レンタルサーバー

レンタルサーバーのロリポップは使いにくいのでしょうか?法人利用はおすすめできないのは本当なのでしょうか?

筆者はロリポップ!のスタンダードプラン、ハイスピードプラン、エンタープライズプランを実際に利用したことがありますが、特に使い辛いということはありませんでした。また、法人利用でも問題ないと言えます。

ただし、レンタルサーバーによって特徴が異なることは確かです。また、ロリポップ!を法人で利用するのであれば、最低でもハイスピードプラン、できればエンタープライズプランを利用された方が良いことは確かです。

そこで今回はロリポップのハイスピードプランを契約した感想をご紹介しつつ、法人におすすめのレンタルサーバーのプランをご紹介します。

ロリポップのハイスピードプランを実際に使ってみた感想は使いやすい

04042d17f60fa13143017794247e4a00 530x292 - ロリポップは使いにくい?法人利用はおすすめできない?実際の利用者が他社と比較して紹介

筆者も2020年から、ロリポップ!のハイスピードプランに契約して、サイト運営をはじめました。

今のところ表示速度に遅いなどの支障はなく快適です。ちなみに今回は、これまで別のレンタルサーバーで運営していたものをロリポップ!のハイスピードプランに移行しました。

移行時にはALL IN ONE WP MIGRATIONというプラグインを使えばかなり簡単にサイトの移行が完了します。ただし、サイトの容量によってはプラグインが有料になりますので(1万円以下)、その分の費用がかかる点は事前に認識しておいた方が良いでしょう。

ロリポップ!は管理画面が見やすい

971c2cd59c8ee0a27ebdd6900b061706 530x292 - ロリポップは使いにくい?法人利用はおすすめできない?実際の利用者が他社と比較して紹介

ロリポップの特徴は画面がみやすく、初心者でも簡単に操作ができる点です。ワードプレスの簡単インストール機能が付いていることに加えて、ロリポップ!FTPという管理画面もあり、サーバーサイド側からワードプレスのサイトをいじることもできます。

ロリポップ!はFTPも使える

ワードプレスのサイトに何か支障が起きて、ワードプレスにログインできない事態が発生した場合でも、ロリポップ!であれば、裏側のロリポップ!FTPからログインして解決することができるのです。

レンタルサーバーによっては、別途FTPツールを使ってアップロードする必要があったりしますが、ロリポップ!であればFTP画面から直接コードをいじることができます。この辺りはロリポップ!サーバーを使う大きなメリットといえるでしょう。

そして、もう一つのロリポップ!を使う大きなメリットとしては、料金面です。今回は他社の法人向けレンタルサーバーと実際に料金を比較してみます。

ロリポップのメリットは料金が安い点!法人向けレンタルサーバーとの料金比較表

プラン 初期費用 月額料金 年間料金 容量(GB) 公式サイト
ロリポップ!(ハイスピード) 3,000円 1,000円 15,000円 200 https://lolipop.jp/
エックスサーバー(X10) 3,000円 1,000円 16,500円 200 https://www.xserver.ne.jp/
ヘテムル(プラス) 2,000円 1,600円 21,200円 300 https://heteml.jp/
ConohaWing(スタンダード) 無料 1,950円 23,400円 350 https://www.conoha.jp/0 - ロリポップは使いにくい?法人利用はおすすめできない?実際の利用者が他社と比較して紹介
ロリポップ!(エンタープライズ) 3,000円 2,000円 27,000円 400 https://lolipop.jp/
ConohaWing(プレミアム) 無料 3,900円 46,800円 400 https://www.conoha.jp/0 - ロリポップは使いにくい?法人利用はおすすめできない?実際の利用者が他社と比較して紹介
mixhost(ビジネス) 無料 3,580円 42,960円 300 https://mixhost.jp/0 - ロリポップは使いにくい?法人利用はおすすめできない?実際の利用者が他社と比較して紹介

ロリポップ!のハイスピードプランは、安い法人向けレンタルサーバーの中でも、圧倒的にコスパは良いです。

当サイトはエックスサーバー のX10プランで長年運営していますが、それよりもコスパが良いのがロリポップ!のハイスピードプランです。その他で安いレンタルサーバーとなると、ロリポップ!と同じくGMOインターネットが運営している、ヘテムルやConohaWingとなりますが、正直この辺りは好みの問題になります。

ConohaWingはスピードが早いことに加えて、月額料金での支払いとなる点が特徴です。ロリポップ!やエックスサーバー の場合は、1年や2年などの長期契約になる程月額料金が下がり、料金が安くなります。一方でConohawingには最初の無料お試し期間もない代わりに、月額料金がもともと安く、月額で契約できる点が特徴です。

筆者の場合は実際にサイトを運営するとなると、最低でも1年以上は続けてみることがほとんどですので、基本的には長期契約で良いと考えていますが、月額で契約していきたいと考える方には、ConohaWingが良いでしょう。

ちなみに最後のmixhostはアダルト系サイトや出会い系サイトの運営も許可されていますので、そのようなサイトを運営したい方には向いています。それ以外の方の場合は、やはり一番コスパが良いのはロリポップ!かエックスサーバーとなるでしょう。

ロリポップ!の公式サイトへ

ロリポップ!でのワードプレスの始め方はこちら0 - ロリポップは使いにくい?法人利用はおすすめできない?実際の利用者が他社と比較して紹介

ロリポップ!の口コミは良い?みんなが使っているエックスサーバーと比較

ロリポップ!レンタルサーバーには良い口コミも悪い口コミもありましたが、気になったのがこの人気投票です。

当サイトもエックスサーバー を使ってサイトを運営していますが、やはりワードプレスで集客に特化したサイトを作るとなると、エックスサーバー がいまだに人気度は高いようです。エックスサーバー の良い点は、アクセス数が増えてもサイトが安定して表示される点です。

実はこれまではロリポップ!はハイスピードプランが存在せず、スタンダードプランかエンタープライズプランを選ぶ必要がありました。エックスサーバー とスタンダードプランを比較すると、エックスサーバー の方が機能面では優れていたこともあり、正直なところロリポップ!は値段重視の方向けでした。

ですが、ロリポップ!にハイスピードプランが誕生したことで、筆者としても今ではエックスサーバー もロリポップ!も五分五分の戦いになっていると考えています。管理画面の使いやすさなどを考えるとロリポップ!に分があるとも思われます。

ただし、エックスサーバー はログインアラート機能であったり、海外からのIPアクセス制限機能であったり、セキュリティ面に強いのが特徴です。法人が安心してサーバーを運営するにはかなり良いレンタルサーバーだと筆者も実感しています。

エックスサーバーの公式サイトへ0 - ロリポップは使いにくい?法人利用はおすすめできない?実際の利用者が他社と比較して紹介

エックスサーバーでワードプレスを始める方法はこちら

おすすめの記事