ワードプレスならAWSとレンタルサーバーのどっちがおすすめ?

ワードプレスでウェブサイトを運営する場合、AWS(アマゾンウェブサービス)と、レンタルサーバーを契約するのは、どちらが良いのでしょうか?

当サイトはエックスサーバーのX10プランで運営していますが、一概にレンタルサーバーが良いと言い切ることはできません。

そこで今回はAWSのメリットとデメリット、レンタルサーバーのメリットとデメリットを比較しつつ、それぞれの利用がおすすめな方をご紹介します。

AWSとは?AWSを利用する場合の料金について

aws 530x203 - ワードプレスならAWSとレンタルサーバーのどっちがおすすめ?
AWSというのは「アマゾン ウェブ サービス」の略です。2006年に主に企業を対象として始まった、IT インフラストラクチャサービスです。

こういうと難しいですが、代表的なのは、AmazonEC2(Amazon Elastic Compute Cloud)と呼ばれる仮想サーバーサービスで、Webサービスやサイトを運営するにあたってのサーバーも提供しています。

AWSの利用料金ですが、AWSアカウントを作成すれば1年間は無料利用することができます。ただし、無料枠を超えた部分からは従量課金されます。

若干初期設定が難しいが月額3,000円以内で始めることができる

aws wordpress 530x276 - ワードプレスならAWSとレンタルサーバーのどっちがおすすめ?

WordPressをAWSのクラウド上で始めるのは、若干初心者には手続きが複雑なため難しいのですが、一例としてだいたい月額25$以下(3,000円以下)ぐらいで可能です。

AWS MarketPlace で提供されている WordPress powered by AMIMOTO (HVM) AMI を利用すると、WordPress が実装されたサーバー環境ができます。

また、スナップショットのバックアップ先として Amazon S3、DNS には Amazon Route53 を利用することで、独自ドメインでバックアップ機能付きの WordPress環境を実現することもできます。

正直なところAWSを用いてWordPressを初心者が設定するのはかなり難しい部分のですが、ある程度の容量が使えるお試し期間がある点は、AWSの魅力であると言えるでしょう。

AWSでワードプレス(WordPress)を使うメリット

そんなAWSでワードプレスを使うメリットには、下記が挙げられます。

ワードプレスのバックアップが作れる

AWSを活用しながらプラグインを使えば、ワードプレス自身のバックアップを簡単に作ることができます。

ただし、こちらを実施する際にはそれなりのレベルのAWSの知識と、ワードプレスやプラグインに関する知識やスキルが必要になります。

Web開発の際に便利なサービスが使える

また、AWSの場合はワードプレスの運営だけでなく、Web開発の際に便利なサービスも色々と利用することができます。

ウェブサイトの運営だけでなく、ウェブサービスの開発などにも興味がある方であれば、AWSでワードプレスを活用するは適しているでしょう。

AWSでワードプレスを使うデメリット

一方で、AWSでワードプレスを使うデメリットには、下記が挙げられます。

初心者や難しい用語を覚えるのが苦手な人には難しい

もし、AWSでワードプレスを使いたいという場合、まずは専門用語などを理解する必要があります。ですので、それらが苦手な人だと使いこなすのが難しいでしょう。

さらに、そもそもが外国企業のサービスですので、英語が苦手な方にもそこまでおすすめできません。

今ではGoogle翻訳であったり、わからない言葉を調べることができますが、そもそも最初にある程度のサーバー知識などがないと、運用していくのが大変なのがデメリットです。

稀に障害が発生してしまうことがある

AWSでは、障害が発生してしまうケースもあることを念頭に置いておく方が良いでしょう。

以前にソフトバンクなどのキャリア回線においても、システムエラーで約数時間利用できなかったという問題がありましたが、AWSでワードプレスを展開していく場合も、そのようなことが起こってしまう可能性はあります。

従量課金のため予想外にお金がかかる場合がある

AWSは従量課金のため、想像以上にサービスが利用されたり、ウェブサイトへの訪問者数が増えた場合、予想外にお金がかかってしまう場合があります。

そのため、そのようなお金の心配などをしたくない方などは、最初から金額が決まっているレンタルサーバーを利用された方が良いでしょう。

レンタルサーバーでワードプレスを使うメリット

wordpress 1541288850 530x227 - ワードプレスならAWSとレンタルサーバーのどっちがおすすめ?
続いて、レンタルサーバーに契約してワードプレスを使うメリットです。

初心者でも簡単に始めることができる

まず、レンタルサーバーに契約してワードプレスを始める場合、初心者でも簡単にできます。

例えば、当サイトで利用しているエックスサーバー0 - ワードプレスならAWSとレンタルサーバーのどっちがおすすめ?であれば、管理画面からワードプレスの簡単インストールが可能ですので、初心者でも迷うことなく簡単にワードプレスを始めることができます。当サイトの場合はエックスサーバーのX10プランで、初年度は初期費用3,000円込みで年間16,200円の出費です。

ドメイン業者からドメインを取得し、それをロリポップやエックスサーバーに追加し、そのドメインにワードプレスをインストールするだけで、誰でも簡単に始めることができます。

>>エックスサーバーでのワードプレスの始め方はこちら

コストパフォーマンスが良い

また、レンタルサーバーには色々と種類がありますが、AWSよりも基本的にはコストパフォーマンスも良くなるでしょう。

上場企業のGMOペパボが運営するロリポップ!であれば、一番高いエンタープライズプランでも月額2,000円程度となりますので、かなり安値でサイトを運営していくことができます。

なお、ロリポップ!0 - ワードプレスならAWSとレンタルサーバーのどっちがおすすめ?を利用する場合は、ドメインはムームードメイン0 - ワードプレスならAWSとレンタルサーバーのどっちがおすすめ?で取得すると、設定がさらにスムーズに行うことができます。筆者の場合は別のサイトでロリポップ!のスタンダードプランを年間契約して、年間7,500円のコストでサイトを運営しています。

>>ロリポップ!でのワードプレスの始め方はこちら

他のレンタルサーバーに移行もできる

また、レンタルサーバーでワードプレスを始めれば、他のレンタルサーバーに移行することも簡単にできます。

そのため、一度使ってみたレンタルサーバーが微妙でしたら、移行という選択肢がありますので、日々安心してサイトを運用していくことができるでしょう。

さらに、無料ブログを運営していくのと違って、レンタルサーバー経由でワードプレスを展開していくことで、サービスが突然終了してサイトがなくなるリスクを減らすこともできます。

レンタルサーバーでワードプレスを使うデメリット

一方で、レンタルサーバーに契約してワードプレスを使うデメリットもあります。

個人情報が漏れるリスクには注意

レンタルサーバーを利用してワードプレスを展開していく場合、個人情報の漏洩には注意が必要です。

「WHOIS」というサイトでドメインの所有者を調べることができますので、事前に非公開設定をしておかないと、そこから身バレしてしまうこともあります。

ドメイン業者のお名前.comなどでは最初からその設定を無料で行うことができますので、ドメイン取得時には気をつけましょう。

継続するためには一定のコストがかかる

こちらはAWSでも同じ話ですが、サイトの運営を継続するためには一定のコストがかかります。

ただし、安いものではロリポップ!0 - ワードプレスならAWSとレンタルサーバーのどっちがおすすめ?のスタンダードプランなどは月額500円程度から可能ですので、それでスムーズにサイトの運営ができるのであれば、一定のコストは仕方ないとは言えるでしょう。

アクセスが増えるとサーバーがダウンすることもある

こちらはレンタルサーバーの業者によりますが、サーバーが少し不安定なレンタルサーバー会社を利用すると、アクセスが集中して多くなると、サーバーがダウンすることがあります。

サーバーが不安定になって、動作や読み込みに時間がかかることもあります。そのため、場合によっては読者にかなりストレスを与えてしまうこともあるでしょう。これらの不安を払拭するためには、最初からサーバーが安定しているレンタルサーバー業者を選ばれるのが良いでしょう。

当サイトではサーバーがアクセス数が増えても耐えられるように、エックスサーバー0 - ワードプレスならAWSとレンタルサーバーのどっちがおすすめ?を利用しています。エックスサーバーであればセキュリティ面もしっかりしているため、これまでも安心して利用することができています。

AWSの利用がおすすめできる人とは?

303312b043a583ff0b53d614d599b914 530x220 - ワードプレスならAWSとレンタルサーバーのどっちがおすすめ?
AWSは、初心者には設定は難しいのですが、エンジニアであったり、サービス開発に関心のある方は利用するのは良いでしょう。

また、バックアップを手軽にしていきたいという場合にも便利なサービスなので、AWSを活用していきたい方にはマッチしているのではないでしょうか。

ただし、AWSは必要時に必要な容量だけを利用することができるという点は優れていますが、逆にいうと予想以上にお金がかかってしまう場合もありますので、その点には注意が必要です。

容量を超えなければサービスを1年間無料で活用することもできるので、とりあえずお試しとしてどのようなものか知りたいという人は、レンタルサーバーと合わせて利用しても良いかもしれません。

レンタルサーバーの利用がおすすめな方とは?

a30ee2ef204b4cff55e42b74694879c4 530x232 - ワードプレスならAWSとレンタルサーバーのどっちがおすすめ?
一方で、レンタルサーバーがどのような方にとっておすすめなのかというと、それは独自ドメインを取得して、簡単にワードプレスを始めたい初心者の方です。レンタルサーバーであれば、難しいサーバーの知識なども一切必要ありません。

ワードプレスでサイトを運営していくことで、無料ブログで始めるよりもSEO対策(検索での上位表示対策)なども行うことができますし、デザインや機能のカスタマイズなどの自由度も高いです。

無料ブログですと突然サービスが終了してしまうこともありますし、最悪の場合運営側にサイトが消されてしまうというリスクもあります。ですが、レンタルサーバーを借りてワードプレスで運用すれば、そのような心配もありません。

初心者の方でこれからワードプレスでサイト運営を始めようとしている方には、ワードプレスの簡単インストールができるレンタルサーバー(おすすめはロリポップ!0 - ワードプレスならAWSとレンタルサーバーのどっちがおすすめ?エックスサーバー0 - ワードプレスならAWSとレンタルサーバーのどっちがおすすめ?)に契約して始められるのがおすすめです。

ロリポップ!でワードプレスを始める方法はこちら

エックスサーバーでのワードプレスの始め方はこちら

おすすめの記事