バインドアップ(BiNDup)の評判は?料金比較やメリット・デメリットを解説

簡単にプロ顔負けのホームページが作成できる「バインドアップ(BiNDup)」の口コミです。

バインドアップ(BiNDup)のメリットやデメリットを他社ホームページ作成サービスと比較しつつ、実際の評判をお伝えします。

BiNDup(バインドアップ)の口コミや評判

ネット上の口コミを確認してみると、BinDupには良い評判も悪い評判もあるようでした。実際のところどうなのかは以下にてご紹介します。

BiNDup(バインドアップ)はコース別に特徴と料金が違うのでおすすめな利用者を解説

4e08ff5134ad54d6c9668bb4b795de02 530x226 - バインドアップ(BiNDup)の評判は?料金比較やメリット・デメリットを解説

【公式サイト】https://bindup.jp/

ホームページ作成ツールにはいくつかありますが、BiNDupは3つの異なるコースを提供している点が特徴的です。エントリーコース、基本コース、ビジネスコースと、利用者は適したコースを選択することができます。

c3334deacf31cad245fdc45d179c7f95 530x158 - バインドアップ(BiNDup)の評判は?料金比較やメリット・デメリットを解説

一番安いのはエントリーコースになりますが、多くの機能制限があります。

エントリーコースは独自ドメインもSSLも非対応なのでやめた方が良い

例えば、エントリーコースでは独自ドメインでサイトを運営することができません、また、SSL対応も非対応だったりします。

SSL対応とは、サイトをhttpからhttpsで始まるURLのサイトに対応することをさします。こちらが非対応の場合、Googleが「危険なサイト」としてサイトを表示してくれません。ですので、もはやこれではサイト運営をしている意味すらありません。

基本コースが一番人気で機能も充実しているのは確か

そこで一番人気は基本コースですが、こちらは月額2,480円、年間29,760円(税抜)となっています。

基本コースであれば、独自ドメイン設定は5個まで可能で、常時SSLにも対応しています。さらにサイトも無制限に作れますので、基本的にBindupを使うのであれば基本コース以上を選択するのが良いでしょう。

ビジネスコースは複数人で大規模サイトを運営したい場合に適切

ビジネスコースはチームや複数人で使用するのに便利で、月額8,166円、年間98,000円(税抜)です。

それなりの料金がしますので、複数人で大規模サイトを運営したい場合などに検討するプランといえます。ただし、後述しますがこれらの料金は一般的なホームページ作成ツールと比べると高額です。

BiNDup(バインドアップ)のデメリットは料金が高い点

company web 1556956961 530x378 - バインドアップ(BiNDup)の評判は?料金比較やメリット・デメリットを解説

BiNDupは色々とメリットのあるホームページ作成サービスではありますが、デメリットはやはり料金面です。具体的には筆者が使っているような以下のようなツールと比べると高いです。

上場企業が提供するホームページ作成ツール「グーペ」の方が料金は圧倒的に安い

18a2a8842aba0e04a381d4068ba9128e 530x230 - バインドアップ(BiNDup)の評判は?料金比較やメリット・デメリットを解説
【公式サイト】https://goope.jp/0 - バインドアップ(BiNDup)の評判は?料金比較やメリット・デメリットを解説

まず「グーペ」は、東証一部上場企業のGMOペパボが運営するホームページ作成ツールサービスです。

無料お試し期間が15日間あることに加えて、月額1000円から利用できます。簡単にグーペのメリットをまとめると、以下があります。

  • 初心者でも簡単にホームページが作成できる
  • お店のホームページに最適
  • カレンダー・お問い合わせ・SNS連携などの機能がある
  • レンタルサーバー代が無料
  • 定期的に使い方などの無料セミナーがある
  • 4,000種類以上のおしゃれなテンプレートがある
  • アクセス解析・メルマガ機能がある(DX・ビジネスプラン)
  • 独自ドメイン・電話サポートがある(ビジネスプラン)

一番のメリットは、誰でも簡単におしゃれなホームページがコスパよく作れる点です。バインドアップも悪いサービスではないですが、コスパよくお店や事務所のホームページを作りたい方には、グーペの方がおすすめではあります。

グーペの詳しい口コミへ

ワードプレスでサイトを運営すれば料金は更に安い

5c2205c914d3633dfb2263d90123a1df 530x238 - バインドアップ(BiNDup)の評判は?料金比較やメリット・デメリットを解説

続いて、当サイトのようにWordPressでホームページを作成する場合、バインドアップよりも手間がかかることは確かです。ですが、バインドアップのコース別料金と比較すると、WordPressの方が圧倒的に安くなります。

例えば、バインドアップの一番人気である基本コースは、年間29,760円(税抜)ほどの費用がかかります。一方で、WordPressの場合はロリポップ!レンタルサーバーのスタンダードプランを利用すれば、初期費用1,500円込みで年間7,500円程度の出費ですみます。

そのため、多少の手間はかかっても良いけれども安く済ませたい方には、ロリポップ!のスタンダードプランを契約して、WordPressをダウンロードしてサイト運営を始めるのが一番おすすめです。ワードプレスは運営に多少の知識がいりますが、できることの幅が広くて自由度も高いです。

将来的にアクセス数が集まるサイトに育てたい方や、SEO対策(検索エンジン上位表示対策)をしっかりしたい方、ウェブサイトに記事などのコンテンツを貯めていきたい方などには、ワードプレスが向いています。

ロリポップ!でのワードプレスの始め方はこちら0 - バインドアップ(BiNDup)の評判は?料金比較やメリット・デメリットを解説

BiNDup(バインドアップ)のメリット6つを徹底解説

0b8bd6373f810f71208b0e716066ac15 530x231 - バインドアップ(BiNDup)の評判は?料金比較やメリット・デメリットを解説

他のホームページ作成ツールと比較してみましたが、BiNDupにはWordPressにないようなメリットももちろんあります。

1. 操作が簡単なためWeb初心者でも安心して使える

まず、BiNDupであれば、業種や目的を選ぶだけで、ホームページを自動生成することができます。

そのため、プログラミングやデザインなどのWebの専門知識がなくても、誰でも簡単にレスポンシブ対応したサイトを作ることができます。テンプレートから作成することも可能ですので、初心者でも簡単です。

2. デザインにもこだわれる機能が充実

続いて、自動生成したサイトを、ブロックを組み替えるような感覚でカスタマイズが可能です。

さらにHTMLやCSSがわかる人であれば、より自在なアレンジが可能になっています。また、Webフォント(FONTPLUS提携:追加料金不要)や背景動画機能など、デザインにこだわれる機能も充実しています。

このようにデザインにこだわれる機能があることなどを評価され「グッドデザイン賞 中小企業庁長官特別賞受賞(2007年)」を受賞するなど高い評価を得ています。

3. サイトの制作実績が豊富

5d7a4543a00d782f8e23b11a768e3ab7 530x241 - バインドアップ(BiNDup)の評判は?料金比較やメリット・デメリットを解説

制作実績も豊富です。BiNDupの公式サイトで制作実績を確認して見ると、株式会社NTTデータなどの大手企業のサイトから、クリニックやフィットネスなど幅広い事業者に利用されていることがわかります。

4. 別途レンタルサーバーを契約する必要がない

WordPressでサイトを作成する際には、別途レンタルサーバーの契約が必要になります。

ですが、BiNDupであればそのような契約も不要です。ホームページを作ったらそのまま公開してOKです。また、BiNDup自体にサーバー機能がありますが、外部のサーバーにもアップロード可能(※プロコース以上で提供)です。

5. オフライン環境でも作成・編集が可能

BiNDupの場合は、PCにインストールして利用するソフト版(BiND)も追加料金不要で併用することが可能です。

これによって、通信環境を問わずオフライン環境でも作成・編集が可能です(※プロコース以上で提供)。このあたりが、他社のホームページ・Web制作ツールとの違いと言えるでしょう。

6. サイト作成機能以外の関連サービスも充実

さらに、BiNDupはサイト作成機能以外にも、ネットショップやWebフォームも作成可能です。

オウンドメディア運営のためのブログ(CMS)機能も搭載されているため、記事などのコラムを追加したり、アフィリエイトなどの広告を設置するのにも役立ちます。プロコース以上であれば、メルマガ配信サービスや画像サイトの「PIXTA」と連携した素材ダウンロードサービスも利用することが可能です。

バインドアップ(BiNDup)の利用がおすすめな方

Bindup 1 530x236 - バインドアップ(BiNDup)の評判は?料金比較やメリット・デメリットを解説

バインドアップは主に、個人事業主や中小企業に活用されています。

また、近年は「日本語Webフォント」が利用できることや高いカスタマイズ性を評価され、Webデザイナーや制作会社にも利用されています。基本的にはレンタルサーバーの契約などの手間を煩わしたくない方や、Webの初心者の方にオススメのサービスです。

ただし、それなりに料金はかかりますので、まずは最大30日間の無料お試し期間を利用しつつ、同じく無料お試し期間があるグーペなどの他のホームページ作成ツールと比較されて試されるのがおすすめです。

バインドアップ(BiNDup)の購入・申込方法(最大30日間無料)

d78faf43d47db758bfb04526c01a0ed6 530x370 - バインドアップ(BiNDup)の評判は?料金比較やメリット・デメリットを解説
バインドアップの購入・申し込み方法は簡単です。

まずはこちらからバインドアップの公式サイトに移動します。そうするとサイトの下部にスクロールするか、購入・申し込みボタンをクリックすると、お名前とメールアドレスとパスワードを入力する箇所があります。

237384d7e0c1d28f22498f4bf6cd5427 530x439 - バインドアップ(BiNDup)の評判は?料金比較やメリット・デメリットを解説
まずはそちらから各種必要情報を入力し、「利用規約に同意する」「個人情報の取り扱いについて同意する」にクリックをして、「基本コースに申し込む」ボタンをクリックします。これだけでお申込みが完了しますので、初心者でも簡単に始めることができます。

おすすめの記事