https://www.xserver.ne.jp/

なお、当サイトはエックスサーバーのX10プランとワードプレスでサイトを運営をしています。

エックスサーバーの場合は、初期費用3000円込みで、初年度は年間16,200円程度の費用がかかります。エックスサーバーも長期契約にするほど料金が安くなる仕組みです。

当サイトがエックスサーバーを利用している理由は、やはりサーバーの安定性や、セキュリティ面が大きいです。ロリポップ!でも特段の問題はないのですが、サイトにアクセス数が急増した時や、セキュリティ面などを考えると、エックスサーバーの方が安心かなと思い利用を続けています。

実際にこれまでサーバーが落ちたこともなければ、一時的に何かのバズなどでアクセス数が増えてもサイトは問題なく表示されています。特に法人でサイトを運営していきたいと考えているような方には、エックスサーバーはおすすめです。

エックスサーバーでワードプレスを始める方法はこちら

エックスサーバーでのワードプレスの始め方は簡単5STEP

b1d5dc8ba28046c9fd88514b0c38f58b 530x302 - ConohaWingの解約理由を紹介!ワードプレスの始め方も初心者に解説

【公式サイト】https://www.xserver.ne.jp/

エックスサーバーでワードプレスを始める方法は簡単です。

1. エックスサーバーに契約

まずはこちらの公式サイトからエックスサーバー0 - ConohaWingの解約理由を紹介!ワードプレスの始め方も初心者に解説に契約をします。エックスサーバーは最初の2週間ほどは無料で利用できますので、契約してもいきなり料金がかかる訳ではありません。

こうしてエックスサーバーに契約が完了したら、次にドメイン業者から「ドメイン」を新規に取得します。

2. ドメイン業者から新規にドメインを取得

604365c7f9f590c03092240e11517dcf 530x198 - ConohaWingの解約理由を紹介!ワードプレスの始め方も初心者に解説

ドメインはエックスサーバーから取得しても良いですが、当サイトの場合はGMOインターネットが提供しているお名前.comからドメインを取得しています。

お名前.comであれば最安値は1円からと取得しやすくなっているからです。こうしてお名前.comで新規にドメインを取得したら、エックスサーバーにその取得したドメインを追加します。

3. 取得したドメインをエックスサーバーに追加

f28672b413e550c6103d12f4e6a27b35 530x181 - ConohaWingの解約理由を紹介!ワードプレスの始め方も初心者に解説

まずはエックスサーバーの管理画面にログインをします。次に「ドメイン」の欄から「ドメイン設定」をクリックします。

そうすると「ドメイン設定の追加」という項目がありますので、こちらに取得したドメインを追加します。

56307be016747d75522300b7c49755be 530x222 - ConohaWingの解約理由を紹介!ワードプレスの始め方も初心者に解説

例えば、取得したドメインが「123.com」であれば、「123.com」を入力します。その後、右下の「ドメイン設定の追加(確定)」をクリックして、ドメインを追加します。

4. お名前.comのネームサーバーをエックスサーバーに変更

ドメインの追加が完了したら、お名前.comのネームサーバーをエックスサーバーに変更します。

まずはお名前.comの管理画面にログインし、下記のネームサーバーの情報をお名前.comで取得したドメインに設定します。

ネームサーバー1 ns1.xserver.jp
ネームサーバー2 ns2.xserver.jp
ネームサーバー3 ns3.xserver.jp
ネームサーバー4 ns4.xserver.jp
ネームサーバー5 ns5.xserver.jp

詳細:https://www.xserver.ne.jp/manual/man_domain_namesever_setting.php

管理画面のドメイン一覧から、ネームサーバーの変更をクリックします。

743ac694b9c98cd4c0b7a86603a4d476 530x304 - ConohaWingの解約理由を紹介!ワードプレスの始め方も初心者に解説

そうすると確認画面が出ますので「登録情報は正しいので、手続きを進める」をクリックします。その後、「他のネームサーバーを利用」をクリックします。

bca2976e9e48ff7f21e23931590fce2b 530x458 - ConohaWingの解約理由を紹介!ワードプレスの始め方も初心者に解説

ネームサーバー情報を入力する箇所が5つほどありますので、エックスサーバーのネームサーバーの情報を入力します。

97364afc242eac9dcb85a4693ba7bff0 530x211 - ConohaWingの解約理由を紹介!ワードプレスの始め方も初心者に解説

こうしてエックスサーバーのネームサーバーの情報を入力し、確認画面に進んで問題がなければ、そのまま設定をして完了です。

5. 新規に取得したドメインにワードプレスをインストール

a20e9b3febfef3c9ec0c37985147b5a0 530x347 - ConohaWingの解約理由を紹介!ワードプレスの始め方も初心者に解説
こうしてエックスサーバーにドメインの追加が完了して、エックスサーバー側のネームサーバーの変更も完了したら、ワードプレスをインストールします。

再びエックスサーバーの管理画面に入り、「WordPress」の欄から「WordPress簡単インストール」をクリックします。そうするとインストール先を選べますので、新しく追加したドメインにWordPressをインストールします。

インストール時には、サイトのタイトル、管理画面にログインするためのユーザーID・PWなどを入力します。そうしてワードプレスをインストールできたら、ワードプレスの管理画面に入れるようになります。

このようにエックスサーバーでのワードプレス(WordPress)のインストール手順は簡単ですので、初心者の方はぜひ一度エックスサーバー0 - ConohaWingの解約理由を紹介!ワードプレスの始め方も初心者に解説の利用を検討してみてください。

エックスサーバーでは無料SSL設定も必ず行う必要がある

ssl 530x182 - ConohaWingの解約理由を紹介!ワードプレスの始め方も初心者に解説

エックスサーバーでサイトを運営する場合、「SSL設定」を無料で完了させることができます。こちらのSSL設定を行なっていないと、サイトのURLが「http〜」のままになってしまいます。

SSL設定を行ってサイトをhttps化する

「http〜」から始まるサイトのままの場合、Googleがサイト訪問者に「このサイトは危ないサイト」として警告し、せっかくサイトを始めてもGoogleに表示してもらえません。

そこでそのような警告を解決するのが、SSL設定です。SSL設定を行えば、サイトのURLを「https〜」に変更することができます。これによって、このサイトはしっかりとセキュリティ対策がなされたウェブサイトであることを、Googleに認識してもらえます。

その結果、自分のサイトに訪問してきてくれた人に、無事サイトを表示させることができるのです。エックスサーバーでは、「ドメイン」→「SSL設定」の画面から、ボタンをクリックするだけで完了します。

ワードプレスの管理画面からサイトのURLを変更する

https 530x162 - ConohaWingの解約理由を紹介!ワードプレスの始め方も初心者に解説

その後、ワードプレスの管理画面にログインして、設定の「一般設定」をクリックします。そこでWordPressアドレス(URL)とサイトアドレス(URL)の部分を、「http」から「https」に変更して更新します。

そうすると、ワードプレスの管理画面から一度ログアウトします。ですが、再びhttpsの方のURLでログインすれば、無事に利用できるようになります。

このSSL化対応をしておくことで、Googleに「運営しているサイトが安全なサイトである」として認識してもらえて、問題なくサイトを運営することができます。ワードプレスでサイトの運営を始める場合は、最初に必ず設定しておきましょう。

おすすめの記事