エックスサーバーの使い方をワードプレス初心者にわかりやすく画像で解説【経験談付き】

当サイトでも利用しているレンタルサーバーである、エックスサーバーの使い方(ワードプレスの始め方)をご紹介します。

エックスサーバーはサーバーの安定性、セキュリティ、表示速度に強みを持つレンタルサーバーです。管理画面からワードプレス(WordPress)を初心者でも簡単にインストールできることに加えて、SSL化対応(https化対応)も無料でできるため、コスパが良いのが特徴です。

そこで今回は実際に当サイトでエックスサーバーを1年以上利用してきた筆者の経験から、エックスサーバーの始め方や使い方、他のレンタルサーバーと比較した時のメリット・デメリットなどの特徴をお伝えします。

エックスサーバーでのワードプレス(WordPress)の始め方

b1d5dc8ba28046c9fd88514b0c38f58b 530x302 - エックスサーバーの使い方をワードプレス初心者にわかりやすく画像で解説【経験談付き】

エックスサーバーを使ったワードプレスの始め方はとても簡単です。まずはこちらの公式サイトからエックスサーバー0 - エックスサーバーの使い方をワードプレス初心者にわかりやすく画像で解説【経験談付き】に契約をします。

1. エックスサーバーに契約

当サイトはエックスサーバーのX10プランを1年契約しています。1年で初期費用の3,000円を含めて16,200円ほどかかっています。

なお、エックスサーバーは最初の2週間ほどは無料で利用できますので、契約してもいきなり料金がかかる訳ではありませんので安心です。こうしてエックスサーバーに契約が済んだら、次にドメイン業者から「ドメイン」を取得します。

2. 新規にドメイン業者からドメインを取得

604365c7f9f590c03092240e11517dcf 530x198 - エックスサーバーの使い方をワードプレス初心者にわかりやすく画像で解説【経験談付き】

ドメインはエックスサーバーから取得しても良いです。当サイトの場合は、ドメイン料金が安いお名前.comから取得しています。

お名前.comであれば最安値は1円からと取得しやすくなっているからです。こうしてお名前.comでドメインを取得したら、エックスサーバーにそのドメインを追加します。

3. 取得したドメインをエックスサーバーに追加

f28672b413e550c6103d12f4e6a27b35 530x181 - エックスサーバーの使い方をワードプレス初心者にわかりやすく画像で解説【経験談付き】

まずはエックスサーバーの管理画面にログインをします。次に「ドメイン」の欄から「ドメイン設定」をクリックします。

そうすると「ドメイン設定の追加」という項目がありますので、こちらに取得したドメインを追加します。

56307be016747d75522300b7c49755be 530x222 - エックスサーバーの使い方をワードプレス初心者にわかりやすく画像で解説【経験談付き】

例えば、「123.com」ならそちらを入力します。その後、右下の「ドメイン設定の追加(確定)」をクリックして、ドメインを追加します。

4. お名前.comのネームサーバーをエックスサーバーに変更

こうしてドメインの追加が完了したら、お名前.comのネームサーバーをエックスサーバーに変更します。

まずはお名前.comの管理画面にログインします。次に、下記のネームサーバーの情報をお名前.comで取得したドメインに設定します。

ネームサーバー1 ns1.xserver.jp
ネームサーバー2 ns2.xserver.jp
ネームサーバー3 ns3.xserver.jp
ネームサーバー4 ns4.xserver.jp
ネームサーバー5 ns5.xserver.jp

詳細:https://www.xserver.ne.jp/manual/man_domain_namesever_setting.php

管理画面のドメイン一覧から、ネームサーバーの変更をクリックします。

743ac694b9c98cd4c0b7a86603a4d476 530x304 - エックスサーバーの使い方をワードプレス初心者にわかりやすく画像で解説【経験談付き】

そうすると確認画面が出ますので「登録情報は正しいので、手続きを進める」をクリックします。その後、「他のネームサーバーを利用」をクリックします。

bca2976e9e48ff7f21e23931590fce2b 530x458 - エックスサーバーの使い方をワードプレス初心者にわかりやすく画像で解説【経験談付き】

ネームサーバー情報を入力する箇所がありますので、エックスサーバーの情報を入力します。

97364afc242eac9dcb85a4693ba7bff0 530x211 - エックスサーバーの使い方をワードプレス初心者にわかりやすく画像で解説【経験談付き】

こうしてエックスサーバーの情報を入力し、確認画面に進んで問題がなければ、そのまま設定をして完了です。

こうしてエックスサーバーにドメインの追加が完了して、ネームサーバーも変更できたら、ワードプレスを取得した新規のドメインにインストールします。

5. 新規に取得したドメインにワードプレスをインストール

a20e9b3febfef3c9ec0c37985147b5a0 530x347 - エックスサーバーの使い方をワードプレス初心者にわかりやすく画像で解説【経験談付き】
再びエックスサーバーの管理画面に入り、「WordPress」の欄から「WordPress簡単インストール」をクリックします。そうするとインストール先を選べますので、新しく追加したドメインにWordPressをインストールします。

その際には、サイトのタイトル、ユーザー IDとPWなどを決める必要がありますので、あらかじめ決めておきましょう。そうしてワードプレスを無事インストールできたら、ワードプレスの管理画面に入れるようになりますので、サイトの運営を行うことができるようになります。

このようにエックスサーバーでのワードプレス(WordPress)のインストール手順はとても簡単ですので、初心者の方はぜひ一度エックスサーバー0 - エックスサーバーの使い方をワードプレス初心者にわかりやすく画像で解説【経験談付き】の利用を検討してみてください。

エックスサーバーで運営するサイトの無料SSL設定は絶対に忘れずに行う!

ssl 530x182 - エックスサーバーの使い方をワードプレス初心者にわかりやすく画像で解説【経験談付き】

エックスサーバーでサイトを運営する場合、「SSL設定」を無料で完了させることができます。こちらのSSL設定を行なっていないと、サイトのURLが「http〜」のままになってしまいます。

SSL設定を行ってサイトをhttps化することで表示させることができる

「http〜」から始まるサイトのままの場合、Googleがサイト訪問者に危ないサイトとして警告し、せっかくのサイトが表示されなくなってしまいます。そこで、こちらのSSL設定を行ってサイトのURLを「https〜」に変更します。

そうすることでこのサイトはしっかりとセキュリティ対策がなされたウェブサイトであることをGoogleに認識してもらい、サイトに訪問してきてくれた人に、無事サイトを表示させることができるのです。エックスサーバーでは、SSL設定の画面からボタンをクリックするだけで完了します。

ワードプレスの管理画面からサイトのURLを変更する

https 530x162 - エックスサーバーの使い方をワードプレス初心者にわかりやすく画像で解説【経験談付き】

その後、ワードプレスの管理画面にログインして、設定の「一般設定」をクリックします。そこでWordPressアドレス(URL)とサイトアドレス(URL)の部分を、「http」から「https」に変更して更新します。

そうすると管理画面から一度ログアウトしますが、再びログインすれば無事に利用できるようになります。この対応をしておくことで、Googleに「運営しているサイトが安全なサイトである」として認識してもらえますので、ワードプレスを始める場合はあらかじめ一番最初に必ず設定しておきましょう。

エックスサーバーを1年以上利用して感じるメリット

エックスサーバーを当サイトで1年以上利用して感じるメリットとしては、やはり一番はサーバーの安定性と言えるでしょう。

サーバーが安定していて耐久性がある

アクセス数が集まってもサーバーが安定して表示されることに、エックスサーバーは定評があります。

他にも、エックスサーバー自体でサーバー障害などが一度もなかったので、そのような対応にわずらわされることも一度もありませんでした。さらに、表示速度も明らかにさくらのレンタルサーバーなどで運営しているサイトよりも早いため、訪問してきてくれるユーザーにとっても見やすいサイトになっています。

セキュリティ面も安心感がある

さらに、エックスサーバーであれば不正ログインがあった際には通知が来るようになっていますので、セキュリティ面も安心です。

海外からアクセスしようとするとログインできなかったりしますので、海外に渡航予定のある方はあらかじめ設定を変えておく必要があるほどです。初心者でもワードプレスを簡単インストールできることに加えて、このような耐久性や安心感がある点がエックスサーバーの良いところと言えます。

エックスサーバーを1年以上利用して感じるデメリット

一方、デメリットというほどデメリットではありませんが、エックスサーバーはロリポップのスタンダードプランと比べると、若干料金が高い点が挙げられます。

ロリポップ!よりはエックスサーバーは料金が高い

c30e9291ae33912fda9923cba251b40a 530x227 - エックスサーバーの使い方をワードプレス初心者にわかりやすく画像で解説【経験談付き】

実際のところ値段だけを考えると、エックスサーバーのX10プランは年間で合計16,200円かかりました。ですので、ロリポップ!のスタンダードプランの1年契約の方が、合計7,500円ほどですみますので値段自体はやすくなります。

そのため、筆者は当サイトはエックスサーバーのX10プランで運営していますが、別のサイトのレンタルサーバーはロリポップ!のスタンダードプランで運営しています。さらにドメインに関しては、ロリポップ!と同じ運営会社である上場企業のGMOペパボ株式会社が提供するムームードメイン0 - エックスサーバーの使い方をワードプレス初心者にわかりやすく画像で解説【経験談付き】を使って運営をしています。

運営会社が同じであるため、ロリポップ!とムームードメインの連携もとても簡単です。ただし、そちらのサイトは割と趣味のようなジャンルで運営しているため、コスパの良いロリポップで運営しているのですが、エックスサーバーほどはセキュリティの安全性や、サーバーの耐久性などは高くないと感じています。

個人でちょっとしたサイトを運営するならロリポップ!を使うのもあり

8de92bef5bb4ccf599e1a5f49cdc81ae 530x167 - エックスサーバーの使い方をワードプレス初心者にわかりやすく画像で解説【経験談付き】

そのため、個人でちょっとした趣味サイトを運営したい方には、コスパが良いロリポップ+ムームードメインがおすすめではあります。

ですが、きちんとしたサイトを運営するにはエックスサーバーがおすすめかなという結論です。ちなみにどちらを利用するにせよ、実は24ヵ月以上、36ヵ月以上で契約した方が料金面ではお得になります。コスパにこだわりたい方にはロリポップ!のスタンダードプランを24ヵ月以上で契約するのが一番おすすめです。

ロリポップ!でワードプレスを始める方法はこちら

エックスサーバーがおすすめな方とは

web agency 1738168 640 530x398 - エックスサーバーの使い方をワードプレス初心者にわかりやすく画像で解説【経験談付き】

以上を踏まえると、エックスサーバーは下記のような方におすすめです。

  • ワードプレスでサイトを運営したい初心者の方
  • サーバーの安定性を重視している方
  • サーバーのセキュリティを重視している方
  • サーバー障害が嫌な方
  • アクセス数が増えても安定した表示スピードを保ちたい方
  • SSL化対応が無料が良い方
  • 法人でのサイト運営を考えている方

基本的にはエックスサーバーは幅広い方におすすめできるサービスではありますが、特に上記のような方にはおすすめです。

エックスサーバーがおすすめでない方とは

3fead2fdfef77273a1a75fe6c336f477 s 530x354 - エックスサーバーの使い方をワードプレス初心者にわかりやすく画像で解説【経験談付き】
一方、エックスサーバーがおすすめでない方は、下記のような方です。

  • とにかく料金が安いレンタルサーバーが良い方
  • 転送量無制限が良い方

エックスサーバーも他のレンタルサーバーと比べると十分コスパは良いですが、さらに安いのがロリポップです。ただし、上述したように若干性能面ではエックスサーバーに劣ります。それでも問題ない方は、エックスサーバーよりもロリポップを利用された方が良いでしょう。

また、転送量無制限でコスパが良いレンタルサーバーを求めている方は、ロリポップのエンタープライズプランが圧倒的にコスパが良いためおすすめです。ぜひ自分にあったレンタルサーバーで、サイト運営を楽しんでくださいね。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

おすすめの記事