ワードプレス有料テーマ(日本語)おすすめ4選と初心者向けの選び方を経験者が解説

長年ワードプレスを利用している筆者の経験から、本当におすすめできる有料テーマを厳選してご紹介します。

ワードプレスをこれから始めてみようという方や、ワードプレスのテーマ選びに悩まれている方は参考にしてみてください。また、合わせてワードプレスの有料テーマを利用するメリットとデメリット、有料テーマの選び方から利用がおすすめな方もご紹介しています。

おすすめの有料日本語テーマ①:SEO対策重視なら「賢威」

f0e69bdbf2e373905fb5066c815ba228 530x267 - ワードプレス有料テーマ(日本語)おすすめ4選と初心者向けの選び方を経験者が解説

0 - ワードプレス有料テーマ(日本語)おすすめ4選と初心者向けの選び方を経験者が解説「賢威(ケンイ)」は、SEO業界で実績を持つ京都を拠点とする「ウェブライダー」が提供する、SEOテンプレートパックです。

2007年1月の発売以来、上場企業や中小企業のWeb担当者、個人起業家、アフィリエイターやブロガーなど、2万を超えるユーザーが利用しています。SEOに圧倒的に強いテンプレートに加えて、200ページを越えるSEOマニュアルやサポートフォーラムの利用権がセット付いてきますので、これからSEOを学びたい方にも強くおすすめできるテンプレートです。

SEO対策 ★★★★★
デザイン性 ★★★★・
価格 24,800円(税込)
おすすめの利用者 SEO対策に力を入れて稼ぎたい全ての方
公式サイト https://rider-store.jp/keni/0 - ワードプレス有料テーマ(日本語)おすすめ4選と初心者向けの選び方を経験者が解説

購入ページへ(公式サイト)0 - ワードプレス有料テーマ(日本語)おすすめ4選と初心者向けの選び方を経験者が解説

利用した感想へ

おすすめの有料日本語テーマ②:アフィリエイト対策重視なら「THE THOR(ザ・トール)」

d5316125a0091357cbfecc9df7870b70 530x254 - ワードプレス有料テーマ(日本語)おすすめ4選と初心者向けの選び方を経験者が解説
【公式サイト】https://fit-theme.com/the-thor/0 - ワードプレス有料テーマ(日本語)おすすめ4選と初心者向けの選び方を経験者が解説

ザ・トールは、SEO対策がなされていることに加えて、おしゃれで美しいデザイナーズサイトが簡単に作れる点が特徴です。

さらに、アクセスUP、収益UPを強力に後押しする「集客・収益化支援システム」を搭載しており、国内テーマ屈指の高速表示も実現してくれています。広告収入を得たい場合にも、ランキングサイト・口コミサイトなどが簡単に作ることができますので、アフィリエイターやブロガーにも向いています。

そのほか、安心メールサポート、会員限定フォーラム、無料バージョンアップなど、アフターフォローも充実していますので、購入したあとも安心感があります。

SEO対策 ★★★★★
デザイン性 ★★★★★
価格 14,800円
おすすめの利用者 おしゃれなサイトで広告収入を得たい方
公式サイト https://fit-theme.com/the-thor/0 - ワードプレス有料テーマ(日本語)おすすめ4選と初心者向けの選び方を経験者が解説

購入ページへ(公式サイト)

利用した感想へ

おすすめの有料日本語テーマ③:おしゃれなブログを運営するなら「OPEN CAGE」

opencage 530x305 - ワードプレス有料テーマ(日本語)おすすめ4選と初心者向けの選び方を経験者が解説0 - ワードプレス有料テーマ(日本語)おすすめ4選と初心者向けの選び方を経験者が解説

続いて、綺麗なデザインのサイトを運営したい方におすすめなのが「OPEN CAGE」のシリーズです。

オシャレさとSEO対策をバランスよく兼ね備えたテーマで、スマホ対策されている点が特徴です。モバイルファーストの「STORK」、シンプルなブロガー向けの「SWALLOW」、誰が使ってもおしゃれな「ALBATROS」、アニメーションがある「Hummingbird」など、様々なジャンルのテーマを提供しています。とにかく「書く」ことに集中したい方には最適なテーマと言えるでしょう。

SEO対策 ★★★★・
デザイン性 ★★★★★
価格 7,980円〜10,800円
おすすめの利用者 個人ブロガー
公式サイト https://open-cage.com/0 - ワードプレス有料テーマ(日本語)おすすめ4選と初心者向けの選び方を経験者が解説

購入ページへ(公式サイト)0 - ワードプレス有料テーマ(日本語)おすすめ4選と初心者向けの選び方を経験者が解説

利用した感想へ

おすすめの有料日本語テーマ④:カッコ良い企業サイトなら「Emanon Business」

emanon 530x262 - ワードプレス有料テーマ(日本語)おすすめ4選と初心者向けの選び方を経験者が解説

0 - ワードプレス有料テーマ(日本語)おすすめ4選と初心者向けの選び方を経験者が解説最後に「Emanon」は、「Emanon Pro」と「Emanon Business」を提供していますが、企業サイトには「Emanon Business」がおすすめです。

サイトオープンから1ヶ月間、Web集客アドバイスを無料でメールサポートしてもらえたり、設定方法などの質問もメールで可能な点が特徴です。また、テーマ購入後のアップデートも無料で提供してもらえますので、一度購入すれば長く使えるのが特徴的です。カッコ良い企業サイトを作りたい方や企業担当者などには特におすすめです。

SEO対策 ★★★★・
デザイン性 ★★★★・
価格 12,800円(Emanon Pro:9,800円)
おすすめの利用者 オウンドメディアや会社サイトを運用したい企業の方
公式サイト https://wp-emanon.jp/0 - ワードプレス有料テーマ(日本語)おすすめ4選と初心者向けの選び方を経験者が解説

購入ページへ(公式サイト)0 - ワードプレス有料テーマ(日本語)おすすめ4選と初心者向けの選び方を経験者が解説

利用した感想へ

ワードプレスの有料テーマを利用するメリット

template 1599665 640 - ワードプレス有料テーマ(日本語)おすすめ4選と初心者向けの選び方を経験者が解説

続いて、ワードプレスの有料テーマを利用するメリットをあげてみます。

1. 初心者でもカスタマイズしやすい

ワードプレスの有料テーマの場合は、無料テーマに比べて管理画面の機能も充実しています。

そのため、初心者でも迷うことなく運営サイトのカスタマイズをしやすいです。また、CSSなどに触れなくても、デザインもカスタマイズしやすいです。一方で無料テーマの場合は色々と情報を調べたり、プログラミングやデザインの知識が必要となる場合がほとんどです。

2. SEO対策が施されている

続いて、ワードプレスの有料テーマは予めSEO対策が施されているテーマが多いです。

無料テーマを使用する際にはコードを整理する必要があったり、プラグインでSEO対策をしたりと、さまざまな手間がかかります。一方、有料テーマだとその手間がなくなります。

3. サポート体制が整っている

続いて、有料テーマの場合はサポート体制も整っています。

初心者の方の場合、慣れないうちは何か問題にぶつかった場合、「インターネットで1~2時間調べて、ようやく解決できた!」ということも少なくありません。一方、有料テーマの場合は、最初から利用するマニュアルやメールでのサポートなどもついていることが多いです。

4. 最初からおしゃれなデザイン

続いて、有料テーマは最初からかっこいいデザインやおしゃれなデザインになっている場合が多いです。

そのため、多少「カスタマイズ」ボタンでいじるだけで、独自性のあるサイトにすることができます。こうして独自性のあるサイトにすることで、ユーザーがあなたのサイトに再び訪れてくれる可能性も高くなります。

5. 実はコストパフォーマンスが良い

初めてワードプレスを使う人にとっては、テーマ価格が高額だと感じる方も多いでしょう。

しかし、オリジナルのWebサイトを1から作ってもらおうとすると、最低でも20〜30万円程度は掛かります。つまり、有料テーマを使った方が、Webサイト制作やWordPressのカスタマイズを依頼するより安く済むのです。

そのため、外注ではなく自分でおしゃれなサイトを作りたいと考えた時に、ワードプレスの有料テーマはコスパが良いのです。

ワードプレスの有料テーマを利用する2つのデメリット

web server 1549363520 530x308 - ワードプレス有料テーマ(日本語)おすすめ4選と初心者向けの選び方を経験者が解説

一方で、ワードプレスの有料テーマを利用するデメリットには以下があります。

初期費用がかかる

色々とメリットがあるワードプレスの有料テーマではありますが、やはり初期費用がかかるというデメリットはあります。

しかしながら、この初期費用をかけてしまいさえすれば、膨大な時間も削減できますので、その点は非常にリーズナブルと言えます。さらに、基本的に有料テーマにはデモサイトがありますので、事前に仕上がりを確認することができます。

筆者も当サイトのテーマを購入する際には、デモサイトをきっちりと確認してから購入しています。

テーマ自体が被る場合はある

また、もう一つのデメリットとしては、利用しているテーマ自体は被る場合がある点です。

特に同じようなジャンルのサイトで被ると嫌ですよね。ですが、そうはいっても有料テーマであれば、それなりにカスタマイズもできますので、子テーマを作って少しカスタマイズすれば、十分独自性のあるサイトを作ることは可能です。

最初から有料テーマを使って、ある程度ワードプレスでのサイト運用に慣れて来たら、次第に自分のサイトに独自性を付け加えていけば問題ありません。

初心者向け!ワードプレスの有料テーマの選び方の3つのポイント

office 625892 640 530x352 - ワードプレス有料テーマ(日本語)おすすめ4選と初心者向けの選び方を経験者が解説

続いて、ワードプレスの有料テーマの選び方のポイントは以下です。

① 価格

まずは価格です。大体が1〜2万円程度で購入できますが、この辺りは自分の予算と比較されるのがおすすめです。

ほとんどないですが、中にはサブスクリプション型の有料テーマがありますので、そのような商品を購入してしまうと継続的に料金が発生してしまいますので注意が必要です。ただしほとんどは買い切り型ですので、気にする必要はないでしょう。

② デザイン性・機能性

続いてはデザインや機能性です。

多くの有料テーマではプレビュー表示やデモサイトがありますので、しっかりとその辺りは確認されてから購入されるのがおすすめです。実際購入してみたものの思ってたのと違う!ということもあり得ますので、事前にデモサイトはしっかり見ておかれるのがおすすめです。

③ 運営会社の信頼性

最後に、運営会社の信頼性です。

運営会社が個人運営だったりすると、途中でサポートがなくなってしまうこともあります。筆者も過去にそのようなテーマを購入したことがあり、当初はサポートがあったものの、途中からサポートがなくなってしまったこともありました。

ですので、ある程度しっかりした会社かどうかは、購入する前に多少確認されることをお勧めします。

ワードプレスの有料テーマがおすすめな方とは?初心者ほど利用した方が良い理由

laptop 593673 640 530x342 - ワードプレス有料テーマ(日本語)おすすめ4選と初心者向けの選び方を経験者が解説

以上を踏まえて、ワードプレスの有料テーマは以下のような方におすすめです。

  • ワードプレスの初心者の方
  • ワードプレスの無料テーマに飽きた方
  • おしゃれなサイトを作りたい方
  • 文章を書くことに集中したい方
  • 初期費用で1万円〜2万円程度は払っても良い方
  • 効率よくサイト運営を始めたい方

特に初心者の方には有料テーマを強くお勧めします。筆者も最初は無料テーマでサイト運営をしていましたが、プラグインを揃えたり、デザインをカスタマイズしたりと、膨大な時間を費やしてしまいました。

基本的に有料テーマであればほとんどそのような作業は不要で、それ以外のことに時間をさけますので、効率的にサイトを運営したい方は、最初から有料テーマを利用されるのがおすすめです。