ワイヤーフレーム

Webページの設計図を指しています。ページ内で「何を」、「どこに」、「どのように」配置して表示させるかを記述します。

ワイヤーフレームを作成することで、完成したときのイメージがしやすくなります。チームなどで複数人で制作する場合には、一つの共通認識を持てるのでスムーズに制作をしやすくなります。

制作の依頼を受けた際には、クライアント側にも完成イメージを共有できます。クライアント側との意見の食い違いを防ぐこともできます。