グーペ

Jimdoとグーペを比較!メリットデメリット踏まえておすすめな人を紹介

pc 1538895635 - Jimdoとグーペを比較!メリットデメリット踏まえておすすめな人を紹介

Jimdo(ジンドゥー)とグーペは、一体どちらを利用するのが良いのでしょうか?

結論からお伝えすると、個人でちょっとしたサイトを作りたい方にはJimdo0 - Jimdoとグーペを比較!メリットデメリット踏まえておすすめな人を紹介がおすすめです。

一方で、例えば飲食店・美容院ネイルサロンなどのお店や、塾・事務所・個人事業主・クリエイター・アイドルなどのHPを作りたい方にはグーペがおすすめです。

ただし、JimdoはSEOにも弱い(=検索で表示され辛い)ため、本当に見られなくても良いレベルの個人サイトを作るのであれば、利用しても良いといった印象です。

それでは今回はグーペとJimdoのメリットとデメリットを踏まえて、それぞれの利用がおすすめな方をご紹介します。

Jimdo(ジンドゥー)を利用するメリット

b9d885048287621460b7818fd74dddf5 530x246 - Jimdoとグーペを比較!メリットデメリット踏まえておすすめな人を紹介
まずJimdo(ジンドゥー)を利用するメリットには、例えば下記が挙げられます。

  1. ドラッグ&ドロップで簡単にホームページが作成できる
  2. カート決済機能もついているため、簡単にサイト内で商品を販売可能
  3. スマホアプリでHPの作成&編集が可能
  4. Jimdoの使い方や活用方法で分からない点があれば、全国約40箇所のJimdoCafeで相談が可能

Jimdoであれば視覚的にレイアウトがわかるため、専用ソフトなどを使わなくても、誰でも自分で簡単にホームページを作成することができます。

また、最後のJimdoCafeですが、こちらはウェブデザイナーやITコンサルタントが開催をしており、Jimdoについて教えてくれます。

このためJimdoの場合は、ホームページ作りの初心者の方であっても、比較的利用しやすくなっています。

Jimdo(ジンドゥー)を利用するデメリット

jimdo 530x233 - Jimdoとグーペを比較!メリットデメリット踏まえておすすめな人を紹介
一方で、Jimdoを利用するデメリットとしては下記が挙げられます。

  • ブログなどの記事更新をするのに不向き
  • SEOが強く無い
  • サブドメインが使用できない
  • 電話サポートは利用できない(有料プランでもメールサポートのみ)
  • JimdoProプランは月額945円かかる
  • JimdoBusinessプランは月額2,145円かかる

このようなデメリットをみると、Jimdoは本当に簡単な個人のHPを作成したい時に使うのは良いのですが、記事などを更新していくサイトには適していないことがわかります。

HP内にコンテンツが増えていかないと、当然サイトは上位表示されませんので、多くの人にサイトを見てもらいたい人には適していないと言えるでしょう。

Jimdo(ジンドゥー)の利用が向いている人とは?

以上を踏まえて、Jimdoはどのような人に利用が向いてるのか?と言いますと、ホームページをまだ作ったことがなく、専門知識があまりない方かと思われます。

Jimdoであれば、最初から見やすいデザインで、複雑な機能が少ないために、例えばワードプレス(WordPress)などに比べて初心者にも利用しやすいのです。

ですので、とにかく簡単に小さな自分のサイトを作りたいのであれば、Jimdoの利用は向いているとは言えるでしょう。

公式サイト(Jimdo):https://jp.jimdo.com

初心者がグーペを利用するメリット

18a2a8842aba0e04a381d4068ba9128e 530x298 - Jimdoとグーペを比較!メリットデメリット踏まえておすすめな人を紹介
続いてグーペを利用する場合は、下記のようなメリットが挙げられます。

  • 初心者でも簡単にHP作成ができる
  • 4000種類以上のテンプレートがある
  • カレンダー・お問い合わせ・SNS連携機能がある
  • レンタルサーバー代が無料
  • アクセス解析・メルマガ機能がある(DX・ビジネスプラン)
  • 電話サポートがある(ビジネスプラン)

グーペにもJimdoと同じように様々なプランがあるため、プラン毎に機能が異なります。

ただし、何れにせよ一番のメリットは、誰でも簡単にHPの作成ができて、ビジネスプランであれば不明点をお問い合わせできる点でしょう。

グーペの場合はJimdoとは異なり、商品販売やサービスを提供したい人向けに「予約フォーム」なども設置されていますので、サイトから何かを販売したい人にも便利です。

詳細はこちら:ホームページ作成サービス「グーペ」0 - Jimdoとグーペを比較!メリットデメリット踏まえておすすめな人を紹介

初心者がグーペを利用するデメリット

bd1d5909283ec95827dbe5df01da1a34 530x256 - Jimdoとグーペを比較!メリットデメリット踏まえておすすめな人を紹介
一方でグーペを利用するデメリットは、下記が挙げられます。

  • WordPressよりはカスタマイズやSEO対策がし辛い
  • 月額費用がかかる(1000円〜

グーペでも、ある程度HTMLやCSSでサイトのカスタマイズは可能です。

ですが、PHPやJavascriptなどのプログラミング言語を用いて、サイトをカスタマイズしていきたい方にはWordPressの利用の方が向いています。

また、SEO対策を更に重視したい方などは、ワードプレス(WordPress)を利用された方が良いでしょう。

グーペの利用が向いている人とは?

以上のような機能性を踏まえると、グーペは下記のような方におすすめです。

  • ネットでお店の紹介をしたい方
  • ネットでお客さんを集客したい方
  • ネットで自社の商品を売りたい方
  • ネットでお客さんからの依頼や予約を受けたい方
  • ネットからお問い合わせが来るようにしたい方

グーペの公式サイト(グーペ0 - Jimdoとグーペを比較!メリットデメリット踏まえておすすめな人を紹介)にも記載がありますが、飲食店、美容院、ネイルサロンなどのお店をされている方には特に向いていると言えます。

他にも、例えば塾や事務所、個人事業主、クリエイター、アイドルの方まで、様々な業種の方の事例が公式サイト(グーペ0 - Jimdoとグーペを比較!メリットデメリット踏まえておすすめな人を紹介)には掲載されています。

Jimdo(ジンドゥー)とグーペの比較まとめ

以上になりますが、結局のところJimdoを利用するにしてもグーペを利用するにしても、きちんとしたサイトを作る場合は月額1000円〜程度のコストはかかります。

しかしながら、たとえばWeb制作会社にお店のサイト制作を依頼した場合は、最低でも数十万円はかかってしまいます。ですので、それと比べると明らかにコスパは良いです。

また、グーペの場合はお店の運営を想定した「DXプラン」でも月額1500円から利用ができ、1年契約をすれば月額1000円で済みます。

結局のところSEO対策重視でWordPressでサイトを運営したとしても、ドメイン代やレンタルサーバー代で同じぐらいはかかりますので、お店などのサイト運営にはグーペはおすすめできます。

今後1年程度はホームページをしっかりと運用していく予定がある方にはグーペ、個人でちょっとしたサイトを作りたい方にはJimdoがおすすめです。

公式サイト:ホームページ作成サービス「グーペ」0 - Jimdoとグーペを比較!メリットデメリット踏まえておすすめな人を紹介

公式サイト(Jimdo):ホームページ作成ソフト【Jimdo】0 - Jimdoとグーペを比較!メリットデメリット踏まえておすすめな人を紹介