Wixとグーペを比較!メリットデメリット踏まえておすすめな人を紹介
janeb13 / Pixabay

ホームページ作成サービスのWix(ウィックス)と、Goope(グーペ)はどちらを利用するのが良いのでしょうか?

まず結論からお伝えすると、お店や事務所などのきちんとしたホームページを作りたい方にはグーペ、そうではなく個人でちょっとしたサイトを作りたい方にはWixがおすすめです。

ただし、WixはSEOにも弱い(=検索で上位にサイトが表示され辛い)ため、本当に見られなくても良いレベルの個人サイトを作るのであれば、利用しても良いのでは?といった印象です。

それでは今回はWix(ウィックス)とGoope(グーペ)のメリットとデメリットを踏まえて、それぞれの利用がおすすめな方をご紹介します。0 - Wixとグーペを比較!メリットデメリット踏まえておすすめな人を紹介

初心者がWix(ウィックス)を利用するメリット

wix 530x391 - Wixとグーペを比較!メリットデメリット踏まえておすすめな人を紹介
まず、Wix(ウィックス)を利用するメリットには、下記が挙げられます。

  • ホームページ作成が簡単にできる
  • 日本語対応したテンプレートがある
  • 日本人のカスタマーサポートがある

Wixはもともとは海外のツールですが、比較的簡単に日本語のホームページ作成が可能です。Wixであれば、例えばhtmlやcssなどのプログラミングやデザインの知識が全くなくても、実際の画面上で操作して、簡単にHPを作ることができます。

初心者がWix(ウィックス)を利用するデメリット

wix 530x291 - Wixとグーペを比較!メリットデメリット踏まえておすすめな人を紹介
出典:https://ja.wix.com/

一方で、Wixを利用するデメリットには下記が挙げられます。

  • 機能を追加する場合は有料になる
  • 有料プランは他のツールと比べて費用が高い
  • サーバーの引越しができない
  • SEO対策がし辛い(検索でサイトの上位表示が難しい)
  • ネット上にWixに関する情報が少ない

例えば、このようなデメリットが挙げられますので、基本的にお店や企業のサイトを運営する場合にはあまり向いていません。また、SEO(Search Engine Opitimaization)対策がし辛いため、サイトを検索で上位表示させることも難しいです。

ですので、Wixは本当に一個人が試験的にサイトを作る場合や、特段誰にも見られなくても良いようなサイトを作りたい場合、多少割高でも簡単に作れるのが良い人などに向いていると言えるでしょう。

初心者がグーペ(Goope)を利用するメリット

18a2a8842aba0e04a381d4068ba9128e 530x298 - Wixとグーペを比較!メリットデメリット踏まえておすすめな人を紹介
続いてグーペを利用する場合は、下記のようなメリットが挙げられます。

  • 初心者でも簡単にHP作成ができる
  • 分からない点はお問い合わせができる
  • レンタルサーバー代が無料
  • ネットショップ機能、メルマガ機能、会員機能などがある(別途)
  • アクセス解析ができる(DXプランの場合)

グーペには様々なプランがあるため、プラン毎に機能が異なります。ただし、日本の東証一部上場企業のGMOインターネットグループが運営していますので、運営の信頼性は高いです。

また、一番のメリットは、誰でも簡単にHPの作成ができて、不明点を日本語で簡単にお問い合わせができる点でしょう。グーペの場合は、Wixとは異なり、商品販売やサービスを提供したい人向けに「予約フォーム」なども設置されています。

他にもネットショップ機能やメルマガ機能、会員機能などの昨日も充実しています。さらに、飲食店の場合はメニューを作ることができたり、予約の受付をしたりすることもできます。

実際に公式サイト(https://goope.jp/)には多くのグーペを用いたサイトの事例が掲載されていますので、まずはそちらを確認してから利用を検討するのも良いでしょう。

初心者がグーペを利用するデメリット

bd1d5909283ec95827dbe5df01da1a34 530x256 - Wixとグーペを比較!メリットデメリット踏まえておすすめな人を紹介
一方でグーペを利用するデメリットは、下記が挙げられます。

  • WordPressよりはカスタマイズがし辛い
  • WordPressよりはSEO対策がし辛い
  • 月額費用がかかる(1000円〜

グーペでも、ある程度HTMLやCSSでサイトのカスタマイズは可能です。

ですが、PHPやJavascriptなどのプログラミング言語を用いて、サイトをカスタマイズしていきたい方にはWordPressの利用の方が向いています。また、SEO対策を行ってアクセス数を集めることを重視したい方も、ワードプレス(WordPress)を利用された方が良いでしょう。

ワードプレス(WordPress)はレンタルサーバーに契約をして、そこから簡単にインストールをすることができます。当サイトの場合はエックスサーバー のX10プランに契約して、年間16,200円ほど費用を払ってサイトを運営しています。

エックスサーバーの場合は最初に無料お試し期間がありますので、もう少し凝ったサイトを自分で作りたいと考えている方はワードプレスの利用を検討されてみるのも良いでしょう。

エックスサーバーでワードプレスのサイトを始める方法はこちら

HP作成サービス「グーペ」の利用が向いている人は?

f6119c0d4a3aacd8957f028df852ed62 530x252 - Wixとグーペを比較!メリットデメリット踏まえておすすめな人を紹介
以上のような機能性を踏まえると、グーペは下記のような方におすすめです。

  • ネットでお店の紹介をしたい方
  • ネットでお客さんを集客したい方
  • ネットで自社の商品を売りたい方
  • ネットでお客さんからの依頼や予約を受けたい方
  • ネットからお問い合わせが来るようにしたい方

グーペの公式サイト(https://goope.jp/)にも記載がありますが、グーペは飲食店、美容院、ネイルサロンなどのお店をされている方には特に向いていると言えます。

他にも、例えば塾や事務所、個人事業主、クリエイター、アイドルの方まで、様々な業種の方の事例がグーぺの公式サイトには掲載されています。

Web制作会社に発注するよりもコスパは圧倒的に良い

homepage 1534311312 530x353 - Wixとグーペを比較!メリットデメリット踏まえておすすめな人を紹介
結局のところWixを利用するにしてもグーペを利用するにしても、WordPressを利用するにしても、月額1000円〜程度のコストはかかります。しかしながら、Web制作会社に制作を依頼した場合は、最低でも数十万円はかかってしまいます。

ですので、それと比べると明らかにコスパは良いです。また、グーペでしたら、お店の運営を想定した「DXプラン」でも月額1500円から利用ができますし、1年契約をすれば月額1000円で済みます。

結局のところWordPressでサイトを運営したとしても、ドメイン代やレンタルサーバー代はかかってきますので、WordPressを学びのがめんどくさいという方は、お店や事務所などの運営にはグーペがおすすめです。今後1年程度はホームページを運用していく予定があるような方であれば、不明点のお問い合わせも可能な「グーペ」を利用してみてはいかがでしょうか。

グーペの公式サイトへ

おすすめの記事