レスポンシブデザイン

レスポンシブデザインについてGoogleでは、「ユーザーのデバイスに関係なく同じURLで同じHTMLコードを配信するが、画面サイズに応じて表示を変えること」と定義しています。

レスポンシブデザインは、どのデバイスにも同じURLやHTMLファイル、CSSファイルを使用しているので、使用する端末が異なった際に表示エラーが起こることを防ぐことができます。

表示エラーが少なくなるとユーザビリティが向上することや、クローラーの巡回の手間が少なくなるので、Googleではレスポンシブデザインの使用を推奨しています。