Webデザイン

jQueryでできることやメリット・使い方は?勉強したい初心者向けに徹底解説

jquery

jQuery」という言葉をあなたは聞いたことがあるでしょうか?

「これからjQueryを勉強したい!」「jQueryについて知りたい!」

そんなあなたのために「jQueryとは何なのか」「jQueryをどのように使えばいいのか」「jQueryを使うメリット」など基礎的なことを中心にお伝えします。

では、さっそく見ていきましょう。

jQueryとは?

jQuery 1024x532 - jQueryでできることやメリット・使い方は?勉強したい初心者向けに徹底解説

出典:jQuery

jQueryは、2006年1月にリリースされた「JavaScript」のライブラリになります。

ライブラリとは、

ある特定の機能を持ったコンピュータプログラムを他のプログラムから呼び出せるように部品化して、そのようなプログラム部品を複数集めて一つのファイルに収納したもの(IT用語辞典 e-Wordsより)

jQueryは、あくまでもJavaScriptを拡張したものであり、jQuery=JavaScriptではありません。混同しないようにしてくださいね。

jQueryのロゴに「write less, do more.(より少ない書き方で、もっと多くこなす)」とあるように短いコードで機能を実現できます。また、jQueryのファイルを読み込むだけで使うことができます。

また、Web上で使われている技術や種類を調査、報告している「W3Techs」によると、Webサイトの70%以上にjQueryが使われているというデータもあります。

jQueryは、それだけ需要が高まっていると言えます。また、「Web業界の発展に最も大きく貢献している世界標準のJavaScriptライブラリ」とも言われています。

それだけ多くのWebサイトに使われているのは、ある大きなメリットが存在するからです。

そのメリットとは一体何なのでしょうか?

jQueryのメリットとは?

career 1019910 640 - jQueryでできることやメリット・使い方は?勉強したい初心者向けに徹底解説

1.どんなブラウザでも使える

これが70%以上のWebサイトでjQueryが使われる理由です。

ブラウザには、Googleの「Google chrome」やMacやiPhoneで使われる「Safari」、Windowsに標準搭載されている「Internet Explorer」や「Microsoft Edge」など様々なブラウザがあります。

ブラウザによって少し仕様が異なっています。これによって、同じJavaScriptのコードでも思った通りに動作しないなどの問題がありました。

ですが、jQueryはブラウザの違いを理解して、どのブラウザでも同じコードで同じように動作するようにしてくれます。

2.コードの量を減らせる

jQueryを使うことで少ないコードの量で1つの機能を実現することができます。

例えば、JavaScriptで1つの機能を実現するのに10行ほど使って書いていたとします。これと同じ機能を実現するためにjQueryを使うと1、2行で実現することもできます。

コードの量を減らすことによって、開発期間を短くして開発の効率を上げることができます。さらに、エラーを減らすことにもつながります。

また、シンプルでわかりやすいプログラムになっているのでデザイナーでも扱いやすいライブラリになっています。

3.プラグインが豊富

jQueryには便利なプラグインがたくさん用意されています。

プラグインとは、

アプリケーションソフトウェアの機能を拡張するために追加するプログラムの一種(Wikipediaより)

プラグインを使うことでより簡単に見た目がきれいなサイトにすることができたり、簡単に高度な機能を実装することができます。

例えば、下のようなプラグインが用意されています。プラグインのURLも載せてありますので、そちらを参考に見てみると良いでしょう。

・アニメーションのように動きをつけるプラグイン(http://animejs.com/

・画像やバナーなどをスライドして動かすようなプログラム(http://bxslider.com/

・ページの見た目を調整してくれるようなプラグイン(https://masonry.desandro.com/

・SNSと連携させるために用いるプラグイン(http://js-socials.com/

このほかにもたくさんのプラグインが用意されています。

jQueryでできることとは?

hands 545394 640 - jQueryでできることやメリット・使い方は?勉強したい初心者向けに徹底解説

jQueryでできることとしては以下のようなことが挙げられます。

  • アニメーションをつける
  • 時間によってページの色を変更する
  • ユーザの動作によってレイアウトを変えるなど

これによって、見た目がカッコいいWebサイトや目を引くWebサイトなどユーザの印象に残りやすいWebサイトにすることができます。

どうやってjQueryを書くの?

software 657188 1920 - jQueryでできることやメリット・使い方は?勉強したい初心者向けに徹底解説

jQueryの使い方としては2パターンの書き方があります。

1.HTMLファイルに直接書き込む

2.別のファイルを読み込む方法

このようにscriptタグの中に直接書いていく方法と別のファイルにjQueryのコードを書いてそれを読み込む2パターンがあります。

どちらの方法でも同じ実行結果になりますので、どちらで書いても問題ありません。

Jqueryに関するまとめ

いかがでしたか?

今回は「jQueryとは何なのか」「jQueryを使うメリット」「jQueryの使い方」などこれからjQueryについて勉強したいというあなたに向けて基礎的な内容を中心にお伝えしました。

最近のWebサイトは、アニメーションや動画をつけて動きのあるサイトが多くなっています。だからこそ、WebデザイナーにとってjQueryは今すぐにでも身につけておきたいものになります。

いきなり、jQueryについて勉強するのはハードルが高いと思います。なので、まずは実際のWebサイトでjQueryがどのように使われているのか調べてみると良いでしょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。