Webデザイン

WordPressのサイトマップの作成方法!おすすめプラグイン4つも紹介

sitemap 2488231 1920 - WordPressのサイトマップの作成方法!おすすめプラグイン4つも紹介

Webサイトを長期間運用していくと、古い記事が埋もれて見つけにくくなってしまいます。

それを防ぐために「サイトマップ」があります。サイトマップは検索してWebサイトに訪れるユーザーだけでなく、SEO対策でも効果があります。

そこで今回は、サイトマップの作成方法やエラー対処法についてお伝えします。

サイトマップページとは?

board 755792 640 - WordPressのサイトマップの作成方法!おすすめプラグイン4つも紹介

Googleでは、サイトマップを以下のように定義されています。

サイトマップとは、サイトのWebページのリストを指定して、Googleや他の検索エンジンにサイトのコンテンツの構成を伝えるファイルです。Googlebotなどの検索エンジンのWebクローラーはこのファイルを読み込んで、より高度なクロールを行います。(Search Consoleより

簡単に言うと、Webサイトのページリンクをまとめたページのことになります。本の目次のようなものだと解釈してもらえればOKです。

サイトマップページを導入することで、検索エンジンだけでなく検索しているユーザーにも「このWebサイトにはどんなページがあるのか」を伝えています。

このサイトマップは重要な役割を担っていて、Webサイトのユーザビリティの改善や内部SEOの向上にも深く関わっています。

サイトマップには、「HTMLサイトマップ」と「XMLサイトマップ」の2種類があります。

HTMLサイトマップ

「HTMLサイトマップ」は、サイトの利便性を向上させるために設置しているサイトマップです。

わかりやすく言うと、ユーザーが一瞬で目的のコンテンツを見つけやすいように整理して表示してくれるサイトマップです。

以下のようにリスト形式で示されているのが、HTMLサイトマップになります。

HTMLsitemap - WordPressのサイトマップの作成方法!おすすめプラグイン4つも紹介

検索ユーザーのために用意されているサイトマップというイメージが強いですが、クローラーもHTMLサイトマップを訪問してくることがあります。

クローラーは、このサイトマップを利用してまだクロールしていないページを見つけようとしているのです。

XMLサイトマップ

XMLサイトマップは、検索エンジンにWebサイトにあるすべてのページを知らせる役割を果たしています。

形式はWebサイトによって異なっていますが、このサイトでは以下のような形式で表示されます。

XMLsitemap - WordPressのサイトマップの作成方法!おすすめプラグイン4つも紹介

XMLサイトマップを使うことによって、検索エンジンの通常のクロール処理では検出できないページを知らせることができます。

サイトマップページを作るメリット

whiteboard 849813 640 - WordPressのサイトマップの作成方法!おすすめプラグイン4つも紹介

サイトマップを作るメリットとしては、以下の3つが挙げられます。

  • インデックス登録の手助けをしている
  • コンテンツ更新の通知をする
  • 正規化をするときのヒントになる

インデックス登録の手助けをしている

サイトマップを作ることで、クローラーが効率よく巡回できるようになり、短い時間でインデックス登録されるようになります。

そして、新しく書いた記事が検索結果に表示されるようになります。

コンテンツ更新の通知をする

サイトマップには、記事を投稿した日時や更新した日時が記載されます。その記載された日時が新しい記事を優先してクローラーが巡回してくれるようになります。

正規化をするときのヒントになる

これは「重複コンテンツを見つけた場合にどちらを優先するか」を決める判断材料の一つにするということです。

仮に重複コンテンツがあった場合は、優先するURLを決める際にサイトマップをヒントにすることがあります。

あくまで判断材料の一つでしかないので、サイトマップに依存しすぎないようにしてくださいね。

また、重複コンテンツがあった場合、サイトマップを元にどちらを優先するか決めるので、重複コンテンツになっているURLは含めないように気を付けましょう。

サイトマップの作り方

touch screen 1023967 640 - WordPressのサイトマップの作成方法!おすすめプラグイン4つも紹介

早速、サイトマップの作り方を紹介していきます。ここでは、プラグインを使わずにサイトマップを作る方法をお伝えします。

サイトマップを作るための事前準備

サイトマップを作る前に、サイトマップ用の固定ページを作成しておく必要があります。

サイトマップのコードを書くファイルは「page.php」です。「page.php」は、「インストールフォルダ/wp-content/themes/」の中にあります。この「page.php」に追記していくようになります。

HTMLサイトマップを作る

サイトマップを書くためのファイルが準備できたところで、実際にサイトマップを作っていきます。

基本的には、以下のコードをコピペしていただければ大丈夫です。ただし、表示形式を変えたい場合は、該当する部分を少し編集していくようになります。

記事一覧の並べ替えは以下のように変更することもできます。(「’type=○○’」の○○を変更するだけで可能です。)

  • alpha:タイトルのアルファベット順
  • yearly:年ごと
  • monthly:月ごと
  • daily:日ごと
  • weekly:週ごと
  • postbypost:公開日順

XMLサイトマップを作る

XMLサイトマップは、「function.php」の中に書いていきます。基本的には、以下のコードをコピペしていただければOKです。

 

サイトマップのアドレスは、「http://○○○/sitemap.xml」です。(○○○には、あなたのWebサイト名が入ります。)

サイトマップを作る時におすすめのプラグインとその設定方法

cork 164529 640 - WordPressのサイトマップの作成方法!おすすめプラグイン4つも紹介

先ほどはプラグインを使わずにサイトマップを作る方法をお伝えしました。ですが、プラグインを使うことでより簡単に作成することができます。

ここでは、おすすめのプラグインとその設定方法についてお伝えします。

PS Auto Sitemap

PS Auto Sitemap - WordPressのサイトマップの作成方法!おすすめプラグイン4つも紹介

「PS Auto Sitemap」は、HTMLサイトマップを作るためのプラグインになります。

このプラグインを導入しておくだけで、記事数が増えても自動的にサイトマップを更新してくれます。

設定方法

管理画面からプラグインをダウンロードして有効化しましょう。すると、管理画面のサイドメニューの「設定」に「PS Auto Sitemap」が表示されます。

有効化したらサイトマップを表示させるためのページを作成します。サイトマップは投稿ページではなく、固定ページで作成します。

sitemap making - WordPressのサイトマップの作成方法!おすすめプラグイン4つも紹介

固定ページが用意できたら、「テキスト」という画面にして以下のコードを記入します。

入力ができたら、「公開」をクリックします。編集画面で表示されるURLの「~post.php?post=[ID]&action」の中のIDの部分にある数字はメモしておきましょう。

例えば、サイトマップの編集画面を表示しているときのURLが以下のようになっている場合のIDは、「821」です。この「821」をPS Auto Sitemapの設定で使います。

https://webcodezero.com/wp-admin/post.php?post=821&action=edit

PS Auto Sitemapでの設定をするときに必要になります。このIDがないとPS Auto Sitemapでサイトマップが表示されません。

次にPS Auto Sitemapの設定画面で細かな設定をしていきます。

PS Auto Sitemap setting - WordPressのサイトマップの作成方法!おすすめプラグイン4つも紹介

設定画面で出力するタイプなどを決めます。「サイトマップを表示する記事」に先ほどメモしておいたIDを入力します。設定の変更ができたら「変更を保存」をクリックします。

最後に作成した固定ページを表示させて、正しく反映されているか確認してみましょう。

これで設定は完了です!

All in One SEO Pack

All in One SEO Pack - WordPressのサイトマップの作成方法!おすすめプラグイン4つも紹介

「All in One SEO Pack」は、必ず入れておくべきプラグインの一つとなるくらい重要なプラグインです。

このプラグインでは、以下の9つのことができるようになっています。

  • トップぺージのタイトルとmetaタグの設定
  • メタキーワードに関する詳細設定
  • 検索結果に表示するタイトルの設定
  • カスタム投稿用の設定
  • ディスプレイの設定
  • Search Consoleの設定
  • Google+との連携とアナリティクスの設定
  • noindexの設定
  • その他高度な設定

このように多くの設定ができるような機能が用意されています。その中でも今回は、XMLサイトマップ機能の設定を中心にお伝えします。

設定方法

まずは、「All in One SEO Pack」をインストールして有効化しましょう。すると、サイドメニューに「All in One SEO Pack」が表示されます。

画面のようにチェックを入れて設定を行いましょう。

xml sitemap setting - WordPressのサイトマップの作成方法!おすすめプラグイン4つも紹介

設定が終わると、XML Sitemapが作成されます。このサイトマップは、「http://○○○.com/sitemap.xml」で確認することができます。

XML Sitemapは、Googleが提供しているSearch Consoleを使ってGoogleに送信することでインデックス登録を早めることができます。

Google XML Sitemaps

Google XML Sitemaps - WordPressのサイトマップの作成方法!おすすめプラグイン4つも紹介

「Google XML Sitemaps」は、検索エンジン向けのサイトマップを自動で作成し、作成したサイトマップを自動で検索エンジンに知らせてくれるプラグインです。

設定方法

まずは、「Google XML Sitemaps」をインストールして有効化しましょう。

すると、サイドメニューの「設定」の中に「XML-Sitemap」が追加されます。「XML-Sitemap」をクリックすると、以下のような設定画面にアクセスできます。

Google XML Sitemaps setting - WordPressのサイトマップの作成方法!おすすめプラグイン4つも紹介

設定は「基本的な設定」から行います。

「Googleにブログの更新を通知」と「Bing(旧名MSN Lineサーチ)にブログの更新を通知」にチェックを入れると、ブログを公開したり、更新するたびにGoogleとBingに通知されて、早くインデックス登録されるようになります。

「サイトマップのURLを仮想robots.txtファイルに追加」にチェックを入れると、サイトマップの場所を検索エンジンに正確に伝えられます。

次に「Sitemapコンテンツ」というサイトマップの表示設定を行います。この設定画面では、以下の4つの項目には必ずチェックを入れておきましょう。

  • ホームページ
  • 投稿(個別記事)を含める
  • カテゴリーページを含める
  • 最終更新時刻を含める

これで、コンテンツに関わるページだけをサイトマップに掲載することができ、検索エンジンに対して不要なページはクロールしないようにすることができます。

これによってクロールの最適化をすることができ、SEO対策にもつながります。

次に更新頻度の設定をします。以下の4か所の更新頻度を設定してもらえればOKです。それ以外は「更新なし」にしておきましょう。

  • ホームページ:毎日
  • 投稿(個別記事):毎週
  • カテゴリー別:毎週
  • 古いアーカイブ:毎年

次に優先順位の設定を行いましょう。優先順位は1.0(非常に重要)~0.1(ほとんど重要ではない)の数値を使って決めていきます。

優先順位は、「更新頻度」で設定した項目の重要度を高めに設定しておきましょう。

これで設定が完了です。「その他の設定」はデフォルトのままで大丈夫です。必要に応じて変更してください。

WP Sitemap Page

WP Sitemap Page - WordPressのサイトマップの作成方法!おすすめプラグイン4つも紹介

「WP Sitemap Page」は、HTMLやCSSの知識があまりない方でもショートコードを貼り付けるだけでHTMLサイトマップを表示できるプラグインです。

このプラグインの大きな特徴は、カスタム投稿タイプの投稿もサイトマップで表示できるところです。実は、「PS Auto Sitemap」ではカスタム投稿タイプの投稿はサイトマップで表示できないのです。

設定方法

まずは、「WP Sitemap Page」のインストールと有効化を行いましょう。すると、サイドメニューの「設定」の中に「WP Sitemap Page」という項目が追加されます。

これをクリックすると、以下のように設定と使い方のタブが表示されます。

WP Sitemap Page setting - WordPressのサイトマップの作成方法!おすすめプラグイン4つも紹介

以下の3つの項目さえ設定してもらえればOKです。

  • 複数のカテゴリーが設定されている記事を設定されているカテゴリーのどちらでも表示するか
  • 除外したいページがあるか(あればそのページのIDを指定する)
  • 固定ページや投稿ページを表示するかどうか(除外するものにチェックを入れる)

「使い方」のタブには、ショートコードが記載されています。このショートコードを記事や固定ページに貼ることでサイトマップが自動的に表示されるようになります。

また、デザインを編集したい場合はCSSを編集します。

サイトマップのエラー対処法

error 261887 640 - WordPressのサイトマップの作成方法!おすすめプラグイン4つも紹介

PS Auto Sitemapが表示されないとき

「PS Auto Sitemap」を導入するとサイトマップを簡単に作成することができます。けれど、導入しようとしてもうまく表示されないことがあります。そんなときの対処法についてお伝えします。

この一番の原因として挙げられるのは、「IDの設定ができていない」ということです。IDを設定したはずなのにうまくできないという方は正しいIDが設定されているか確かめてみましょう。

異なるIDが設定されていることが多いです。必ず、サイトマップの記事のIDを確認して設定するようにしてくださいね。

それでも対処できない場合は、すでにインストールされているプラグインとの相性が悪いことが考えられます。

その場合は、今インストールされているプラグインをすべていったん無効化してみましょう。その後、「PS Auto Sitemap」だけ有効化してみてください。

これでサイトマップが表示されたら、1つずつプラグインを有効化してどのプラグインを影響しているか特定します。

サイトマップに関するまとめ

以上、いかがでしたか?

今回はサイトマップの作成方法についてお伝えしました。プラグインを使わずにサイトマップを作ることもできますが、うまく表示されないことも多いです。

時間をかけずにサイトマップを作成したいという方は、ぜひプラグインを使って作成しましょう。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。